速読シリーズのやり方

速読英単語シリーズの学習の進め方について説明していきます。

とはいっても速読シリーズに限った手順ではなく、長文を使った基礎英語の学習全般に共通する進め方です。

私のブログの「英語学習の概観」という記事で、「長文を使った」英語学習の進め方についての内容と重複しますが、強調したい内容でありますので、速読シリーズの記事で改めて紹介していきます。

速読シリーズの『中学版』から『上級編』『英熟語』まで、以下に説明する「STEP1」~「STEP4」までトレーニングを極めれば、英語上級者になれるのは確実です。

みなさんも「英語の基礎学習は速読シリーズにかける!」と覚悟を決めていただけたら、私としては大変嬉しく思います。

速読シリーズ 学習の流れ

STEP1 初めてふれる英文の内容を把握するよう努める(問題を解く意識)

STEP2 内容の徹底理解(インプット)

STEP3 英語回路をつくるトレーニング(インプット)

STEP4  反射的に英語を口にする(アウトプット)

STEP1 初めてふれる英文の内容を把握するよう努める(問題を解く意識)

黙聴(リスニング)

①本番の試験に臨むつもりでリスニングする(精聴はしない)。

②細部まで理解できない場合は、大まかな流れだけでもつかむ努力をする。

③黙聴をするのは3~5回にする。やりすぎない。

黙読(リーディング)

①本番のリーディング試験に臨むつもりでリーディングする(精読はしない)。

②細部まで内容をつかめない場合は、大まかな流れだけでもつかむ努力をする。

③黙読をするのは3~5回にする。やりすぎない。

STEP2 内容の徹底理解(インプット)

ディクテーション

①10回繰り返しても聞き取れないところは、永遠に聞き取れないからあきらめる。

そもそも未知の文法や単語は聞き取れません。

②何がわからなくて聞き取れないのか明らかにする。

「知らない文法だから」なのか、「知らない単語だから」なのか、「知ってる単語だけど発音がわからなかった」のか、「リエゾン・脱落で聞き取れなかった」のか(大抵はこれ)、はっきりさせましょう。

③中学英語で習うような基本語が聞き取りにくい。

例えば、「can」「would」といった助動詞、「at」「of」といった前置詞、「a」「the」といった冠詞、「he」「her」といった指示代名詞。

こういった単語を聴き取ることができるようになれば、リスニング力は格段に伸びた証拠です。

黙聴で内容が理解できても、案外聞き取れていない部分が多いとディクテーションで気づきます。

精読

①ディクテーションで、知らなかった文法・単語を覚える。

やっている長文題材の中で、ひとつ残らず知らない単語・文法はつぶしていきましょう。

②英文の内容を理解する。

文章の大まかな流れだけでなく、「この1文の主語は何なのか、動詞は何なのか」といったことまで完璧に把握する。

③この時点で、英文中わからないことがないようにする。

特に未知の単語・文法を曖昧にしたままで、次のステップに進まないでください。

STEP3 英語回路をつくるトレーニング(インプット)

シャドーイング

①いきなりシャドーイングが無理な場合は(大抵は無理)、「リピーティング」「オバーラッピング」から始める。

「リピーティング」「オーバーラッピング」をする目的は、「シャドーイング」できるようにするためです。

②録音して自分の弱点を矯正する。

自分の声を客観的に聞いてみましょう。

③10回「間違わずスムーズなシャドーイング」を達成したら、次の長文に移る。

シャドーイングできると達成感があり、モチベーションが上がります。

音読

①なるべく音声をまねて音読する。

「シャドーイング」の後に「音読」をもってくる理由は、これです。

シャドーイングできるようになった時点で、何回も音声を聞いてることになります。

②何回も音読を繰り返す。

最低30回音読しましょう。

③「誰かに話しかける感じ」で音読する。

棒読みだけはやめてくだざい。

役者になったつもりで、大事に音読してみてください。

④録音して不自然なところを直していく。

英語らしく抑揚をつけて音読しているかチェックしてください。

STEP4 反射的に英語を口にする(アウトプット)

英語の基礎学習(インプット)の段階では、必ずしもやる必要はありません。

ただ「基礎の定着」には有効です。

アウトプットのトレーニングでは、ぜひやってください。

瞬間英作

①とにかく「即」英文を口にする。

間違いを恐れず「瞬発力」を意識してください。

②「絶対原文通りに英作」する必要はない。

原文と同じ意味であれば、別の単語で英作してしまっても気にしなくてもいいです。

③「瞬間英作」できるようになれば、その内容も自然とライティングできるようになる。

その逆はありません。

つまり「ライティング」できたからと言って、「即スピーキング」できるとは限りません。

まとめ

 速読英単語シリーズ  学習基本スタイル 

STEP1 初めてふれる英文の内容を把握するよう努める(問題を解く意識)

   「黙聴」と「黙読」

STEP2 内容の徹底理解(インプット)

   「ディクテーション」と「精読」

STEP3 英語回路をつくるトレーニング(インプット)

   「シャドーイング(リピーティング/オーバーラッピング)」と「音読」

STEP4  反射的に英語を口にする(アウトプット)

   「瞬間英作」

これが長文題材をつかった、学習の概観です。

基礎がまだできていないから、アウトプットの訓練はやらなくていいという方は、「瞬間英作」までやらなくてもいいです。

ただアウトプットの訓練もすれば、より基礎の強化は望めるでしょう。

ぜひ実践してみてください。

今回の記事は以上です。

最後までご覧くださりありがとうございます。

― To the Finest Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました