準動詞(1) 原形

こんにちは、孤独なライターです(^^♪

今回の記事から3回に分けて、「準動詞」という意味不明の用語についてみていきます。

おそらく「準動詞」ときいても、なんのことかわからない方が多いのではないかと思います。

私の経験から言っても、予備校で英語を一番勉強していた時も、そして大学(外国語学部英米学科)のときも、「準動詞」という用語について勉強をした記憶はありません。

(社会人になってから、参考書を通して初めて知りました)

ですが準動詞の中身を学習していけば、聞いたことがある関連用語が出てきます。

因みに、準動詞に区分される文法事項は高校英語です。

中学生のみなさんにとっては、大変かと思いますがいずれ学習することなので、当ブログでトライしていただければ幸いです。

それから中学英語で習う「現在・過去進行形」と「受身表現」も、準動詞を使っています。

準動詞ができるようになる大きいメリットは、長い英文を理解する・使えるようになることです。

今回の記事の流れはm、まずは「準動詞とはなにか?」ということについて解説していきます。

次に準動詞の性質と種類についてやっていきます。

そして最後に準動詞の1つである「(動詞の)原形」について解説していきます。

準動詞に強くなれば、受験生のみなさん、並び替え問題や英作文もよりできるようになりますので、顔晴りましょう。

ではいきます。





準動詞とは?



「準動詞」は「動詞」と深い関わりがあります

「準」とつくぐらいなので、動詞と密接です。

それは「動詞」の機能をもちながら、しかし文中では「品詞上動詞に分類されず」、名詞(句)・形容詞(句)・副詞(句)として働くものです。

品詞的には完全な動詞ではないけれども、「動詞と同じような使い方をしますよ」

というわけで「準」「動詞」と名前がつけられているわけです。

要は、動詞を使って名詞(句)・形容詞(句)・副詞(句)を作るためにあると。

だから、動詞をある程度知っていなければならないんです。

動詞を知らなければ、準動詞もわかりません。

でも最初は、中学レベルの動詞を知っているくらいで大丈夫かと。

日常会話だったら、中学英語で十分と言われているくらいだし、、

話がペッコばり脱線、、本線に戻します。


例を1つ出します。

「I  study  English.」

「僕は英語勉強します。」

この1文では、動詞が「study」で目的語が「English」ですね?

では動詞「study」を準動詞化させた文を2ついきます!

①「I  like  studying  English.」

「僕、英語勉強するの好きだよ。」

この英文の動詞は?、、「like」ですね?

そして「like」に対する目的語は?、、、「studying  English」です。

つまり、、「英語を勉強すること」。

ここでは、「動詞」の「study」を「準動詞化」させて名詞句を作ってるわけです。


②「To  study  English  is  important.」

英語を勉強することは重要だ。」

この例文の動詞は「is」です。

そして「is」に対する主語は、「to  study  English」

つまり「英語を勉強すること」。

①の例文と同じく、準動詞で「名詞句」をつくって「主語」にしているわけです。



準動詞の性質



基本時制(過去形・現在形)は考慮しない


例えば「これは過去の文だから、準動詞にしても過去形にしなきゃないのかな、、

だから準動詞にしても、-ed を語尾につけなきゃないのかなぁ?」

答えは、、「NO」です。

過去のことだから、準動詞にしても過去形で表すといったことはありません。

文の内容が「過去か現在か」といったことを示すのは、「準動詞」ではなく

あくまで「動詞/助動詞」です。

簡単に言うと、、

動詞をもとに「準動詞」を考えるとき、「過去形」か「現在形」なのか、といったことは考えないということです。


人称によって形が変わるということはない


動詞を準動詞にしたとき、主語が「私」とか「彼女」とか「彼ら」だから、それに合わせて一般動詞の語尾に「s」をつけることはしません

準動詞化するにあたって、人称の違いは考慮に入れません。



準動詞の種類



4種類です。


原形


準動詞の1つ、「原形」です。

よく「動詞の原形」と呼ばれます。

過去形の「ーed」、三人称単数の「ーs」をつけない、なーーんにも動詞につけない「動詞そのままの形」です。

「動詞そのもの」です。


動名詞


「動名詞」とは、「動詞」を「名詞化」した「準動詞」です。

名詞にすることで、その部分を「主語」「目的語」にさせることができます

元の動詞を「ーing」形にかえて「動名詞」にします。


不定詞


「不定詞」の公式は、「to + 動詞の原形 」

基本イメージは「これから先のこと(可能性)」

動詞を不定詞にすることで、その部分を「名詞句」「形容詞句」「副詞句」にすることができます


分詞


不定詞が「これから先のこと」をイメージするのに対して、「分詞」の基本イメージは、「実際の状態や行為・現実」です。

そして「分詞」には2種類


1つ目は「現在分詞」

イメージは「実際に起こっていること」です。

動詞が「ーing」化(動名詞と同じ)されて、分詞化されます。


2つ目は「過去分詞」。

イメージは「実際にされた」です。

動詞が「ーed」化(これは規則変化)されて、分詞化されます。

まずは準動詞の1つ「原形」をみていきます(^^♪



準動詞 「原形」



準動詞の1つ目、「原形」は3パターン。


助動詞の後は「動詞の原形」


主語が何であろうと、助動詞がきたら「 助動詞 + 動詞の原形 」です。

・「She  will  be  happy  sometime」

助動詞 + 動詞の原形

「彼女、いつか幸せになるだろう。」

・「Ken  must  go  immediately.」

助動詞 + 動詞の原形

「ケンは今すぐ行かなければならない。」

主語が三人称単数だから「goes」ではなく、「must」という助動詞があるので動詞は原形の「go」になります。


知覚動詞・使役動詞の後にくる準動詞は「原形」


・「知覚動詞」………「see」「hear」など。

 「見たり」「聞いたり」するといった類の動詞です。

・「使役動詞」………「make」「have」など。

 「人/ものに、~させる」という意味の動詞です。

文型は「第5文型」で「S  V  O  C」の形

「 S は O=C である状態を V する 」が第5文型の意味でしたね。


知覚動詞・使役動詞では、「 C 」のところに「(動詞の)原形」がきます。

・「I  saw  him  get  into  a  car.」

「彼が車に乗り込むところをみた。」

「get」は「(動詞の)原形」です。

・「I  made  him  read  the  book.」

「彼にその本を読ませた。」

「read」は「(動詞の)原形」です。


命令文


・「keep your  station  clear.」

「自分の持ち場をきれいにしとけ。」

命令する相手は必ず「you」です。

(第三者に「指令」はくだせますが、「命令」はどう考えてもできません。)

この場合も、動詞は原形です。



まとめ



以上準動詞の基本事項と「動詞の原形」をみてきましたが、いかがでしたか?

準動詞を使えるようになると、1文が長い英文を理解できるようになります。

というのは英文を読むとわかりますが、準動詞によって英文が長くなることがよくあるからです。

では今回のまとめに入ります。


①準動詞は、動詞の機能をもつが、品詞上動詞には分類されない。動詞の機能でまとめられた句が、名詞句・形容詞句・副詞句として働く


②要は動詞を使って、動詞句・形容詞句・副詞句をつくれる。


③準動詞の句をつくるとき、基本時制(現在形・過去形)については、考慮しない


④準動詞の句をつくるとき、人称によって動詞の語尾に「-s」をつけたりしない。人称は関係ないということ


⑤準動詞の1つ「動名詞」とは、動詞を使って「名詞句のみ」をつくるもの。「doing~」の形になる


⑥準動詞の1つ「不定詞」とは、動詞を使って「名詞句」「形容詞句」「副詞句」をつくるもの。「to  do~」が不定詞の公式。基本イメージは「これから先のこと」


⑦準動詞の1つ「分詞」とは、動詞を使って「形容詞句」「副詞句」をつくるもの。分詞は2種類。「doing~」の形をとる「現在分詞」と、動詞の語尾が「ーed」になる「過去分詞」がある。分詞の基本イメージは「実際の状態や行為といった現実」


⑧準動詞の1つ「(動詞の)原形」とは、動詞になにもつけないそのままの形。原形を使うときは、「助動詞の直後」「知覚動詞・使役動詞の後(補語として)」「命令文の動詞」


「準動詞 原形」は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた(^^♪

― To  the  Finest  Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です