単語学習に関するおすすめ教材

単語・熟語

こんにちは。

今回も引き続き単語帳を紹介いたします。

今回の記事作成では2冊紹介いたしますが、いいのを見つけ次第記事を更新する予定です。

前回の記事では、総合英単語帳のシリーズを紹介いたしまたが、今回の記事では「こんな切り口の単語帳もありますよ」、「単語はこうやって覚えることもできますよ」、「よく似ている単語、実はこんな微妙な違いがありますよ」、、といったことを書きたいと思います。

1つ目は、英単語の語源に関する人気を誇る良書です。

英単語には紛らわしいものがあったりで覚えるのが大変です。

ただの暗記だけでは面白みがありませんよね。

そこでおすすめしたいのが、語源を使って単語暗記にアプローチするやりかたで、語源を覚えることでこれが可能になります。

単語の勉強がいくらか楽しくなります。

2つ目は、未知の単語を覚えるための本ではなく、知ってる単語でも似た意味を持つ単語を、使い分けられるようにするための教材です。

「見る」は「見る」でも「look at」「watch」「see」と皆さんがよくご存じの単語ですが、微妙な意味の違いがわかりますか?

2つ目の教材では、こういったことを学べます。

こういった内容は、雑学的なので目から鱗、休憩中にも読みたくなります。

では、それぞれの教材を紹介いたします。

『英単語の語源図鑑』 かんき出版

本書は、英単語の「語源」の参考書では人気があるものの1つです。

イラスト付きで、しかも割とカワイイ、見やすい、親しみやすい、しかし有益で興味深い情報がたくさんあり、人気がある理由がわかります。

日本語でも漢字を部首に分けて意味を推測できるように、英単語でも同じアプローチで意味を推測できるのです。

単語の頭を「接頭辞(接頭語)」、真ん中を「語幹」、おしりを「接尾辞(接尾語)」といいますが、それぞれには一定の意味があります(もちろん全ての英単語に、それらすべてが含まれているとは限りません)。

本書は「接頭辞」「語幹」「接尾辞」を学習できる絶好の教材です。

著者曰く最も効率的な単語の覚え方は、語源を使って覚える方法で、語源による学習で10000語まではカバーできることが研究で実証されているそうです。

本書は全部で12のチャプターで構成されており、「接頭辞」によってチャプターが分かれています。

そしてチャプター内は、「語幹」ごとに区切られております。

例えばチャプター1は接頭辞「ad」についてで、そのチャプター内は1つ目の項目は「mini(小さい)」(administerなど)、2つ目は「voc, vok, vouch(呼ぶ)」(advocateなど)、、というようにこんな感じの構成になっている仕上がりです。

本書は「12個」ではなく「12種類」の接頭辞(つまり1種類の中に数個の接頭辞)と、103個の語幹が載っております。

そして掲載単語数は、単語帳でもないのに関わらず、約1000語もあります。

語源について詳しくなりたいという方、ぜひおすすめします。

『似ている英単語使い分けBOOK』 ベレ出版

良書です。

本書では学校英語では知ることができない、かつ

ネイティブは自然に使い分ける類義語同士の違いについて学ぶことができます。

本省の「はじめに」に載ってる内容を引用します。

ニュートンはリンゴが木から落ちるのを見て、万有引力の法則を発見した。

『似ている英単語帳使い分けBOOK』より

これを英作するとき「落ちる」を、「fall」を使うのか「drop」を使うのか、皆さんには区別がつきますか?

こういった単語の微妙なニュアンスの違いを学習することができます。

本書は3つのパートに分かれてます。

「動詞編」「形容詞・副詞編」「名詞編」の3つです。

本書の「目次」から例を挙げていきます。

①動詞編 

「見る」→「look」「see」「watch」

「投げる」→「throw」「cast」「pitch」「toss」

②形容詞・副詞編

「早い」→「early」「soon」

「広い」→「wide」「large」「board」

③名詞編

「店」→「shop」「store」

「心」→「heart」「mind」「soul」「spirit」

以上のような項目は、全部で127もあります。

そして各項目の先頭には、その項目で扱う文脈に合った適切な類義語を選択する問題が2~5語あります。

勉強した後の復習問題に使えます。

そして各項目には、「語源のポイント」ものっております。

例えば「fragile」は「壊れやすい」という意味ですが、接頭語「frag」「frac」は「壊れる」という意味があります。

その部位をもつ単語の例をあげると、「fraction(破片)」「fragment(断片)」「infringe(中で壊れる=侵害する)」などがあります。

本省はイラスト付きですが、シンプルなイラストでうるさくない万人受けする印象でございます。

因みに音声はありませんが、リスニング目的の教材ではないのでいらないでしょう。

まとめ

今回の記事では、単語に関する教材でも普通の単語帳ではなく、ちょっと切り口を変えて単語に関する教材を紹介いたしました。

「単語学習は100パーセント暗記」ではなく、語源といった語彙に関する知識をつけたり、類義語を比較しながら単語にアプローチしたりすると、単語の習得が効率的にできて、かつ興味深く単語を学ぶことができるのです。

暗記ではなく「雑学的に単語」を学ぶ、こういったことが可能なのです。

では単語学に習おいて、語源や類義語の比較といった学習はどのタイミングで始めればいいのでしょうか?

あくまで私の考えですが、、

①英語全くの初心者は、とにかく中1,2までの単語を暗記することに努める。語源も類義語の比較もアプローチしない。

②中学3年間レベルの単語をひと通り知ってる方は、類義語の学習をやってみてもよい。類義語の比較で出てくる英単語は、ほとんどが中学英語で出てくる。

③高校英語を始めるという方は、語源の学習をやってみる。高校英語で出てくる英単語の吸収を効率的にするため。

これが私の見解です。

ぜひご参考にしてください。

今回の記事は以上とします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

それではまた。

― To the Finest Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました