関係詞(1) 関係代名詞

文法

こんにちは、孤独なライターです(^^♪

今回は「関係詞」の1つ、「関係代名詞」についてやっていきます。

中学3年から習う分野ですが、中学英語の1つの山場であり、また高校英語となるともっと複雑になるので、英文法の中ではわりと難関かもしれません。

ただし新しく覚えることは、そんなにないと私は思います。

今までの当ブログの文法カテゴリーの記事を、ひと通り理解できていれば「関係詞」で新しく覚えることはそんなにありません。

関係詞は2回に分けて記事を書きますが、みなさんに一番注目していただきたいのが、「なぜ関係詞を使うのか」「どういう時に関係詞を使うのか」というところです。

そういった疑問は、さっそく今回の記事のトップバッターで説明します。

その内容を意識しながら関係詞の記事をお読みください。

では今回の記事の流れについてです。

まずは関係詞とはなにか、関係詞の役割についてみていきます。

そして関係詞は大きく分けて2種類。

「関係代名詞」と「関係副詞」です。

今回の記事では「関係代名詞」をピックアップします。

関係代名詞のポイントは、「文中にアナが空く」ということ!

これは一体どういう現象なのかに注目してください。

では、中学英語の難関と言われている分野をやっていきます。





関係詞とは?



「関係詞」とは節(SVがある2語以上のまとまり)を使って「名詞を修飾する」ときに使われる英文法です。

例えば、、

①「I  know  a  man.」

「ある男の人を知ってる。」

②「The  man  can  speak  English.」

「その男の人は英語を話せる。」

この2つの文を1つにまとめたい!

こういう時に活躍するのが「関係詞」なんです。

①②を関係詞を使ってまとめると

③「I  know  a  man  who  can  speak  English.」

英語を話せるある男の人を知っているよ。」

この文中で関係詞は「who」です。

「who」がその「左のSV」と「右のSV」を関係づけてます

「関係詞」の役割は「文と文を合体させ、名詞を修飾する」ということです。

「関係詞」は中学英語から習いますが、躓く生徒が多く、そういう点では「関係詞」は中学英語の山場だといえます。

でもでも「関係詞」の役割をしっかり理解していれば大丈夫ですから。


関係詞節の配置場所は、修飾する名詞の直後です。後置修飾ということ。


そして関係詞節で修飾される名詞を「先行詞」といいます。

先ほどの例文③でいうと先行詞は「a  man」です。


皆さんに紹介する関係詞は2種類あります。

(「複合関係詞」といものを除いて)

「関係代名詞」「関係副詞」というものです。

堅苦しそうな文法用語だから、拒否反応が起こりそうですが難しくありません。

みなさんを簡単に理解させるように、努めてまいりますのでよろしくお願いします。


関係詞はほかにも「複合関係詞」とかありますが、中学英語・日常会話レベルでは「関係代名詞」と「関係副詞」でOKです。


もう一度繰り返します。

「関係詞」の基本は「文と文を合体させ、名詞を修飾」です。

今回の記事では「関係代名詞」やります。

「関係副詞」は次回。



関係代名詞とは?



「関係代名詞」とは、関係詞を使って名詞(先行詞)を修飾する際、関係詞節中で「主語」や「動詞の目的語」や「前置詞の目的語」の位置に本来くるものです。

「関係副詞」は関係詞節中では「副詞」として働きます


関係代名詞にも種類があり、先行詞によって使い分けられます

① 先行詞が「人」     → 「who」

② 先行詞が「モノ」    → 「which」

③ 先行詞が「人」「モノ」 → 「that」

④ 「who」「which」「that」の所有格 → 「whose」



関係代名詞の特徴



関係代名詞を使って関係詞節をつくると、ある現象がおこります

それは関係詞節内に「アナができる」という現象です。

つまりどういうことかというと、関係詞節内にあるべきはずの「主語がない」「目的語がない」現象がおきます。

それもそのはず!

「関係代名詞」自体が、関係詞節内の「主語」なり「目的語」になるからです。

では例文を使って関係代名詞の特徴をみていきます。


主語の位置にアナがある


・「I  know  a  Japanese  who  ▢  can  speak  Spanish.」

SVO + SVO←「who」自体でS

スペイン語話せる日本人知ってるよ。」

先行詞は「a  japanese」

関係代名詞「who」が、左右の「SV」を関係づけてます。

はい、そして「can」の前に「主語」がありません。

アナが空いてます。

「who」が主語として働いているからです。


動詞の目的語の位置にアナがある


・「This  is  the  book  which  I  read  ▢   yesterday.」

SVC  +     SVO←「which」自体でO

「これは昨日読んだ本です。」

先行詞は「the  book」で、「read」の目的語がありません

ここにアナが空いています。

「which」が目的語として働いているからです。

「なんで「read」の目的語の位置に「which」を置かないのか?」

と思う人もいるかもしれませんが、できません!

先行詞の後に関係詞を置いて「これから関係詞節が始まりますよ」

という合図を出さなければならないからです。


前置詞の目的語の位置にアナがある


・「This  is  the  city  which  I  live  in  ▢.

SVC +     SV ← which自体で「in」の目的語

「ここは私が暮らしている町です。」

先行詞は「the  city」です。

前置詞「in」の目的語がありません

アナが空いています。

関係代名詞「which」が「in」の目的語として働いているからです。



関係代名詞の例文



どこにアナが空いているのかも注目してください。


「who」 → 先行詞が「人」


・「I  have  a  friend  who  teaches  English.」

英語の先生やってる友達いるよ。」

「who」と「teaches」の間にアナがあります。

「who」が主語の代役をしてます。

・「The  girl  who(whom)  I  met  on  a  bus  yesterday  was  my  ex-girlfriend.」

昨日バスに乗ったとき会った女の人は、僕の元カノだった。」

「met」と「on」の間にアナがあります。

「who」が「met」の目的語の役割をしてます。


「which」 → 先行詞が「モノ」


・「I  read  a  book  which  was  one  of  the  best  selling  books  last  year.」

去年ベストセラーの本読んだよ。」

「which」と「was」の間にアナがあります。

「which」が主語の働きをしてます。

・「The  pen  which  I  bought  last  week  was  a  defective  product.」

先週買ったペンは不良品だったよ。」

「bought」と「last」の間にアナがあいてます。

「which」が「bought」の目的語の働きをしてます。


「that」 → 先行詞が「人」「モノ」


「先行詞が人なら「who」、モノなら「which」を使えばいいのでは?」

という疑問を持った方もいるのではないかと思います。

しかし「that」ではければならないこともあります。

これは後ほど記事を更新したときに説明します。


「whose」 → 先行詞は「人」「モノ」関わらずなんでも


関係代名詞の「所有格」です。

・「I  know  a  man  whose  wife  is  beautiful.」

きれいな奥さんをもつある男性を知ってますよ。」

先行詞は「a  man」で、関係代名詞は所有格の「whose」です。

「a  man」の「wife」ということで、関係代名詞は関係代名詞の所有格の「whose」です。





まとめ



「関係詞の基本」「関係代名詞」についてみてきましたが、いかがでしたか?

関係詞とはどういうときに使うのか、把握できましたか?

とにかく重要なことは、関係詞を使うのは「SV(節)を使って、名詞を修飾する」場合に使うということです。

これが関係詞の役割になります。

関係詞は大きく分けて、「関係代名詞」と「関係副詞」。

次回の記事で関係副詞をやりますので、この2つの使い道の違いを、次回の記事をお読みいただいて明確にしてください。

では今回のまとめです。


①関係詞を使うのは、SV(節)を使って名詞を修飾するとき修飾する名詞と節の内容を合体させる


②関係詞の配置場所は、修飾する名詞の直後


③修飾する名詞の直後に「関係詞」を置いて、これから関係詞節が始まりますよ、という合図を出す。


④関係詞は2種類。「関係代名詞」と「関係副詞」


⑤関係代名詞とは、関係詞節のなかで「主語や動詞・前置詞の目的語」として働く


⑥関係副詞とは、関係詞節のなかで「副詞」として働く


⑦関係代名詞を使うと、関係詞節の中に「アナ」ができる。つまり、主語や目的語がなくなる。それもそのはず、⑤の内容の通り。


⑧関係代名詞の種類。

・先行詞が「人」 → 「who」

・先行詞が「モノ・コト」 → 「which」

・先行詞が「人・モノ・コト」 → 「that」

・「who」「which」「that」の所有格 → 「whose」


「関係詞(1) 関係代名詞」の説明は以上です!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた(^^♪

― To  the  Finest  Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました