参考書の選び方  自分のレベルに適したものを何回もやる

f:id:solitarywriter:20200502161702j:plain

書店の英語書籍関連のコーナーにいくと、とにかく大量の英語参考書がありますよね。

こんなにあったら度どれを選べばいいの?、、と、困ってしまいます。

確かに参考書には特徴とか癖があります。

しかし、自分が学習したい分野のものであれば、あまり大きな違いはないと思います。

自分に適したテキストをどれだけ何回も繰り返すか

テキストは人それぞれ合う会わないの相性があるでしょうが、「これだけは」という大事なことを3点、そして私の参考書選びの基準を1点お伝えします。

英語の教材選びで大事なのは3点

とにかく自分のレベルにあったもの

自分のレベルを大幅に超えるような、難しいテキストはやめましょう

「問題集」を買うなら、自分より少し上のレベル、少し負担がかかるくらいのものが良いです。

しかし「ディクテーション」「音読」「シャドーイング」で使用する参考書であれば、易しいレベルの英文の素材を選んでください

これらは、スムーズに流れるように英文を理解して、英語回路を体にたたきつけるためのトレーニングだからです。

自分のレベルより難しいと、スムーズに英文を理解できません。

しかもこういったトレーニングで負担が大きいと、モチベーションが保てません。

モチベーションを保ち続けられるもの

語学はダイエットや筋トレと同じで、長期の継続でできるかどうかです。

残念ながら一朝一夕では伸びません。

学習を毎日の日課にしなければなりません。

コツコツと続けられるかどうか。

ということで、繰り返し続けられるようなモチベーションを保ち続けることができる参考書です。

「これだ!」と閃いた教材を見つけて、信じて繰り返しやりましょう

自分にとって必要なことを学べるものであれば、何でもよいです。

一度にたくさんの参考書に手を出さない

これは特に基礎が出来上がるまで

ビギナーの方がいろんな参考書に手を出すと、頭の中がごっちゃになって知識が定着しません。

でもこれは語学だけでなく、どんな分野でもそうです。

「文法の参考書」は、中学レベルの内容を全て網羅し、かつ問題ページ(演習ページ)がちゃんとついてる参考書を1冊と、辞書的につかう参考書が1冊の、合計2冊以内あれば十分です。

「発音に使う参考書」は、(1)単語1語レベルでの発音の仕方が説明してあるものを1冊、(2)英語音声の特徴(リズム・連結・脱落・強弱など)を文章単位で学習できるものを1冊、合計2冊以内で十分です。

ただし何回も繰り返すことです。

管理人の参考書選びの基準

f:id:solitarywriter:20200502161814j:plain

シンプルなもの

ズバリ、開いたときに見やすいと感じたもの!

「豆知識」といった勉強している内容と関係ないことが載ってあると、あれもこれもと覚えなければならない感があり、肝心なことを習得することに集中できなくなります。

「この単元ではこれを学習する」ということが、はっきり明示された参考書なんかよいですね。

このサイトを通して、皆さんにおススメの参考書を紹介させていただきます。

「その基本方針は、シンプルなもの」といたします。

誰でも使えるものが、やりやすく、理解もしやすい。

そして、1つの分野に対して、あまりたくさんの教材は紹介いたしません。

1つの分野で、多くて5冊といたします。

それ以上ですと、ありすぎて皆さんを悩ますことになってしまうと思います。

まとめ

参考書にも人それぞれ相性があるので、一番いいのは自分で「これがいい」というもの。

私が紹介する参考書は、ご参考なまでに。

ですが、自分に合う参考書をいくらかやったからといって、それだけでは足りません。

3つだけ確実に言えることは、先に述べたことですが、、

①自分のレベルにあったもの

②1回だけでなく何度もくりかえす(モチベーション維持できるもの)

③いろいろな参考書に一度に手を出さない(中途半端で終わらせない)

参考書を使った語学学習は、確実に上記3つのことは断言できます。

私も書店に行けば、いろんな参考書を読みますが、同時進行で実際に取り組むのは数冊です。

はやく終わらせて次の参考書をやりたいのですが、そこは我慢してます。

「今やるべき参考書はこれだ」と明確にして、「これに賭ける」という思いが必要でしょう。

では具体的に何回繰り返せばよいのか?

結論、「人それぞれ」です

ネットでもこういった質問がよくありますが、結局は「自分が納得いくまで」ではないでしょうか。

ちなみに私の基準では、1つの長文に対して「音読は30回」「シャドーイングは15回」「瞬間的な英作トレーニングは15回」です。

反復回数は、わりと少なめかもしれません。

でもこれくらい繰りかえすのも、結構骨が折れますよ。

英語学習者のみなさんも、ぜひ同じ教材を何回もトレーニングしてみましょう。

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

― To  the  Finest  Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました