助動詞(2)

文法

こんにちは、孤独なライターです(^^♪

今回と次回の記事では、具体的に助動詞を1コ1コみていきます。

前回の文法の記事では、助動詞そのものの役割や文法的使い方をみてきましたので、そのあたりがわからないという方は、まずは前回の助動詞の記事をご覧ください。

私のブログでは、マイナーすぎる助動詞までは扱いませんが、助動詞の95パーセントまでは網羅できると思いますので、当ブログで出てくる助動詞さえ使い方を把握すれば、助動詞に関しては問題ありません。

そもそも助動詞自体そこまで種類がないので、心配することはありません。

今回の記事では、メジャーな助動詞からピックアップしていきます。

学習する助動詞は、「can」「could」「will」「would」「must」「have  to」「may」「might」とします。

「could」は「can」の過去形、「would」は「will」の過去形、「might」は「may」の過去形なのですが、動詞が過去形になったときのように、ただ単に過去の内容になるというわけではないので、それらの助動詞が過去形になったとき、どういった内容になるのかについてもみていきます。

助動詞の過去形は、過去形で学習する必要があるというのが私の考えです。

ではいきます。





「can」「could」



基本イメージ  →  「潜在性」


能力(~できる)


・「He  can  speak  four  languages.」

「彼は4カ国語話すことができる。」

この使いかたはみなさんに馴染があります。


許可(~してよい) 


・「You  can  use  my  pen.」

「僕のペン使っていいよ。」

「使える」という「潜在性」を与えて、「使ってもいいですよ」といっている。


可能性(あり得る)


・「Sometime  she  can  get  angry.」

「時々、彼女は怒ることがある。」

彼女の内部の「潜在的な性質」を述べている。


過去形「could」



 過去形の本質「距離感」なので「can」を「少し意味を弱めた感じ」、「遠ざけた感じ」になります。

・「I  could  do  this  job.」

「この仕事、できると思う。」

「can」を「過去形」にしたからといって、常に過去のことを言ってるとは限りません

・「Could  you  tell  me  English ?」

「英語を教えて頂けませんか?」

この文は、過去形にして「距離感」を出した遠回な表現つまり「婉曲話法」で丁寧さを出してます



「will」「would」



基本イメージ  →  「意志」


「過去形」「現在形」はあるが「未来形」はないという論がありますが、(わたしもそう思います)、未来のことについて言及する表現自体は、もちろんあります。

「will」はそのうちの1つです。


意志(~するつもりだ)


・「I  will  study  English.」

「英語を(これから)勉強します。」

この用法はみなさんに馴染みがありますね。


予測(~だろう)


・「He  will  never  change  his  way.」

「彼は自分のやり方を決して変えないだろう。」


丁寧表現 → 「would」


・「Would  you  do  me  a  favor ?」

「お願いしたいことがあるんですが?」

「will」を「過去形」にすることで、「will」を柔らかくし、丁寧さを出した言いまわしです。


過去の習慣 → 「would」


・「I  would  often  go   fishing  when  I  was  a  child.」

「子供のころよく釣りにいったものだ。」



「must」



 基本イメージ  →  「圧力」


「must」には「過去形」がありません

過去形の本質は「距離を置く」

これと「圧力」は矛盾しますからね


確信(~に違いない)


・「He  must  be  lying.」

「彼はウソをついてるに違いない。」

「違いない」ということに「圧力」を感じますね。


義務(~しなければならない)


・「You  must  do  it  right  away.」

「君は今すぐそれをしなければいけません。」

みなさんがよく知ってる「must」の使い方です。

「You  must~」というと、命令に近い「高圧的」な意味になります。



have/has  to



 基本イメージ  →  「必要」


義務(~しなければならない)


・「I  had  to  do  it  at  that  time.」

「そのとき、そうしなければいけなかった。」

「must」と違って「have」は過去形にできますので、過去の『義務』のことをいう時は「must」を使わず、「have  to」のほうを選択してください

「have  to」はもちろん現在のことでも使います。


不必要(~する必要ない)


・「You  don’t  have  to  study  now.」

「今は勉強する必要ないよ。」

対比させて確認したいのが、「must  not」は「禁止」を表します。

・「You  mustn’t  study  now.」

「今は勉強してはいけません。」



「may」「might」



 基本イメージ  →  「開かれたドア」


許可(~してよい)


・「May  I  take  your  order ?」

「ご注文を伺ってよろしいですか?」

相手に許可を求めるときの典型表現です。


「許可」の否定文は「禁止」ですが、「must  not」の「禁止」と意味が少し違います。

「may  not」は公的なシチュエーション(市の条例など)で「禁止です」と言っていて、「must  not」は「ホントにダメだからね!」というニュアンスになります


推量(~かもしれない)


・「It  may  happen  in  an  hour.」

「それは1時間以内に起こるかもしれない。」

「可能性がある」ということで、「may」の基本イメージ「開かれたドア」が反映されています。


祈願(~でありますように)


・「May  all  your  dreams  come  true.」

「君の願いが叶いますように。」


過去形「might」


過去形の「might」は「may」を少し弱めた感じです。

過去形の本質は「距離を置く」なんでね。

「may」と「might」を例文で比べます。

・「It  may  happen.」

「それは起こるかもしれない。」

・「It  might  happen.」

「それは、んーー…….起こるかもしれない。」

「may」よりも「確信」がさらに薄くなった感じです。





まとめ



以上メジャーな助動詞をみてきましたが、いかがでしたか?

今回出てきた助動詞は必ず覚えてください。

そして助動詞でも、過去形と現在形では使うシチュエーションが異なることもチェックしといてください。

過去形だから、ただ単に過去の話になるという捉え方はやめてください。

このあたり助動詞の過去形の使い方を、理解している英語学習者は少ないです。

では今回のポイントをおさらいします。


「can」の基本イメージは「潜在性」。そこから、「~できる」「~してよい」「~があり得る」という意味へと膨らんでいく。


「could」は「can」を薄くした感じ「~できるかもしれない」や「~があり得るかもしれない」、疑問文だと遠回し表現として「~することは可能でしょうか?」「~していただけませんか?」という意味へと膨らんでいく。


「will」の基本イメージは「意志」。そこから「~するぞ」「~だろう」という意味へと膨らんでいく。


「would」は「will」を薄くした感じ「~していただけませんか?」といった丁寧表現や、過去形だから単に「過去の習慣」のことを言える。


「must」の基本イメージは「圧力」。そこから「~しなければならない」「~に違いない」という意味へと膨らんでいく。「must」に過去形はない。


「may」の基本イメージは「開かれたドア」。そこから「~してよい」「~かもしれない」「~でありますように」という意味へと膨らんでいく。


「might」は「may」を薄くした感じ「んーーー……..かもしれない」という具合になる。


今回の記事は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた(^^♪

― To  the  Finest  Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました