前置詞(1)  まずは前置詞の文法ルールを知ろう

文法

こんにちは、孤独なライターです(^^♪

今回の記事では、日本語にはない英語特有の品詞、「前置詞」をピックアップいたします。

みなさん、前置詞を何個ぐらい知ってますか?

前置詞は動詞のように無限にあるわけではなく、普通に使うものに絞れば30個ぐらいです

種類はさほど多くないのですが、実は前置詞はそのときの文脈により、いろんな意味として使われますので、日本人にとってはいささか厄介な品詞なんですよね

その傾向が著しいのが、超メジャーな前置詞、いわば基本前置詞なんです

前置詞の使い方は、場数を踏んで慣れていくしかない!がんばりましょう!

では、今回の記事についての流れです。

最初に「前置詞とは?」ということで、前置詞の文法的側面についての説明から入ります。

前置詞の使い方のルールについてですね。

「基本前置詞」は、「前置詞」ではなく「副詞」として使うときもあるので、副詞で使うときと前置詞で使うときを比較しながら基本前置詞をみていきます。

そして次にこの厄介な前置詞を、どのようなアプローチで学習していけばいいのかを説明していきます。

その後具体的に前置詞をピックアップして、それぞれの前置詞の使い方を、例文を使ってみていきます。

では、いきましょう。

事実 前置詞の文法ルールを知らない人が多い

前置詞とは  名詞とセットになる品詞

前置詞とは、「前」に「置」く「詞」です。

「何」の前か?

「名詞」の前です

前置詞は名詞とセットになります。

そして、以下が前置詞の文法的ポイントです。

前置詞と名詞がセットになって「句」を形成
その句が「形容詞」句か「副詞」句となって、「修飾語」句として何かを修飾する
つまり 「前置詞+名詞」→「形容詞句」or「副詞句」

「句」とは、「主語+動詞がない2語以上の語のまとまり」です

(「句」に関しては、句と節で詳しく解説しております。)


前置詞の種類は、動詞のように無数にあるのではなく、なんぼかマニアックなものを除けば、30種類くらいです。

ただし注意が必要なのが、それらの前置詞がいつも前置詞なのかというと、そうではないという点です。

実は前置詞は「副詞」の場合もあるのです

それによく該当するのが、メジャーな前置詞、つまり「基本前置詞」です。

「前置詞」なのか「副詞」なのかの見分け方は、簡単に言うと「名詞とセットになっているかどうか」です

副詞ならば、名詞とくっつきません

副詞は名詞を修飾できない詞ですからね

そして副詞の場合はよく「基本動詞」とセットになって動詞を修飾します

これがいわゆる「句動詞」というヤツです

前置詞ならば、名詞とくっついて形容詞句や副詞句となって何かを修飾します。

この違いよろしいですか?


もう一度いいますが、「前置詞は名詞とセット」です

では論より例文、、ということでここでひとつ。

(1)「He  got  in  the  taxi.」 → 「彼はタクシーに乗った。」
(2)「The  train  got  in.」 → 「電車がついた。」

(1)では「in」に名詞が伴っているので「in」は前置詞です

(2)では「in」に名詞が伴ってないので「in」は副詞です(動詞を修飾)

この2つの例文をみて何を思いましたか?

「get  in」という同じ言葉でも、意味が全く違いますよね

これは前置詞「in」が「前置詞」として働くのか「副詞」として働くのか違いによって、基本動詞「get」の意味が変わってくるからです


このように「基本動詞+前置詞」の意味は状況によって変わります。

では全ての意味を覚えなければいけないのか?

もちろん「答えはノー」です。

ではどうしていけばいいいかというと、それぞれの前置詞の本質イメージをしっかりつかむことが大事になります。

前置詞学習の基本  「イメージ」を大切にする

前置詞は、そのときの状況によっていろんな意味をもちます。

特にそれが顕著なのが、最も使われる基本的な前置詞なのです

英語を学習してて思うのですが、「基本動詞」や「基本前置詞」をマスターするのが、一番難しいのではないでしょうか。

状況によりいろんな意味をもつ前置詞の、1コ1コの意味なんて覚えてられません!

ということで、前置詞にはちゃんと「基本イメージ」というものがあります

基本イメージ自体を覚えることは簡単です。大丈夫です。

では、前置詞との付き合い方のポイントです。

「本質(基本)イメージをベース」にして、その時に適した意味へと膨らませていく

このスタンスで、前置詞の学習をしていってください。

ではこれ以降、実際に1コ1コ前置詞をみていきます

次回の記事(前置詞(2))でも、実際に前置詞をみていきます。

「to」  基本イメージ → 「到達」

「The  train  is  bound  to  Tokyo  Station.」
「電車は東京駅に行きます(直通で)。」
「He  is  kind  to  her.」
「彼は彼女に(対して)親切だ。」

「at」  基本イメージ → 「一点」

「The train  arrived  at  Tokyo  Station.」
「電車が東京駅に着いた。」
「He  kicked  at  a  ball.」 ← 第2文型
「彼はボールをめがけて蹴った。」 ← ボールを蹴ったかまでは述べていない

因みにこの例文と下の例文の違いを比べてください。

「He  kicked  a  ball.」 ← 第3文型
「彼はボールを蹴った。」 ← 実際にボールを蹴った

「on」  基本イメージ → 「接触」

「The  cup  is  on  the  table.」
「コップはテーブルの上にある。」
「This  machine  is  on  sale.」
「このマシーンはただいま販売中です。」

「off」   基本イメージ → 「面からの分離」

「The  paper  fell  off  the  table.」
「紙がテーブルから落ちた。」
「Switch  off  the  light,  please.」
「明かりを消してください。」

この場合「off」は副詞として「switch」を修飾

「for」  基本イメージ → 「対象を求めるように向かって」

「The  train  is  bound  for  Tokyo  Station.」
「電車は東京行きです。」 ← 「直通」ではなく「途中停車」あり。
「Are  you  for  him ?」
「彼に賛成ですか?」

「by」  基本イメージ → 「そばに」

「Let’s  go  by  train.」

「let’s  go」=「let  us  go」(第5文型)

「電車で行きましょう。」
「Please  come  here  by  seven.」
「7時にここに来てください。」

まとめ

以上前置詞のルール・使い方についてみましたが、いかがでしたか?

前置詞は動詞のように無限にあるわけではないのですが、シチュエーションによって意味が変わってくるので、一筋縄ではいきません。

「for」や「by」のような基本前置詞は、日常でよく使われる基本動詞とくっついて、多様な意味になりますので、その1つ1つの意味を暗記していくだけでは、脳がいくつあっても足りません。

そこでポイントになるのは、それぞれの前置詞の本質イメージをつかみ、そこから意味を膨らませていく、ということでしたね?

これが基本的な、前置詞のアプローチになります。

では、今回の記事のポイントの整理をしていきます。

①前置詞とは、名詞の前に置く詞  「前置詞+名詞」のセット
②「前置詞+名詞」がセットになって「句」となり、「形容詞句」や「副詞句」になる
③基本前置詞は、単体で「副詞」の場合もある。そのときは副詞だから、名詞とセットになることはない。たいていその副詞は「動詞」にかかる
④前置詞の学習の基本は、それぞれの前置詞の「基本イメージ」を知り、それをベースにして、そのときに適した意味へとふくらませていくこと
「to」の基本イメージは「到達」
「at」の基本イメージは「一点」
「on」の基本イメージは「接触」
「off」の基本イメージは「面からの分離」
「for」の基本イメージは「対象に求めるように向かって」
「by」の基本イメージは「そばに」

前置詞はまだまだ続きます。

次の記事で、いろんな前置詞の基本イメージを紹介いたします。

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

― To  the  Finest  Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました