形容詞

今回は、英語の品詞の1つである「形容詞」をピックアップいたします。

しばらく品詞の記事が続いており、そしてまだしばらく品詞のネタが続くので退屈かと思いますが、顔晴っていきましょう。

というのは、品詞のルールを知らなければ、文法の学習を正しく確実にできませんし、そもそも英語をアウトプットなんかできるようになりません。

リスニングとリーディングといったインプットもできるようになりません。

品詞の理解は、英文法のファーストステップです。

今回の記事で学ぶことは、「そもそも形容詞とはなにか?」、そして形容詞の配置の仕方を解説します。

配置の仕方で出てくるキーワードは、「限定用法」「叙述用法」です。

用語自体を覚える必要はありませんが、意味は理解してください。

また同じ形容詞でも、配置場所によって意味が変わってくることについても説明します。

そして最後に苦手な人も多い「分詞」の形容詞についてもやっていきます。

今回の記事で、形容詞の基本的なルールをマスターしましょう!

ではいきます(^^♪

 



形容詞とは?



 

形容詞とは、「名詞」を修飾する詞で、英文法の品詞の1つです。

動詞と名詞よりは「文の要素」としての重要度は落ちるものの、それらに次ぐ重要な文の要素です。

「机」「財布」「本」といった名詞だけでは、どんな「机」「財布」「本」なのかわかりませんよね?

そこに「名詞に具体性を持たせる」のが、形容詞になります。



形容詞の配置場所



形容詞は名詞を修飾するので、名詞のそばに配置されます。

名詞の直前か後です。

形容詞が「限定用法」として機能する場合、形容詞は名詞の「直前」または「直後」に配置されます。

第2文型のように形容詞が補語として機能する「叙述用法」は、形容詞は名詞の後(動詞の直後)に配置されます。



形容詞が「限定用法」として働く場合



前回の記事の「限定詞」と同じように、名詞を修飾するとき「数多くあるものの中でも、~なもの」といったイメージが「限定用法」です。


形容詞を名詞の直前に置く「限定用法」


・「a  cut  dog 」→「(ある)カワいい犬」

  形容詞+名詞

犬は犬でも「カワいい犬」と犬を限定しております。

・「an  interesting  story」→「(ある)面白い話」

形容詞+名詞

話は話でも「面白い話」と話を限定しております。


形容詞を名詞の直後に置く「限定用法」


2パターンあります。


(1)形容詞のまとまりが2語以上の場合(形容詞句)


形容詞が1語の場合は、名詞の直前に配置すればいいのですが、2語以上の形容詞句になって名詞を修飾する場合、その形容詞句は名詞の直後にまとめて配置されます

(「句」については「句」の記事を参照)

例えば

「I  found  a  bag  full  of  apples. 」

「リンゴがたくさん入った袋をみつけたよ。」

このように、袋は袋でも「リンゴがたくさん入った」袋と、「限定的に」袋を修飾してます。

2語以上の形容詞句として、名詞を修飾しているので、名詞の直後から名詞を修飾してます。


(2)特定の名詞を修飾する場合


特定の名詞とは、「something」「anything」「someone」「anyone」「somebody」などです。

例えば

・「Do  you  have  anyone  special  in  your  mind ?」

「誰か好きな人でもいるの?」

・「He  showed  us  something  interesting. 」

「彼は我々に面白いものを見せてくれた。」



形容詞が「叙述用法」として働く場合



先のように名詞を「限定的に修飾する」のではなく、名詞を「説明する」のが、「叙述用法」です。

この場合、形容詞が「補語(complement)」として働きます

「叙述用法」が「限定用法」と違うのは、名詞を修飾するのではなく、ただ単に名詞について説明することです。

補語を伴う文型は2つです。

はい、「第2文型」と「第5文型」です。

ではこの2つを使った叙述用法の例文です。

・「 She  is  very beautiful.」→第2文型

「彼女はとても美しい。」

・「I  found  it  very  difficult.」→第5文型

「それはとっても難しいとわかった。」

以上が「叙述用法」として機能する形容詞の使い方です。



どの形容詞も「限定用法」「叙述用法」で使えるわけではない



限定用法でしか使われない形容詞の例


「only」「main」などです。

「He  is  my  only  son.」→限定用法

「彼は俺の一人息子だ。」

とは言えますが

He  is  only.」→叙述用法だが、、

とは言えません

「only」「main」などは、そもそも限定的な意味を含む形容詞だから、限定用法でしか使われません。


叙述用法でしか使われない形容詞の例


「asleep」「afraid」などです。

「He  is  asleep.」→叙述用法

「彼は寝ている。」

とは言えますが

「He  is  a  asleep  man.」→限定用法だが、、

とは言えません

「asleep」や「afraid」などの形容詞は、そもそも「状態を表す」意味を含んでいるからです。



同じ形容詞でも置く場所で意味が変わるものがある



これの代表例は「certain」です。

・「I’m  certain  that  he  loves  her.」→叙述用法

「彼は彼女を愛していると俺は確信している。」

・「I  had  a  certain  fish  last  night.」→限定用法

「昨日の夜、ある魚を食べました。」

このように「certain」は叙述用法だと「確信している」という意味になり、限定用法だと「ある~」というぼかすような意味になります。


他には「present」

叙述用法だと「出席している」

限定用法だと「現在の」という意味になります。



分詞の形容詞



「分詞」とは、「準動詞」というものの1種で、「『意味的には』文と同等のことを述べるが、『文法的には』文と同等ではない」ものです。

 

「文」とは「SV」を含んだものですが、「準動詞」でつくられた単語のまとまりは「SV」を含まないので、文法上は「文ではない」ということです。

準動詞は、それぞれの動詞がもっている性質(文型)をもとにして、ある程度の長さがある意味を述べることができます。

(ちょっと難しいですよね。準動詞(1)と(3)の記事をご覧ください)


分詞を使った形容詞は、実に間違えやすい分野です。

「感情を表す動詞」をもとにした分詞なんかが、特に間違えやすい。

例えば「surprise(驚く)」「excite(興奮する)」

まず「分詞」は2種類あります。

・動詞に「~ing」をつけた「現在分詞」

→「~している人・モノ」といったイメージ。

・動詞に「~ed」をつけた「過去分詞」

→「~された人・モノ」といったイメージ。

この2つから考えれば、「ある驚いている人」を英語に変換すると

「a  surprising  man」

となりそうですが、答はブーです。

「a  surprised  man」

が正解です。

実は英語では、「ある感情をもつ」ということは、「なにか原因があって、ある感情をもたらされたと捉えられます。

だから「驚いている人」「興奮した人」を、分詞を使って英語に変換すると、元の動詞を、過去分詞」にして形容詞化して名詞を修飾させます。

逆に「人にある感情をもたせる原因となったモノ」を修飾する時には、元の動詞を「現在分詞」に変形させます。

「a  surprising  information」

→「ある驚きの情報」

といった感じです。

 



まとめ



以上形容詞の基本ルールをみてきましたが、いかがでしたか?

解説した内容以外の形容詞の云々の話はもちろんあるのですが、最初から詰め込もうとしても負担がかかるだけなので、まずは基本ルールからやっていきましょう。

では今回のポイントを復習します。


①形容詞とは、「名詞のみ」にかかる品詞名詞に具体性をもたせる


②形容詞の使い方は、「限定用法」「叙述用法」。限定用法は、「名詞を修飾」、叙述用法は、「名詞を説明」


限定用法のとき、形容詞の配置パターンは2種類。名詞の直前か直後


直前の場合は、形容詞が句や節でもない場合。つまり、形容詞句でも形容詞節でもない場合。


直後の場合は、形容詞が形容詞句や形容詞節である場合と、修飾するターゲットが特定の名詞(somethingなど)の場合。


叙述用法のとき、形容詞の配置パターンは、第2文型であれば「SVC」ということで、動詞の直後。第5文型であれば「SVOC」ということで、目的語の直後。

 


⑦同じ形容詞でも、限定用法と叙述用法で意味が異なるものがある(certain  presentなど)。


⑧限定用法でしか使えない形容詞(onlyなど)や、逆に叙述用法でしか使えない形容詞(asleepなど)がある。


⑨「分詞」の形容詞があるが、その解説は『準動詞(3)分詞』の記事で。


もう一度言いますが、「形容詞は名詞のみにかかる」品詞です。

今回の記事は以上でございます!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた(^^♪

 

― To  the  Finest  Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です