動詞が英文の「レイアウト(配置図)」を決める

英語の鉄則

今回の記事のテーマは

「英文を構成する仕組み」について

英語の文は、どのように成り立っているのかを見ていきます。

ライティングやスピーキングは自分で英文をつくる作業であるため、英語のルールに則って文をつくっていきますが、リーディングでもリスニングでもこれを知っていないと、「なんとなく把握」してしまいます。

正確な文意理解にはつながらないので、英語を学習する人はすべて、本記事の内容を知っていなければなりません

今回の記事ではまずは

「文型」とはなにか?

について解説します!

そして文型には5種類のパターンがありますが、そのどれになるのかを決める品詞である「動詞」についてみていきます。

また、文型を構成するメインの要素にはどんなものがあるのか?

そして5種類の文型を、それぞれ具体的に解説していきます。

文型については高校の授業で出てきますが、わかりやすく教えてくれない先生がほとんどなので、是非私のブログで文型の知識をつけてください。

その際気を付けていただきたいのが、5つの文型を丸暗記するのではなく、「イメージで感覚をつかむ」ことです。

それでは、行きましょう。

文型によってある程度意味が決まる

面白いことに、それぞれの文型には一定の意味があります。

それが顕著なのが、「第4文型」と「第5文型」です。

その詳しい内容は、この記事の「第1~第5の文型の欄」で説明します。

まずは「文型」とはなんなのか、文型の基本情報から説明していきます。

文型は文の「レイアウト(配置図)」

英語には「5種類」「文型」というものがあります。

私が大学にいた時の、ある英文法学者は6種類あると言っておりましたが、現時点での巷一般の参考書では、英語の文型は5種類の扱いとなっております。

今回の一番のポイントは

「文型」とは「文のレイアウト(配置)」である

全ての英文は文型から成り立ってます。

日本国国民に最も馴染ある英文を使いますと

・「 This  is  a  pen. 」  「 これはペンです。」

これは「第2文型」というものをとります。

(主語)+ 動詞 + (補語)  
これが「第2文型」のレイアウトです。
・「 How  are  you? 」  「調子どう?」
これは「第1文型」というものをとります。
(主語)+ 動詞 
これが「第1文型」のレイアウトです。
レイアウト(配置図)とはこういうこと
英文をつくるということは、配置図のアナに「単語を入れる」ということです。

文型を決めるのは「動詞」  アナの数を決めるのは動詞

「動詞」が「文のレイアウト」、つまり「文型」を決定します。

文のレイアウト(配置図)のアナの数は、動詞によって決まる

動詞によってとれる文型がちがう 複数の文型をとれる動詞もある

例えば、「勉強する」という動詞「study」は、「第1文型」と「第3文型」の文を作ります。

「study」は、「第2文型」「第4文型」「第5文型」をとることはできません。

逆に「第1文型」~「第5文型」の全ての文型を取ることができる動詞が「1つ」ありますがなんだと思いますか?

「get」です。

「get」以外の動詞は、全ての文型をとれるわけではありません

「do」「put」「take」など日常語で頻出する「基本動詞」は、複数の文型をとれます

英検準1級、1級の単語帳にのるような「マイナーな動詞」だと1つの文型しか取れない場合がほとんどです

「第1~第5文型」を具体的にみていく前に、覚えてほしいこと

文型の具体的解説を見ていくまえに、以下の表記を覚えてください。

主語 =  S( = subject )
動詞 =  V( = verb )
目的語 =  O( = object )
補語 =  C( = complement )
その他(修飾) =  M( = modification )

「目的語」とは

動詞の目的となる語  動作の対象となる語

例えば、、

「 I  study  English. 」 → 「 私は英語を勉強する。」

→ 目的語は「 English 」

「 I  kicked  a  ball. 」 → 「 私はボールを蹴った。」

→ 目的語は「 ball 」


「補語」とは

「主語」や「目的語」について説明を補う語

例えば、、

「 He  is  a  lawyer 」 → 「 彼は弁護士です。」

→ 補語は「lawyer」で、主語「He」に対する、補語として働いてます

「 She  calls  me  Kim 」 → 「 彼女は私をキムと呼びます。」

→ 補語は「Kim」で、目的語「me」に対する、補語として働いてます

では、第1文型から第5文型まで見ていきます。

第1文型「S+V」 「SはVする(いる)」 「動作そのもの」「存在」に焦点がある

第1文型のレイアウト

 (主語)+ 動詞 

一般動詞の第1文型  「動作そのもの」に焦点がある

「 I  walk  everyday. 」 → 「 私は毎日歩きます。」

S=「I」    V=「walk」   M=「everyday」

一般動詞の第1文型 「動作そのもの」に主眼が置かれる

例えば、次の2つの違いをお考えください。

「 He  kicked  a  ball. 」 → 「 彼はボールを蹴った。」

S=「He」 V=「kicked」 O=「a  ball」

これは、後で説明する「第3文型」です。

イメージとしては、、

「足でボールを蹴って、ボールに力が及び、ボールが動いたという感じ。

「ボールが動いた」ことまで意味に含んでます

しかし次はというと、、

「 He  kicked  at  a  ball. 」

S=「He」        V=「kicked」          M=「at  a  ball」

「 彼はボールを(めがけて)蹴った。」

これは、「第1文型」です。

「動作そのもの」に主眼が置かれるので、「彼」は「蹴る」動作をした、ということをメインに言っております。

だから「ボールに力が及び、ボールが動いた」かどうかまでは言ってません

あくまで「ボールをめがけて蹴りを入れた」といっています

もしかしたら、「スカッ」ってなったかもしれません(笑)

細かい違いですが、こんな感じです。

be動詞の第1文型  「存在(いる)」に焦点がおかれる

「 He  is  here. 」 → 「 彼はここにいます。」

S=「He」 V=「is」 M=「here」

「be動詞」が第1文型をとる時は少し特殊で、「動作そのもの」ではなく存在」を表します

例文をみてみると、「彼はここにいるというように、何か動作するというよりは、「存在」を表します

be動詞の第1文型 主語の「存在(いる)」に焦点がおかれる

以上第1文型をみてきましたが、第1文型は、まぁ~「S+V」だけでは終わりません

ほとんどの場合で「M(修飾語)が入ります。

時(いつ)」とか「場所(どこで)」を表す言葉がついてきます

「 I  walked  in  the  park  yesterday. 」

S =  I     V = walked         M = in  the  park(場所)  M = yesterday(時)

「私は昨日その公園内を歩いた。」

という感じです。

第2文型「S+V+C+M」 「S=Cである」 「Sの状態」を表す

第2文型のレイアウト

(主語)+ 動詞 + (補語)

一般的な第2文型  動詞は「be動詞」を使う

「 He  is  an  English  teacher. 」 → 「彼は英語の先生です。」

S =「 He」    V =「 is」       C =「an  English  teacher」

「 Ken  is  smart. 」 → 「ケンは頭がいいです。」

S = 「Ken」     V =「is」     C =「smart」

「 The  food  went  bad. 」 → 「食べ物が腐った。」

S =「The  food」        V =「went」      C=「bad」

第2文型の本質は「 S = C 」
「Sがどういう状態なのか、性質なのか」を「C(補語)」が説明する文型

「S」と「C」の間には「=(イコール)」が隠れています。

例えば、、

「She  is  (a)  beautiful  (woman).」

S =「She」     V =「is」           C =「beautiful」

「人間(彼女)」 = 「人間(女性)」

「彼女は(1人の)美しい(女性だ)。」

「Her  bag  is  (a) red  (bag).」

S =「Her  bag」      V =「is」      C =「red」

「モノ(カバン)」 = 「モノ(カバン)」

「彼女のカバンは(1つの)赤い(カバンだ)」

「一般動詞」を使った第2文型  よく「基本動詞」が使われる

「 He  became  an  English  teacher. 」

S =「He」        V =「became」         C =「an  English  teacher」

「彼は英語の先生(の状態)になった。」

⑦ 「 I  got  tired  after  studying.」

S =「I」      V =「got」      C =「tired」       M =「after  studying」

「勉強したら、疲れ(状態だ)。」

このような「一般動詞を使った第2文型」は「CがSの性質・状態を説明」するのは「be動詞」と変わらないのですが、そこには「ある状態からある状態へ変化した」という意味が含まれてます

これ、盲点です。

英語の文法学習してる人でも、知らないっていう方多いです。

一般動詞第2文型ある状態へ変化した」という意味を含む

第3文型「S+V+O+M」 「SはOをVする」

第3文型のレイアウト

(主語) + 動詞 + (目的語)
①「 I  study  English  every  day. 」

S =「I」      V =「study」     O =「English」    M =「everyday」

「私は毎日英語を勉強する。」

②「 I  wrote  a  letter  yesterday. 」

S =「I」     V =「wrote」     O =「a  letter」        M =「yesterday」

「昨日手紙を書いた。」

③「 He  loves  her. 」

S =「He」      V =「loves」      O =「her」

「彼は彼女を愛している。」

「第3文型」の本質は「SはOにある影響を与える」

「O」は「動詞」の「対象物」ということです。

ということは、、「S ≠ O」(イコールにはなりません)

ここが、第2文型と大きく違うところです。

①の例文を見ると、「私」と「英語」はイコールで結ぶことはできませんよね。

全ての動詞の中で、「第3文型をとれるのが圧倒的に多いです。

日常会話頻出の「基本動詞」以外の動詞は、ほとんど第1文型か第3文型。

第2・4・5文型は、「基本動詞」のためにあると言っても過言ではないくらいです。

第4文型「S+V+O(1)+O(2)+M」  「SはO(1)にO(2)をやる」  「授与的意味」の動詞が使われる

第4文型のレイアウト

(主語) + 動詞 + (目的語)  (目的語)
① 「 I  gave  him  a  book  yesterday. 」

S =「I」     V =「gave」     O(1) =「him」    O(2) =a  book」      M =「yesterday」

「昨日私は本を彼にあげた。」

② 「 I  made  my  boyfriend  a  cake. 」

S =「I」     V =「made」       O(1) =「my  boyfriend」      O(2) =「a  cake」

「私は彼氏にケーキをつくってあげた。

③ 「 He  showed  me  a  map. 」

S =「He」     V =「showed」       O(1) =「me」      O(2) =「a  map」

「彼は私にマップを見せてくれた。」

 

第4文型の本質 「 SがO(1)にO(2)を与える 」

「第4文型」は、「授与的意味を持つ」動詞が使われます

そして注意したいのが、「O(1)」と「O(2)」の語順。

先に来る「O(1)」「あげる対象(人とか)」

次にくる「O(2)」「あげるモノ」

O(1)とO(2)を逆にしたら、意味不明の意味になってしまいます

英語は語順が命です。

そして第4文型は、第3文型に変換することができます。

①の例文を変換すると、、

④「 I  gave  a  book  to  him  yesterday. 」

S =「I」    V =「gave」       O =「a  book」      M =「to  him」         M =「yesterday」

「昨日私彼に本をあげた。」

変換してもほとんど意味は変わりありませんが、少ーーしの意味の違いはあります。

・①は「私は彼に本をあげた」までが焦点

・④はあくまで「私は本をあげた」のみに焦点を当てています。

なんでかっていうと、「to  him」は「目的語」ではなく、動詞「gave」を修飾する「修飾語(句)」に変わっているからです。

でもまぁここまで神経質になる必要はありません。

第5文型「S+V+O+C+M」 「SはO=CをVする」  「第3文型」の中に「第2文型」を組み込んだ文型

第5文型のレイアウト

(主語) + 動詞 + (目的語)  (補語)
①「 I  found  this  book  difficult  to  read. 」

S =「I」     V =「found」   O =「this  book」       C =「difficult  to  read」

「この本は読むのが難しいとわかった。」

② 「 She  calls  him  Ken. 」

S =「She」     V =「calls」      O =「him」     C =「Ken」

「彼女は彼をケンと呼びます。」

③ 「 He  made  me  angry  yesterday. 」

S =「He」     V =「made」     O =「me」     C =「angry」       M =「yesterday」

「昨日彼は私を怒らせた。」

「第5文型」の本質イメージ 「SはOがCである状態をVする」

つまり第5文型は、、

第2文型(SVC)と第3文型(SVO)を合体させた文型

この原理にならって①の例文を表すと、、

「 I found this  book  (is)  difficult  to  read.」

S = I         V = found                O = 「This  book  (is)  difficult  to  read」

「O」の中に、第2文型が隠れています


第4文型では「O(1) ≠ O(2) 」です。

例文②をみると、、

「 He  made  me  angry  yesterday. 」

S = He    V = made     O (me)C (angry)        M = yesterday

「O=C」のところが「  I  am  angry 」と第2文型的に考えることができます

ざっくりですが、以上が第5文型の基本!

まとめ

「文型」についてみてきましたが、いかがでしたか?

今回の記事も、英語の大鉄則についてやりましたので必ず覚えるようにしましょう。

今後の英語学習に、間違いなく生きてきます。

では、今回のポイントをおさらいしていきます。

「文型」とは「文のレイアウト(配置)」
文型のレイアウトを決定するのは「動詞」である。
動詞によってとれる文型はちがい、また複数の文型をとれる動詞もある
「文の設計図」を埋めていく要素は、「主語」「動詞」「目的語」「補語」
英文法の解説にあたり、主語は「S」、動詞は「V」、目的語は「O」、補語は「C」副詞といった修飾語句は「M」と表される。
目的語とは、「動詞の目的」となる語、つまり「動作の対象」となる。
⑦補語とは、「主語や目的語について説明を補う」語。
第1文型 「S+V」 SはVする(動作そのもの)
第2文型 「S+V+C」 SはC(という状態)である
第3文型 「S+V+O」 SはOをVする
第4文型 「S+V+O(1)+O(2)」 SはO(1)にO(2)を与える
第5文型 「S+V+O+C」 Sは「O=C」をVする

初心者だけでなく、文型なんか意識せずなんとなく英語を読んでいたという方も、今後しばらくは文型を意識してリーディングしてみてください。

文型のルールを知った上で語彙力を増していけば、どんどん英作文できるようになります。

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

☆それではまた☆

ー To  the  Finest  Hour ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました