ワーキングホリデー体験談

はじめに

こんにちは、孤独なライターです(^^♪

この記事は、「私のワーホリ体験談」です。

ワーホリを通して、私の英語学習の考え方は変わりました。

つまりワーホリに行ったことは、私の人生にとって大きな転換点となりました。

ワーホリでの一番大きな発見は、「現地に行く前に、自国にいながら外国語を習得する必要性」です。

これは、外国で一定の期間滞在しなければ気づけない事実でした。

この記事では以上のことも含めて、私のワーホリの体験を綴っていこうと思います。

まず何を目的として英語圏に渡航したのか、所持金はいくらだったのか、どんなところで働いたのか、などなどいろいろ振り返ってみます。

現地に行ってみて改めて実感したことは、日本って食べ物が美味しくて、平和でいい国なんだなぁということ。

しかしそれと同時に、日本って超ストレス社会だと感じたのも正直なところです。

決して日本にいるだけでは気づけないことに気づけたといういことで、ワーホリに行って正解でした。

それでは、私のワーホリ体験を振り返っていきます。

何を目的に海外に行ったのか

私は大学在学中から、欧米圏の国に留学することを夢みていたわけで、ワーホリという手段を選んでそれがようやく実現したのが、31歳の時でした。

いわゆる「ギリホリ」っていうやつですね。

生活が苦しく資金を貯めるまでに年数がどうしてもかかったというよりは、ダラダラが続いた後、「年齢制限があるからそろそろお金貯めなきゃな」って動き始めたのが28歳の時です。

とはいってもそこまで貯金せず、所持金50万でカナダに渡航しました。

私は高校の時、大手予備校のカリスマ英語講師の授業をみて、英語講師の仕事に興味を持つようになりました。

それでもっと英語を勉強したいと、大学では公立大の外国語学部に進学しました。

大学では、英語は英語でも「英文法のみ」勉強してました

大学では留学する学生がたくさんいたので、私も留学に関心を持つようになり、英語講師になるためには英会話をペラペラ話せるようにならなければいけないと思い、自分も資金を貯めて留学しようとなったのです。

22歳から抱いた夢でした。

実際に海外に行くまで8年もかかりましたが……(笑)

ということで私の海外渡航の目的は、英語講師になるために「英会話のスキルをあげること」でした。

漠然とした目的ですが、正直申し上げますと異文化を学ぶことには興味がありませんでした。

それよりも自分が今まで培ってきた英文法力で、どこまで英会話ができるのか?…ということに関心がありました。

実際に海外を生活してみて

英文法をしっかり体にしみこませていれば、現地の環境にドップリ浸かっているうちに英会話ができるようになると思って渡航。

結論から先に申しあげますと、それだけでは足りませんでした。

何が一番足りなかったのか?…..「発音」です

それまで私は英語に関して、発音の訓練はほとんどしてきませんでした。

「母音」の場合も「子音」の場合も、日本語と英語では大変違いがあるものでして、簡単な馴染のある英単語でも現地の人が喋れば聞き取ることができないことが多々ありました。

さらに日本人に馴染みのある英単語をこっちが喋っても伝わらないことがしばしば。

例えば 、「健康」を意味する ‘health’ 。

「ヘルス」と言ってもわかってくれず、こんな簡単な単語でも発音がまともでなければ伝わらないもんなんだなぁー、と発音の重要性を認識した次第です。

文法と同時に発音訓練が重要だと、この時思いました。

もし私が英語に興味をもった時から、英語の発音を勉強して海外にお邪魔していたら、もっと違う現地生活を過ごせたのではないかと思います。

ワーホリを通して学んだこと

ワーホリで学んだこと。

1つ目は、日本は食と治安の良さに恵まれているということ。

2つ目は、日本人は細かなところにまで目を配らせることができるということ。

だからこそ「オモテナシ」をすることができ、そしてだからこそ嫌なことにも気づいてしまって、すぐ愚痴をこぼしてしまうんだなーと思いました(笑)。

3つ目は一番大きな発見でした。

「外国に行く前に、日本で英語をある程度は話せるようになるべき」ということです。

留学・ワーホリするなら、ある程度英語が話せるようになってから

これから留学する方は、とにかく日本で英語を勉強してください。

「現地にいけばなんとかなる」という考え方は、今すぐやめてください。

わたしはワーホリ行く前は、行けば自然と英語が身につくから何とかなると思っていましたが、それは大間違いでした。

現地の人間は話せない人を、そこまで相手にしません

確かに欧米圏の方はアジア圏よりフレンドリーです。ですがあまり英語を喋れない人が、頑張って文章を話すまで気長に待ってはくれません。

そうです、現地の人が話相手になってくれるくらいの英語力をつけるしかありません。

そのファーストステップは、やはり「英語の基本」を自分独りで鍛えることではないでしょうか。

そしてそれは日本で充分できること。

教材があれば、場所を問わないわけですから。まずは座学です。

ご自身の部屋の、昔から使っている古い机の上でできるのです。

むしろ「文法」「発音」という基礎は、海外の語学学校ではなく日本の参考書を使って日本語を通して学習するべきです。

海外の語学学校に行っても、英語を知らない初級者が英語を通して文法を覚えようとすると、間違って覚える危険があるからです。

初級者は、日本語を通して英文法を正しく知りましょう。

将来留学して英語を話せるようになりたいといった目標をもってる方も多いかと思います。

素晴らしい目標です。

海外に行けば人生観が変わるし、一生の思い出ができるのは確実です。

それをよりたくさん実現できるかは、現地に行ってネイティブたちとどれだけ友達になったり交友関係をつくれるかにかかっています。

海外にいって交友関係を広められるかは、語学力にかかっています。

あまり話せなくても、できることはできますが、より現地の言葉を話せたほうが交友関係が広まりやすいのが事実です。

だからこそ、前もって日本で英語の基礎から勉強して、そこからある程度英語を話せるようになるべきなんです。

そしてまた、留学しなくてもそこまでの力がつけば、英語ができる人だという評価を得ることができます。

海外に行かず日本で英語を覚えて、日本国内で英語を使って仕事をすることも十分可能です。

「日本でこそ英語を学ぶべきである」のは、なにも海外に行くためではありません。

日本で英語を使って将来仕事をするためにもつながるのです。

まとめ

ワーホリを通して学んだこと。

      英語はまずは日本でこそ学ぶべき

ひと言でいうとこれに尽きます。

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ー To  the  finest  hour  ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました