代名詞  基本的に「繰り返しを避けるため」に使われるもの

文法

今回のテーマは「代名詞」について(^^♪

みなさん、代名詞ときいてどれだけの数をピックアップできますか?

ほとんどの代名詞は、実は中学1年生で習うもの。

代名詞は「代」「名詞」ということで、名詞の代わりをする詞で、一度話に出てきた言葉の繰り返しを避けるためによく使われます

これは日本語でもありますよね?

「これ」とか「彼ら」とか。

代名詞はあくまで名詞でありますが、さらには形容詞として機能することもあるんです

でもご安心ください。

代名詞のほとんどは、中学1年生で習うのであまり難しい内容ではありません。

難しい「代名詞」といったら、中学3年生で出てくる「関係代名詞」です。

今回の記事では、「~代名詞」といった文法用語チックな言葉が出てきますが、内容を理解するだけでOKです。

用語までは覚える必要はありません。

では、代名詞について解説していきます。

「代名詞」は、あくまでも代(わり)名詞(の)

代名詞とは?

「代名詞」とは、字のごとく「名詞」の「代」わりとして機能する詞です。

英語の品詞の中の1つに入ります。

日本語でもそうですが、英語でも一度出てきた内容をくり返す時、同じ単語を使うことは避ける傾向があります

話を簡略にするために、それを代名詞に置き換える、これが代名詞の役割なのです。

代名詞は名詞の代わりの詞ですから、文法的に代名詞は名詞扱いです。

だから「主語」「目的語」の位置に配置されます。

しかし中には、形容詞的になる代名詞もあります

代名詞の種類

人称代名詞

皆さんに一番馴染のある代名詞です。

例)「I」「you」「he」「she」「they」「it」など

これらは形容詞(所有格)や目的語(目的格)として文中に配置する時は、形を変えなければいけません

例)「I」→「私」
「主格」だと → 「 I (私)」
「所有格」だと → 「 my (私の)」
「目的格」だと → 「 me (私に)」

このような人称代名詞の「格変化」の活用を覚えていない方は、必ず覚えてくださいね!

指示代名詞

指示代名詞とは、「ものを指し示すときに使う代名詞」です

「これ」「あれ」「これら」とかですね。

あとは、文中で前の内容を指すこともあります

例)「this」「that」「these」「those」など
this  book」 → 「この本」

これは「this」という指示代名詞が、形容詞的に使われてます

不定代名詞

「不特定の人やものを指す」代名詞です

例えば 「some」「one」「any」など
Some  did  it,  some  didn’t  do  it.」
「何人かそれをやって、何人かそれをやらなかった。」
→「それをやった人もいれば、やらなかった人もいた。」(より自然な訳)
「I  lost  my  key.  I  have  to  buy  a  new  one.」
「鍵をなくしちゃったから新しい鍵を買いに行かなくちゃ。」

「some」と「any」は名詞としてよりも、どちらかといえば形容詞的(つまり名詞を修飾)に使われることが多いです。

some  persons」→「何人かの人たち」

疑問代名詞

よく疑問文などでみかける代名詞です。(疑問文以外でも使います)

「誰がそれをやったの?」などと何かを訊く時」です。

「who」「what」「which」がその代表例です。

尋ねる事柄が「人」や「モノ」といった名詞のときに、これらの疑問代名詞が使われます。

Who  did  it ?」「誰がそれをやったの?」
What  do  you  like ?」「君は何が好きなの?」
Which  is  which ?」「どっちがどっちなの?」

関係代名詞

関係代名詞は、中3英語の難関分野です。

関係代名詞はどういう時に使うかというと、「動詞」もしくは「主語+動詞」、、つまり「文」を使って名詞を修飾する時に使います

つまり名詞を修飾するので、関係代名詞を使った文のまとまりは、「形容詞節」ということになります

関係代名詞を使うときは、「文(主語+動詞)を使って」名詞を修飾するとき  つまり「形容詞節」になる

ちょっと複雑な分野で説明が長くなりそうなので、関係代名詞の使い方についての解説は、以下のリンクを参考にしてください。

関係詞(1) 関係代名詞

が、「一応こんな文になります」ということで、例文を2つ。

「This  is  the  girl  who  lives  in  this  house.」
「この子がこの家に住んでいる女の子です。」
「The  fish  which  I  caught  yesterday  was  so  big.」
「昨日俺が釣った魚、かなりデカかったんだよ。」
とにかく関係代名詞の内容は、上記の記事などを参考にしてくださいネ。

代名詞の位置

先ほどの「人称代名詞」「指示代名詞」「不定代名詞」では、「名詞」の位置、つまり「主語」か「目的語」の位置に配置します。

形容詞として使う時は、名詞の直前です。

疑問代名詞は、疑問文をつくるときであれば、文頭に配置します。

関係代名詞は、文を使って修飾したい名詞の直後に配置します

まとめ

以上代名詞をみてきましたが、いかがでしたか?

代名詞の使い方は難しくないので、大体理解していただけたかと思います。

関係代名詞は中学英語でも難しい分野で、じっくり勉強していただきたいので、関係代名詞の記事のリンクを貼りました。

それでは、今回のポイントをおさらいします。

代名詞とは、名詞の代わりをする詞  一度出てきた内容の繰り返しを避けるために使われる
代名詞は名詞の代わりをする詞だから、文法的には名詞  主語や目的語で使われる
③しかし代名詞は、形容詞として使われることもよくある。例えば、「his」「these」「some」などなど
「人称代名詞(I  you  he  she  they)」は、配置場所によって形が変化する(格変化)
「指示代名詞」は、ものを指し示すときに使う代名詞 「あれ」「それ」など
「不定代名詞」は、「不特定」の人や物を指す代名詞 その中でも「some」「any」は、形容詞で使われることが多い
「疑問代名詞」は、人や物といった内容(名詞)について疑問文で尋ねるときに使う代名詞 しかし疑問文以外でも使う
「関係代名詞」は、「SとV(つまり文)」を使って名詞を修飾する場合に使われる代名詞

ぜひ関係代名詞は、「関係詞」の記事で学習してください。

代名詞の解説は以上とします。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

それではまた(^^♪

― To  the  Finest  Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました