直接話法・間接話法・命令法・仮定法

文法

こんにちは、孤独なライターです(^^♪

今回のテーマは、「話法」「命令法「仮定法」について!

「話法」には2種類あり、「他人が言ったことを話し手が聞き手にどのように伝えるのか」という内容になります。

「命令法」では、相手が自分に対して、何か命令するときの言い方のことです。

第三者はいません。

「命令」なので「私」と「あなた」だけですよね。

そしてあとは「仮定法」。

仮定法はおそらく高校英語になります。

仮定法では、あり得ない内容のことを「もし~なら…….だろうな」という形で表現する話法で、少し厄介な文法ルールを覚えなければなりません。

事実、仮定法でつまずく英語学習者は多いです。

仮定法の文法を覚えてから、問題集を解くなど、実践が必要でしょう。

今回の流れについてです。

最初に「話法」を解説し、次に「命令法」をやっていきます。

この2つに関しては難しくないので、特に詳しく解説する必要がないのでサラッといきます。

最後に「仮定法」をみていきます。

仮定法は、受験英語でも英検準2級以上でも、もちろん英語の原書でもバリバリ出てきますので、少し長めにいきます。

仮定法の内容は、記事の更新で内容をより充実させる予定でございます。

今回の記事のメインは「仮定法」ですので、顔晴りましょう。

ではいきます。





直接話法



「直接話法」「間接話法」についてですが、何について説明するかというと、「誰かが言ったことを、他の人にどう伝えるか」ということです。

結論から言うと「直接話法」とは「誰かが言ったこと」を「そっくりそのまま」他の人に伝える言い方です。

例えば、、

Saburo  :  「I  love  Setuko.」

「節子を愛してる」

と、三郎君は言ったとします。

これを聞いたあなたは、他の人に「そっくりそのまま」伝える直接話法だと以下のようになります。

「Saburo  said  ” I  love  Setuko “.」

「三郎君は言ってたよ。『俺は節子を愛している』ってね。」

このように直接話法では、他人の発言に「引用符『” ”』」をつけます。



間接話法



「間接話法」は、「誰かが言ったこと」を伝言者が「伝言者しての立場で」言い直すという話法です。

先ほどの例文を使います。

Saburo  :  「I  love  Setuko.」

「節子を愛してるぜ。」

と、三郎君は言いました。

これを聞いたあなたは、伝言者として間接話法で他の人に伝えると以下のようになります。

「Saburo  said  that  he  loved  Setuko.」

三郎君は節子を愛してると言ってたよ。」

このように伝言者の立場として、発言者の言葉を言い直して、他の人に伝える話法を「間接話法」といいます。



命令法



「命令文」は「動詞の原形」を使うんでしたね。

「準動詞(1)原形」の記事で解説しました。

例えば、自分の母親からこう言われたとします。

母:「Study  English.」

「英語勉強しなさい。」

これを「直接話法」で表現すると、、

「My  mother  always  says  to  me  ” study  English “

「お母さんがいつも『英語勉強しなさいって言うんだよ。」


そして間接話法だと、、

「My  mother  always  tells  me  to  study  English.」

「お母さんがいつも英語勉強するようにって言うんだよ。」

「tell  O  to  do」で「Oが~するよう言う」の形をとります。

逆に「~するな」と禁止する時は、、

「tell  O  not  to  do」で「not」をこの位置に配置します。



仮定法



「もし~なら……….だ」の表現


以下の2つの日本文を比べてください。

A:「もしある晴れたら、釣りに行こう。」

B:「もし俺が鳥なら、彼女ん家に飛んでいくだろうな。」

さぁ、どういう違いがありますか?

Aの内容は「現実的」ですね。

「天気が晴れる」のは十分にあり得ること。

これに対してBの文は、「現実になる」のは100%あり得ないですよね?

「非現実的」

「もし俺が鳥なら」………..      実現不可能です!

このように「もし~なら……..だ」のような表現で、、

・現実的にありえるのを「直接法」

・現実的にあり得ないのを「仮定法」

といいます。

仮定法にはある大切な文法的ルールがあるので、それを今回説明します。


仮定法のルール


ずばり「仮定法の一番大切なルール」は、「動詞/助動詞の時制を1つ過去にずらす」です。

「今のこと」の仮定話なら、「過去形の動詞/助動詞」を使います。

「過去のこと」の仮定話なら、「過去完了形の動詞/助動詞」を使います。


仮定法の例文


(1)現在のことの仮定


・「If  I  were  you,  I  would  do  the  same  thing.」

もし僕が君なら、同じことするだろうな。」

「If  I  were  you」から、あり得ないことなので「仮定法」だとわかります。

そして動詞が過去形「were」なので、「現在のことの仮定話」ということです。


(2)過去のことの仮定


・「If  I  had  been  you,  I  would  have  done  the  same  thing.」

もし僕が君だったら、同じことをしていただろうな。」

「If  I  had  been  you」から、あり得ないことなので「仮定法」だとわかります。

そして動詞が過去完了形「had  been」だから、「過去の仮定話」と判断できます。





まとめ



「話法」「命令法」「仮定法」をみてきましたが、どうでしたか?

「直接話法」と「間接話法」、「命令法」については特に難しくないので大丈夫かと思いますが、問題は「仮定法」です。

もちろん今回の記事量では足りないので、仮定法に関しては他に解説する必要があるため、更新していきます。

ただ今回記載した内容は、仮定法の基本ルールなので覚えといて損はありません。

それに「もし俺だったらこうするな」といった仮定的な話は、日常会話でよくしますよね。

日常会話だけでもできるようになりたい人にとっても、仮定法は知っとくべきです。

では、今回の記事のまとめ。


「直接話法」とは、第3者(その場にいない人)が言ったことを、話し手が「そっくりそのまま」聞き手に伝える話法


②「間接話法」とは、第3者が言ったことを、話し手が伝言者の立場として自分の言葉に変えて聞き手に伝える話法


③「命令法」では、動詞は「原形」になる。


「もし~なら…….だ(だろうな)」の表現で、現実的にあり得ないことを言うのを「仮定法」、現実的にあり得ることを言うのを「直説法」という。


⑤仮定法の基本ルールは、「動詞の時制を1つ過去にずらす」

「今のこと」の仮定話なら、動詞は「過去形」にする。

「過去」の仮定話なら、動詞は「過去完了形」にする。


「直接話法・間接話法・命令法・仮定法」は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた(^^♪

― To  the  Finest  Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました