助動詞(3)ー「should」「shall」「had better」の違いは?

こんにちは、孤独なライターです(^^♪

今回の記事も引き続き、具体的に助動詞をみていきます。

以前の「助動詞」の記事は以下のリンクをみてください。

助動詞(1)ー話者の主観・心理を反映 助動詞の原イメージを大切にするー

助動詞(2)ーメジャーな助動詞 「現在形」と「過去形」の違いー

前回の記事で学習した助動詞と違って、今回扱う助動詞は「過去形がないこと」と、「完全な助動詞ではないけど、助動詞相当のもの」が出てきます

前回の助動詞よりはマイナーなものばかりですが、普通に日常会話に出てきそうなものばかりですので、覚えていただきたいと思います。

いずれ助動詞(相当)ですので、それぞれの基本イメージがあります

今回学習するのは、「should」「ought  to」「shall」「had  better」「need」「used  to」「dare」です。

因みに「need」と「dare」は、助動詞だけでなく動詞としても使うことができます

「should」「shall」「had  better」は、「アドバイスする」という共通の意味がありますが、その強さ具合が異なったりと、少しニュアンスが変わってきますので、そのあたりも留意しながら似てる助動詞を比較しつつ、基本イメージをつかんでいってください。

では、さっそくいきましょう。

「should」「ought  to」

 基本的イメージ    →    「進むべき道」

「should」には「過去形」がありません

アドバイス(~すべきだ)

・「You  should study  English  harder.」
「君はもっと英語を勉強するべきだ。」

「するべきだ」と「進むべき道」をアドバイスしています。

一番ポピュラーな「should」の使い方です。

確信(~なはずだ)

・「That  should be  OK.」
「それで問題ないはず。」

万が一(仮定法)

・「Should you  have  any  problem,  just  let  me  know.」
万が一問題があったら、私にお知らせください。」

ought  to    について

「ought  to」は「should」と同じ意味で使われます

・「He  ought  to know  the  truth.」
「彼は真実を知るべきだ。」

「shall」

基本イメージ    →    「進むべき道」

基本イメージは「should」と同じですが、「should」よりも強さが増します

相手の意向を訊く

・「Shall I  open  the  window ?」    →    「申し出る」
「窓を開けましょうか?」
・「Shall  we  dance ?」    →    「提案」
「踊りませんか?」

「私(たち)」の「進むべき道」を提示して、相手の意向に完全に従うイメージです。

確信(~なはずだ)

・「We  shall  fight  on  France.」 by ウィンストン・チャーチル
「我々はフランスで戦うことになるはずだ。」

「Should」よりも強い確信を表します。

法律・契約書など

・「A  shall  pay  the  sum  of  ten  thousands  yen  by  the  end  of  every  month.」
「Aは毎月の末日までに10000円支払わなければならない。」

「had  better」

 基本イメージ → 「緊迫感」

「had  better」は正式な助動詞ではありませんが、助動詞相当の使い方をします。

公式は「had  better  + 動詞の原形」
否定文だと「had  better  not + 動詞の原形」

忠告・命令

・「You  had  better  get  away  from  here  immediately.」
「今すぐここを脱出するべき。」

「should」と同じく「~すべきだ」という意味ですが、「had  better」のほうが「緊迫感」が強いので、「本当に~するべきだ」と強い意味になるのです。

強いアドバイス(~したほうがよい)

主語が一人称(I , we)の時に使われることが多いです。

・「We  had  better  eat  something.」
「俺たちほんと何か食べたほういいよ。」

もう一度言います。

「should」よりも「緊迫感」が強いのが「had  better」

「need」

 基本イメージ → 「必要」

基本イメージってほどでもないですが、「need」の意味は「必要」です。

「need」は動詞としても、助動詞としても使えます

でも助動詞として使うことはあまりありません

そして助動詞として「need」に過去形はないので、過去の文にするときは、「動詞」として用い「needed」とします。

動詞として

・「You  don’t  need to  worry  about  it.」
「それに関して心配する必要はない。」

助動詞として

・「You  needn’t worry  about  it.」
「それに関して心配する必要はない。」

「used  to」

 基本イメージ → 「現在と過去との対比」

助動詞相当のフレーズで、「以前は~だったなぁ」という意味で、「過去の習慣や状況」を表現します。

・「I  used  to  go  fishing  when  I  was  a  child.」
「子供の頃、釣りに行ったものだ。」(過去の習慣)
・「There  used  to  be  bank  here.」
「以前はここに銀行があった。」(過去の状況)

「dare」

 「dare」 → 「あえて~する」「思い切って~する」

「need」と同様に「助動詞」かつ「動詞」で使われます

動詞として

・「I  must dare to  fight  against  him.」
勇気をもって彼と対決しなければならない。」

助動詞として

・「Dare you  kiss  her ?」
「彼女に接吻する勇気あるかい?」

まとめ

以上で助動詞に関する内容は終了となりますが、みなさんいかがでしたか?

とにかく助動詞の「文法的使い方」と、助動詞の「基本イメージ」を知ることは必須です。

私のブログで扱ったもの以外にも助動詞(相当)があるかもしれませんが、このブログで出てきた助動詞だけで十分です。

では今回のポイントをまとめます。

①「should」の基本イメージは「進むべき道」。そこから「~するべきだ」「~なはずだ」という意味へと広がっていく。また仮定法として「万が一」という意味もある。過去形はない
②「ought  to」は「should」と同じ意味。「ought  to」も過去形はない
③「shall」の基本イメージは「進むべき道」「そうするしかない」という意味が「should」よりも強い。「もう道は1つしかないよね」というイメージ
④「had  better」の基本イメージは「緊迫感」。「~するべきだ」という意味があり「should」とかぶるが、「had  better」のほうが「緊迫感」があり、より強いアドバイス(=忠告)になる
⑤「need」は助動詞・動詞として使えるが、動詞として使われることのほうが多い。助動詞としての「need」には過去形がない。動詞としてなら過去形にできる
⑥「used  to」の基本イメージは「現在と過去との対比」で、「以前は~であった」という意味。過去の状況や習慣を言い表す。だからすでに形が過去形になってる
⑦「dare」は「need」と同じく、助動詞・動詞で使える。「あえて~する」「思い切って~する」という意味

もし他に助動詞がありますよという方がおりましたら、ぜひ教えていただけましたら幸いです。

今回のストーリーは以上です。

最後までお読みいただき、お疲れ様です。

― To  the  Finest  Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。