TOEIC400~600点の方へ

TOEIC400~600点といっても、400点と600点は結構な差があり、対策の仕方も全く同じというわけではありませんが、英語の基礎がまだ不十分なので、まずは基礎を固めなければならないのは、両者の共通事項です。

基礎がどれくらい身についたかの違いだけです。

平均点は500点台ということで、400点台の人はまずは平均点を目指しましょう。

そしてあと少しで600点という人は、特に文法に関する学習はもう少しのところまできているので、もうひと踏ん張りです。演習たくさんすれば、これからどんどん伸びていくでしょう。

では先に400点~600点の人の英語力の特徴をみていきます。

400点~600点の人の英語の特徴

英語の基礎ができつつあるがまだ不十分なレベル

この範囲に収まる人の語彙数は、推定4000語前後ですが、600点超えるのにはまだ足りません。単語帳を1冊やる必要があります。

まだまとまった英語に慣れていないので、短文では理解できるが長文となるとスムーズに理解できないと思われます。

「リエゾン」「脱落」といった英語特有の発音にも、まだ苦手意識があるでしょう。

TOEICの形式にも慣れていくために、「400点未満」のケースと違って「演習」が必要になってきます。

英語の基礎(発音・文法)をよりかためて、語彙の強化しつつ、TOEICの形式に慣れること

英文法は覚えることが無限にあるわけではないので、「中学英文法+α」を早い段階で固めましょう。

継続してやるべきなのは、特に「発音」で、続いて「単語」です

「発音」に慣れるのが一番時間かかるので、毎日一定時間(数十分)トレーニングしましょう

あとは「公式問題集の演習」をたくさんして、「650点~700点」目指してください。いけます。

リスニング対策

リスニングの目標は「over350点」としましょう。

「中学英文法+α」を固めながら、単語を強化し、「英語特有の音声」に慣れる

「リエゾン」「脱落「英語のリズム」に慣れることです。

公式問題集などのリスニング問題を解いた後、音声を聞きながら英文中の「主語」「動詞」「目的語」「補語」を書き出す訓練をおすすめします。文法わかっているかの確認になります。

そして全問題「ディクテーション」してください!!

「ディクテーション」した後「シャドーイング」までやるのが望ましいですが、とにかくたくさん「ディクテーション」することです。

現段階で「400点~600点」の方は、リスニング対策は「ディクテーションに賭ける」といっても過言ではありません。

「Part1」「Part2」で点数を稼ぐ

このパートは短文ですので、点数を稼ぎやすいです。

高得点とりたいところなので、最初は「Part1」「Part2」を徹底的に問題集でトレーニングしましょう。

わからない問題は、単に聞き取れないだけでなく、単語・文法を知らない場合もありますので、復習することで単語・文法を強化できます。

1つの問題集を何回も繰り返すよりは、いろんな問題集をやったほうが、未知の単語・文法を覚えるチャンスが増えます

「Part1」「Part2」で、正解率9割を目指しましょう

そこまでいけば、長文もだいぶ読めるようになってます。

「Part3」「Part4」は音声の冒頭に全神経集中する

「出だしの内容は必ず把握する」という気持ちを持ちましょう。

最初の内容がわからなければ、後続の内容もつかめない可能性が高くなります

全体の流れでもつかめれば、それなりに正解できるようになります。

1つのストーリーに対して3つの設問があるうち、最初の1、2問は正解して、3問目で答えるのに悩むのであれば、それを「捨てる」のも1つの作戦です。

捨てる代わりに、次のストーリーの設問の内容を予め確認しましょう。

リーディング対策

リーディングの目標は「300点以上」にしましょう。

「中学英文法+α」を固めながら、単語を強化し、「TOEICの長文」に慣れる

いくらか基礎的文法は身についてきてる段階なので、もう少しがんばってください。

単語はあと1000語~2000語覚えましょう。

推定語彙数5000語は備えて、600点の壁を破りましょう。

単語帳1冊で、そこまでいくと思います。

そしてある程度基礎が身についているので、公式問題集などを使って、TOEICの長文をどんどん解いて慣れていきたいところです。

文法(Part5)に関して

公式問題集の「Part5」、またはそれに特化した問題集でトレーニングして、「Part5」は本番で「正答率9割」を目指しましょう

安定して9割を取れなければ、文法・単語力がまだ不十分だと心得てください。

Part7(長文読解)に関して

一定の文法力・単語力はありますが、TOEICの長文形式に慣れていないので、それらを生かせません。

公式問題集を使って、TOEICの長文形式に慣れることです。

そして英文をより速く読むために、「英語脳」を作って「英文を頭から語順通りに」理解することを心がけてください。

頭の中で日本語に変換しないで、読めばいいのです。

それと読解しているときに、未知の単語があっても思考停止させないでください。

わからない単語は、悩んでもわかりません。読むスピードに支障が出ないように気にしないことです。

「Part7」の最初から中盤(片側1ページで問題と設問が収まる問題)までは、全部解くのが望ましいですが、それ以降の問題は、設問の最後の1題は捨ててもよいというのが私の考えです。

設問の中では、最後のほうの問題は少し難化するので、自分が解ける問題をポンポンとスムーズに解いて点数を稼ぎたいからです。

800点みたいな高得点を狙ってるわけではないので、こういった作戦もアリということです。

まとめ

TOEIC400~600点の方向けに、今回のポイントをまとめます。

①英語の基礎(文法)ができつつあるレベル。「中学英文法+α」を早く固めること(文法学習に時間を使いすぎない)

②発音は慣れるまでに時間がかかるので、毎日のように一定時間訓練する(数十分)

③単語帳を1冊はやって、語彙力を5000語くらいまでにグレードアップさせる。

④リスニング対策は、公式問題集の全問題を「ディクテーション」。400点~600点の人が一番ディクテーションするべき。

⑤リスニング、「Part1」「Part2」は正解率9割を目標にし、ここで確実に点数を稼ぐ。

⑥リスニング、「Part3」「Part4」は、とにかく音声の冒頭に全神経を集中させる。「何としても出だしの内容は把握する」という意識をもつ。

⑦リーディング、「Part5」は文法・単語問題。正解率9割を目標にし、ここで点数を稼ぐ。

⑧リーディング、「Part7」の長文読解は問題集を使って、TOEICの長文形式に慣れていくこと。英文を「頭から語順通り」に理解することを心がける。わからない問題は、すぐに諦める。

600点台は全く難しいレベルではありません。

そこまで達成すれば、あとは演習をたくさんやったり、多読・多聴でたくさん英語にふれて英語に慣れていくという対策だけで、800点はいきます。

次回の記事は、TOEIC600点~800点の方に向けて執筆いたします。

最後までお読みくださりありがとうございます。

― To the Finest Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました