英語と日本語の文法的な大きな違い  ― 英語は語順が全て ー

文法

外国語を勉強するにあたって最初に重要になってくることが、母国語と習得する第2言語は根本的に何が違うのか、ということを知ることです。

・文を構成するもととなる文法の、両者の大きな違いは何なのか?

・音を使って文を発する発音の仕方の、両者の大きな違いは何なのか?

こういう根本的なことをから知る必要があります。

ということで、今回の記事のテーマは、、

日本語と英語の「文法の根本的な違い」について

英文法に関する記事で最初の記事であるため、文法に関して最も重要な内容です。

そもそも英語と日本語の大きな違いを知らなければ、英語学習は始まりません

そしてこの超大事な英語の基礎中の基礎を、学校の英語授業では教わらないのが現状なのです

英語は「語順にルールがある」ということ!

英文法を学ぶにあたり、最も知らなければならない鉄則です。

語順によって意味が変わるという英語の特性を、日本語と比較してみていきます。

 

f:id:solitarywriter:20200502162248j:plain

英語の文は、単語の順序(=語順)にルールがある。

例文を使ってまずは日本語をみていきます。

「 私は英語を勉強する 」 → 「主語」+「目的語」+「動詞」

「 私は勉強する英語を 」 → 「主語」+「動詞」+「目的語」

「 英語を私は勉強する 」 → 「目的語」+「主語」+「動詞」

「 英語を勉強する私は 」 → 「目的語」+「動詞」+「主語」

「 勉強する英語を私は 」 → 「動詞」+「目的語」+「主語」

「 勉強する私は英語を 」 → 「動詞」+「主語」+「目的語」

これらの例文を見てわかる通り、言葉の語順が違っても意味の大きな違いがありません。

そうです、日本語という言語には、語順に厳しいルールがありません

「~は」「~を」といった「助詞」がつくことにより、単語が文の中でどういう役割になるのかが決まるのです。

「私」が「主語」、「英語」が「何を?」にあたる「目的語」、「勉強する」が「動詞」になります。

では、上の例文を英語に変換するとどうなるのか見ていきます。

「 I (私は)  study(勉強する)  English(英語を). 」

→ 「主語」+「動詞」+「目的語」

見てください。

「主語」→「動詞」→「目的語」 という語順になってますよね。

では日本語のように、この語順を並べ替えることができるかというと、、

「できません」

英語という言語は、語順というものがあります。

「配置される位置」によって、文の中でどういう役割になるのかが決められるのです

例えば、、

Nancy  likes  John . 」 → 「 ナンシージョンが好きです。 」
John  likes  Nancy . 」 → 「 ジョンナンシーが好きです。 」

このように、「ナンシー」と「ジョン」の配置場所を入れ替えると、意味が全く変わってしまいます

ではもう1つ例文を、、

「I  gave  him  a  pen .」 → 「私は彼にペンをあげた。」
「I  gave  a  pen  him .」 → 「私はペンに彼をあげた。」             

このように、「him」と「a pen」を入れ替えると、2つ目の例文は意味がチンプンカンプンになります。

「英語は語順にルールがある」というのは、こういうことです。

ちなみに、「I  gave  a  pen  to  him .」であれば正しい英文になります。

「英語は語順が命」です。

ただしここで注意したいことは、英文すべての単語の配置にこのルールが当てはまるということではなく、後に説明します英語の文の主要な要素(「主語」「動詞」「目的語」「補語」)は、正しい位置に配置しなければいけないということです。



まとめ

今回の記事では、英文法の一番大事なルールを見てきました。

長い英文になればなるほど、基本が分かってなければ読んでも理解できないですし、ましてや英作文なんかできません。

単純な英文でも難解な英文でも、同じ文法ルールから成り立っております

では今回のポイントです。

英語は語順にルールがある。
②英語では単語が配置される位置によって、文の中でどういう役割になるのかが決まる。
③特に英文の主要な要素(主語・動詞・目的語・補語)は、正しい位置に配置しなければならない。
④日本語は、単語に助詞がつくことにより、その語彙が文の中でどういう役割になるのかが決まる。

英語初心者の方は、特に最初は以上のポイントを意識して英文法を学んでいきましょう。

今回の内容は英語に関係した全てのことにつながることなので、必ず覚えてください!

基礎的なことから、英文法を学んでいきましょう(^^♪

今回の記事は以上です。

それではまた。

― To  the  Finest  Hour ―

コメント

タイトルとURLをコピーしました