英検準2級

正直なところ私にとって「英検準2級」は、どう位置づけしたらよいか悩みどころでございます。

つまり、、

英検3級:「中学英語という基礎ができたか、確認するための試験」

英検2級:「本格的にアウトプットの訓練に取り組む前の、英語全般的の基礎ができたか、確認するための試験」

と、私は位置づけしますが、準2級に関してはどう定義したらよいか迷うということです。

なので、この記事を書きながら考えていきたいと思います(笑)。

準2級概要

英検協会の公式ホームページによると、準2級は『高校中級程度』のレベルと定義されています。

高校1, 2年生で習う語彙や文法が含まれています(高校英語で習う英文法は、中学英文法の延長です)

また英検公式ホームページには、準2級は『日常生活に必要な英語を理解し、また使用することができる』『使える英語で世界へ』『日常生活の話題』と謳われています。

準2級の試験内容をみると、長文は学術的なものもありますが、ネタ・単語は日常生活に使えそうなものばかりです。

長文以外のパートは、もっと然りです。

英検準2級をTOEICスコアに換算しますと、「400~550点」というところでしょうか。

TOEICの平均点はこの中に収まります。500点切るぐらいと言われていますからね。

また準2級の問題は、英検の中でセンター試験に最も近いレベルなので、高校1, 2年生のうちから、センター試験を意識して準2級に挑むのもよさそうです。

準2級の単語レベルは「3000~4000語」なので、センター試験レベルに近いですね。

検定料(税込)は、本会場で「6900円」、準会場で「4900円」です

正直な意見ですが、皆さんが英検準2級に合格されたら、そこで終わっていただきたくないです。

英検準2級の資格をもっていても、社会からの評価は決して高くなく、あまり活用できないからです。

私が思うに、準2級は「3級の延長上」にある感じがします。

準2級は2級へのチケットです。

2級に合格すれば、社会的評価があがり有用性が出てきますので、準2級に合格された方は、そこで終わらず2級を目指しましょう。

英検準2級を受けていただきたい方

英検2級を最終目標にしてる方

「英検に関しては2級に合格できればいい」とお考えの方には、まず準2級受験をおすすめします。

3級はもっているけど2級は難しいという場合が多いので、3級から2級への架け橋として「準2級」を捉えていただけたらと思います。

また3級はもっていないけれど、中学英語はひと通りわかるし、高校英語もある程度大丈夫だとい方は、3級ではなくいきなり準2級で問題ないでしょう。

準2級は2級より3級のほうがレベル的に近いと思います。

英語学習者の方にはぜひ2級に合格していただきたいので、その前の準2級に合格して、「2級に向けた勉強のモチベーションも保っていただきたい」と。

準2級を受ける意義は、そこにあるという結論でございます。

逆に準1級や1級を目標にしている方は、準2級を飛ばして2級にトライしてよいでしょう。

準1級と1級を目標にしている人は、英語自体が趣味という人が多いので、もともと高いモチベーションをお持ちです。

自分から進んで英語学習を開発したりもするでしょうし、それぐらいのことをやっている人にとっては、英検準2級も2級も試験レベルに大きな差は感じないでしょう。

英検準2級の対策

基本的に3級と変わりません。

強いて言えば違いは、英文法が「中学英語+α」になり、「α」は覚える必要があります。

「α」のメインは「仮定法」になります。

高校英語でつまづきやすい文法ですが、基本がわかっていれば大丈夫です。

それと準2級からレベルが上がるごとに、単語対策がより必要になってきます。

3級より語彙・イディオムを増やす

3級が必要語数2000~3000語くらいであるのに対して、準2級は3000~4000語だと言われております。3級の約1.5倍ですね。

高校英語は中学英語と違って、全くもって新しい文法事項はあまりありませんが、新しい単語やイディオムが多いんです。

「語源」を勉強すると、単語が覚えやすくなります

簡単な学術的英文に慣れる

準2級から、1次試験の長文が学術的になってきます。

準2級は、学術的長文でも初級レベルです。

2級合格を意識して、準2級の段階からアカデミックな英文読解をやっていきましょう。

ライティングに関して

解答語数は50語~60語と、3級の2倍になります。

でも3つほど文章を増やす程度で済むので、そこまで変わりません。

とにかく自分の意見を述べて、「英文を書く」ことが大事です。

意見の内容のレベルというものは、ほぼ問いません。

内容」よりも、英語の文章らしく英文を書けるかどうかです。

「英作の形式」は知っといたほうがいいということですね。

例えば、、

「あなたは子供がテレビゲームすることは、良いことだと思いますか?自分の答えとその理由を2つ書きなさい」というお題に対して

「I think A. First ~. Second ~. So A」のような形式で英作すればOKです。

すぐに50語クリアできます。

準2級までのライティングなら、1回日本語で意見をメモして、それを英作する要領でよさそうです。

英検準2級おすすめ教材

『英検準2級でる順パス単』 旺文社

準2級は必要語彙数が「3000~4000語」と、3級の約1.5倍の語彙数になりますので、不安な方は単語帳1冊やることをおすすめします。

高校英語は新しい単語がバンバン出てきますので、準2級から単語暗記は意識したほうがいいです。

『英検準2級 過去6回 全問題集』 旺文社

とにかく過去問に触れて、試験の形式になれたり、「時間配分」を考えといてください。

時間配分はとても重要です。時間内に全体的に解答できるかの確認ができます。

今回のまとめ

以上「準2級」について、解説してきました。

今回の記事を執筆するにあたって、それまで深く考えてこなかった「英検準2級を受験する意義」について考察することができました。

いい機会になりました。

今回のポイントをまとめていきます。

①英検準2級は「英検の最終目標が2級」であれば受けてみるのもよい(目標達成するためのモチベーション維持のため)

②基本的対策は、英検3級とあまり変わらない。

④高校英語の「仮定法」を理解する。

必要語彙数は「3000語~4000語」。不安なら単語帳をやる。

簡単な学術的英文に慣れる。

⑦ライティングは、まずは「英作文の形式」を知ることが大事で、内容は二の次。

準2級は、3級の延長上だと私は捉えております。

準2級に合格したら、そこで終わるのはもったいないので、2級を目指しましょう。

社会的評価が変わりますよ!

今回の記事は以上といたします。

最後までお読みくださりありがとうございます。

それではまた。

― To the Finest Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました