おすすめ総合英単語帳シリーズ

単語・熟語

こんにちは、今回の記事では、単語帳のおすすめ教材を紹介します。

書店に行けば、実にいろんな英単語の教材がありますね。

全くどれを選んだらよいか困ってしまいますよね。

そこで今回は皆様のお悩みを解消すべく、私がおすすめの英単語帳を紹介させていただきます。

まず始めに単語帳はどの程度までやればよいかという疑問があると思いますが、英語を使った仕事をしたいという方であれば、生涯語彙を学び続けなければならないかと思います。

言葉は無限にありますからね。

でもほとんどの方は違いますよね。

MARCHレベルの私立難解大や中堅の国公立大・TOEIC800点・英検2級程度なら、6000語前後知らなければならないので、単語帳は3冊で充分でしょう。

センター試験・TOEIC600点までなら、4000~5000語なので2冊、英検準2級なら1,2冊、英検3級・簡単な日常英会話・中学英語レベルなら1冊です。

私の見解ではだいたいこんな感じです。

単語帳は洋書を読むのに比べて勉強感があるのでイヤになるかもしれせんが、未知の単語を大量に覚える絶好のチャンスです。

おすすめする単語帳は、、

①未知の単語が50パーセントぐらいあるもの。

②見出し語の直後にのってる例文が長すぎないもの。

③音声があるもの。

④赤シートが付録されてて、赤シートで見出し語を隠してテンポよく繰り返せるもの。

基礎から順番にコツコツやるのであれば、シリーズものがいいかと思います。

ということで、今回は私がおすすめしたい有名シリーズの単語帳を3シリーズ紹介いたします。

『究極の英単語』シリーズ アルク

本シリーズは、ネイティブの使用頻度を基に厳選された「12000語」を、レベル別ににVOL1~4の4巻に分けた、初級レベルから超上級ラベルまでの単語を網羅した単語帳シリーズです。

初級の3000語は「日本人必須の英単語」で、英検準2級・TOEIC450点前後、中級の6000語は「TOEIC高得点を狙う」英単語帳として、英検2級・TOEIC700点前後が想定されています。

この2冊でも充分な語彙力ですが、全てやろうとするとあと2冊もあるので、なかなかチャレンジングなシリーズです。

上級の9000語は、「英文新聞がスムーズに読める」ようになるくらいのレベルで、英検準1級・TOEIC900点が射程内のものです。

そして超上級は「怖いもの無しの語彙マスター」ということで、英検1級やTOEIC950点以上レベルで、ほんとにわからない単語ばかりです。マニアの領域です。

本シリーズの構成は、「パワーセンテンス」というものと「ワードリスト」から成り立ってます。

「パワーセンテンス」は、複数の見出し語を使っている短い例文です。

例文があり、その下に見出し語がのっています。

そしてパワーセンテンスには載っていない英単語は「ワードリスト」に入っております。

ワードリストの見出し語には、例文がありません。

ということで、全ての見出し語に例文があるわけではないのが、本シリーズのちょっとした欠点といえるかもしれません(あくまで私の考え)。

例文あるなしは半々くらいの割合です。

でもワードリストにある単語でも、2~4語でのフレーズの使われ方の例が載ってあるので(中級以上)、これはこれで良いと思います。

初級と中級には、サッと復習できる「スピード英文法講座」があります。

超上級には、単語をパーツで考えて覚える「早わかり語源講座」が載っています・

初級は例文が易しく、日常英会話に生かせるものばかりです。

中級以上だと、TOEICに頻出する用語が、TOEIC対策例文を使って解説されています。

本シリーズの他の単語帳と異なる点で、皆さんが気になるかもしれないことは、「類義語」「反意語」が載っておりません。

しかし本シリーズの利点は、なんといっても語彙の網羅性の高さです。

音声は別売りです。

全12000語、全2184例文を収録したMP3のCD-Rです。

『速読英単語』シリーズ Z会

本シリーズは、言わずと知れた単語帳の中でも超人気シリーズです。

中でも『必修編』は、大学受験生の間でも大ベストセラーを誇ってます。

私も高校生の時、学校から支給されました。

シリーズは全部で4つあり、『中学編』(1300語)、『入門編』(700語)、『必修編』(1900語)、『上級編』(900語)ですが、このシリーズは「派生語」「反意語」「類義語」がたくさん載ってますので、実質覚える単語数は上記の数よりも多いです。

『必修編』でいうと、全ての単語を含めると、約3100語もあります。

『究極の英単語』シリーズよりは網羅性に劣りますが、派生語といった関連キーワードがたくさんありますので、そこが本シリーズのいい点でございます。

そして何と言っても本書の一番のアドバンテージは、程よい長文が各ユニットについているところです。

長文に出てきた単語が、見出し語をまとめたページで解説されています。

見出し語全てにではないですが、例文付きの見出し語も多々あり、ついてない単語は長文中でどのように使われるかをみながら、記憶の定着に努めるとよいでしょう。

少し話が逸れましたが、本シリーズのいいところは各ユニットのストーリーが豊富にあり、読解訓練ができることです。

つまり速読トレーニング、音声を使えばリスニングトレーニングもでき、さらに長文と音声があるので、ディクテーションやリピーティング、シャドーイングまでもができます。

しかも長文がたくさんあるので、以上のことがたくさん練習できるということです。

「中学編」と「入門編」は、内容が日常会話に即しているので、この2冊のみをシャドーイングまで完璧にするだけで、英検準1級レベルのスピーキングは余裕でこなせるようになります。

「必修編」なんかの長文レベルをある程度でもアウトプットできれば、英検1級の2次面接合格レベルではないでしょうか(私はまだ合格してませんが)。

本シリーズのディスアドバンテージについて。

痛いのがCDが別売りで、「入門編」~「上級編」の各編が2000円と少し高めです。

ただ「自分は長文を使って、ディクテーション・シャドーイングといった全てのトレーニングをとことんやるんだ」とお考えの方には、このシリーズを全て多少お金をかけてでもやる意味は大いにあると思います(私もその1人です)。

全シリーズ、本とCD合わせて12000,13000円です。

単語強化だけでなく、リスニングやスピーキングも併せて鍛えるなら、是非本シリーズをおすすめします。

『システム英単語』シリーズ 駿台文庫

このシリーズも、受験生の間では人気があります。

全部で3冊あり、「中学版」(1700語)、「ベーシック版」(1700語)、「通常版」(2200語)で、3つ目は実際には「通常版」という名前はなく、ないので私が勝手につけたネーミングです。

本シリーズも『速読英単語』と同じく、「派生語」「類義語」「反意語」がたくさんありますのでカバーできる単語数は、上記の数より多くなります。

このシリーズの特徴は、「ミニマムフレーズ」で見出し語を覚えていくという点です。

つまり「文」ではなく、数語の短い「フレーズ」の中に見出し語を提示して、フレーズごと見出し語を暗記していきます。

単語がフレーズでどう使われるのかをみれます。

ということで本シリーズは、『速読英単語』のような長文はありません。

つまりまとまった文量で、ディクテーションやシャドーイングはできないということです。

しかし本シリーズの良い点は、見出し語に関わる単語や言い回し、ことわざ、語源の説明といったいろんな知識にふれることができます。

また本シリーズには、ジャンル別の単語リストがあります。

例えば、「公共施設」「野菜・果物」「海の生き物」「図形」「天気」とかいろいろあるので、日常会話に大いに使えそうです。

音声についてですが、フレーズ部分の音声はCDですが別売りで2000円くらいと少しお高め。

見出し語自体の音声は無料でダウンロードできます。

各単語、アメリカ英語とイギリス英語両方で収録されています。

「中学版」のみ教材に音声CDが付録されています。

最後に

以上、単語帳のおすすめシリーズを紹介してきました。

私個人的に一番おすすめしたいのはZ会の『速読英単語』です。

なぜかというと、先ほど述べた通り『速読英単語』は、長文が豊富なので単語だけでなく、リスニング・リーディングといったインプットに留まらず、ライティング・スピーキングといったアウトプットも同時に鍛えることができるからです。

ディクテーションからシャドーイング、瞬間英作トレーニングまでできます。

マニアックな単語まで覚えたいというかたは、また別な単語帳が必要になります。

英検準1級・TOEIC900点までの語彙力なら、『速読英単語』の上級編までクリアすれば身につくでしょう。

ということで、今回の記事をまとめますと、、

①「とにかく語彙をたくさん覚えたい」という方なら、『究極の英単語』シリーズ

②「単語だけでなく、英語の4技能(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)も同時にトレーニングしたい」という方なら、『速読英単語』シリーズ

③「見出し語だけでなく、関連ワードもいろいろ覚えていきたい。文ではなくフレーズで単語を強化したい」という方でしたら、『システム英単語』シリーズ

という感じになります。

他にもいろいろあり、資格別に特化した単語帳もたくさんありますが、レベルがさほど高くない英語の試験であれば、今回紹介したような総合英単語帳でOKです。

ぜひ単語帳にトライしてみてください!

がんばりましょう!

今回の記事は以上といたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた(^^♪

― To the Finest Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました