関係詞(2) 関係副詞

文法

こんにちは 、孤独なライターです(^^♪

今回のテーマは関係詞の1つ「関係副詞」について!

関係詞の役割は「文と文を合体させる」そして「節を使って名詞を修飾する」ことでしたね。

関係詞の節は「名詞を修飾する節」ですので、関係詞節は「形容詞節」になります。

みなさんに覚えていただきたい関係詞は、2種類。

「関係代名詞」と「関係副詞」です。

この2つの使い分けを知らなければいけません。

前回の記事で学習したことは、「関係代名詞」を使うと、関係詞の節の中で「アナが空く」んでしたね?

しかし「関係副詞」を使うと、関係詞の節の中で、「アナが空く」という現象は起きません。

これが「関係代名詞」と「関係副詞」の大きな違いです。

では今回の記事の流れについて。

最初に、「関係副詞を使うのはどういう時なのか」を説明します。

関係副詞は4種類あるのですが、それについても言及していきます。

そして次に、先ほども言ったことですが、関係副詞を使っても関係詞節内に「アナが空く」という現象は起きないということですが、それについて少し詳細に触れていきたいと思います。

ではいきます。





関係副詞とは?



「関係副詞」とは、関係詞を使って名詞(先行詞)を修飾するとき関係詞節内で「副詞」として働く「関係詞」です。


関係副詞は何種類かあり、先行詞によって使い分けます。

① 先行詞が「場所」       「where」

②先行詞が「時」        →    「when」

③先行詞が「理由」    →    「why」

④先行詞が「なし」    →    「how」



関係副詞の特徴



「関係代名詞」を使って関係詞節をつくると、関係詞節内に「アナが空く」という現象が起こるんでしたね。

しかし「関係副詞」の場合は「アナが空く」という現象は起きません

なぜかおわかりでしょうか?

「アナが空く」というのは、あるべきはずの英文の要素(「主語」や「目的語」)

がなく、その代わりに「関係代名詞」がその働きを担っているからです。

関係副詞は、関係詞節内で「副詞」の働きをします。

つまり関係副詞節内では、副詞が足りない現象が起こります。

なぜなら、関係副詞がその働きを担っているからです。

しかし「副詞が足りない!」からといって「アナが空いてる」とはいいません

「アナが空いた文」というのは、英文の主要素である「主語」や「目的語」が足りてない文、のことなんです。



関係副詞の例文



関係詞節内に「アナがない」ことにも注目して例文をみてください。


「where」(先行詞が「場所」)


・「This  is  the  city  where  I  was  born.」

「ここは、私が生まれた町です。」

先行詞は「the  city」

この例文は以下の2つの文を合体させたものです。

(1)「This  is  the  city.」

(2)「I  was  born  in  the  city.」

またこの例文は「関係代名詞」を使って言い換えることもできます

「This  is  the  city  which  I  was  born  in  ▢.」

一般的により自然な文なのは、、

「This  is  the  city  in  ▢  which  I  was  born.」です。

先行詞が「the  city」で、関係詞節内の「in」の後に「アナが空いて」います。


「when」(先行詞が「時」)


・「Today  is  the  day  when  we  have  to  finish  the  work.」

「今日は、その仕事を終わらせなければならない日だよ。」

先行詞は「the  day」

またこの英文は関係代名詞を使って以下のように変えれます。

「Today  is  the  day  on  ▢  which  we  have  yo  finish  the  work.」

関係代名詞節の中の「on」の後ろにアナが空いてます。

「which」が「on」の目的語としています。


「why」(先行詞が「reason」)


・「That  is  (the  reason)  why  he  missed  the  train.」

「こういうわけで、彼は電車に乗り遅れました。」

この表現はよく「the  reason」が省略されます。


「how」「先行詞なし」


・「Could  you  tell  me  how  I  can  get  to  the  station ?」

最寄りの駅までどう行けばいいか教えて頂けませんか?」

「how」は先行詞をとりません

また関係代名詞を使って以下のように言い換えることもできます。

「Could  you  tell  me  the  way  in  ▢  which  I  can  get  to  the  station ?」

先行詞は「the  way」

「in」と「which」の間にアナが空きます。

「in」の目的語の働きを「which」が担ってます。





まとめ



関係副詞をみてきましたが、どうでしたか?

関係代名詞と関係副詞を使い分けることができそうですか?

関係代名詞と関係副詞の記事からわかる通り、関係詞節を使って名詞を修飾するとき、どんな名詞を修飾するかによって、「関係代名詞」を使うか「関係副詞」を使うのかが決まります。

関係代名詞を使う場合は、修飾する名詞(=先行詞)が、関係詞節中で「主語」や「動詞/前置詞の目的語」として働く場合です。

では今回のポイントをまとめていきます。


①関係副詞を使う場合は、先行詞が関係詞節中で「副詞」として働く場合


②関係副詞を使う場合は、関係詞節中で「アナが空く」という現象は起きない関係副詞を使うとき、関係詞節中で「副詞」が足りない現象が起きるが、だからと言って「アナが空く」とは言わない。「アナが空く」とは、「主語」や「動詞/前置詞の目的語」が足りないことをいう。


③関係副詞は4種類。

・先行詞が「場所」 → 「where」

・先行詞が「時」 → 「when」

・先行詞が「理由(the  reason)」 → 「why」

・先行詞が「なし/the  way」 → 「how」


「関係詞(2) 関係副詞」の解説は以上です!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた(^^♪

― To  the  Finest  Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました