準動詞(3)準動詞を理解すれば、長い英文がわかる ー 分詞 ー

こんにちは!

今回の記事は準動詞の1つ「分詞」について!

「準動詞」の記事は全部で3つあるので、他の2つのリンクを載せます。

準動詞(1)準動詞を理解すれば、長い英文が読めるようになる ーまずは準動詞の1つ「動詞の原形」ー

準動詞(2) 準動詞を理解できれば長い英文がわかる ー 動名詞・不定詞 ー

「分詞」自体は中学英語から出てきますが、メインは高校英語で、これもまた苦手な人が多い分野なんです。

でもそれはちゃんと教わっていないから。

分詞の文法事項はあまり難しくありません

当ブログで理解していただけるように顔晴ります。

ちなみに、中学英語で習う「進行形」と「受身表現」は、実は分詞を使った表現なんです。

では今回の記事の流れについて。

①まずは「分詞とはなにか」について

ここで「動名詞・不定詞」と「分詞」の区別がつけられるかが1つのポイントです。

②次に分詞には2種類あり、先に「現在分詞」について

③そして「過去分詞」について

今回の記事の2つ目のポイントは、「過去分詞」と「現在分詞」を使い分けられるかどうか

ではやっていきます。

分詞とは?

「分詞」とは、「動詞」をもとにしてつくられた「準動詞」の仲間です。

これは他の準動詞と同じことですが、ではどう違うのでしょうか?

特徴を挙げていきます。

「分詞」は「名詞句」にはならない。これは「動名詞」と違う。
「分詞」は「形容詞句」「副詞句」として働く。これは「不定詞」と同じ。
では「分詞」と「不定詞」は何が違うのか?
基本イメージが違います!
「分詞」の基本イメージは、「実際の状態や行為」「現実感」。
「不定詞」の基本イメージは、「これから先のこと」。つまり「まだ起こっていない」こと。
この基本イメージの違いがあります。

そして分詞には「2種類」!!

「現在分詞」と「過去分詞」。

実はですね、、

・「現在分詞」は、中学英語で出てくる「現在進行形」の「ーing」形のこと。

・過去分詞は、中学英語で出てくる「受身表現」の「ーed」形のこと。

なんです。

2つの分詞の使い分け方なんですが、これは高校英語でよく生徒が間違う分野でもあります。(でも難しくありません。ちゃんと教わっていないだけです)

どう使い分けるかというとポイントは、、

修飾される名詞が、分詞のもとになる動詞どう関係するのか?

修飾される名詞 → 動詞に対して「~している、する」なのか

修飾される名詞 → 動詞に対して「~される」なのか

つまり

修飾される名詞 → 動詞に対して「主語」という「動作主」なのか

修飾される名詞 → 動詞に対して「目的語」という「影響を受ける側」なのか

そして

修飾される名詞 → 「~している、する」「動作主」ならば『現在分詞』

修飾される名詞 → 「~される」「影響を受ける側」ならば『過去分詞』

 

こう区別します。

実際に例文をみていきます。

「The  boy  sings  a  song」 → 「その少年は歌を歌います」

この文をもとに現在分詞・過去分詞の例文をつくっていきます

・「The  boy  singing  a  song  is  三郎.」
歌を歌っている少年は、三郎です。」

この場合は「現在分詞」です。

動詞「sing」に対して「The  boy」は「主語」「動作主」です。

つまり「The  boy」と「sing」は能動関係』です。

「能動関係」であれば、「現在分詞」を使う

この文では、現在分詞句の「singing  a  song」が、「The  boy」という名詞を後ろから修飾してます

では次の例文。

・「The  song  sung  by  the  boy  is  famous.」
その少年が歌う歌は、有名だ。」

この場合は「過去分詞」です。

動詞「sing」に対して「the  song」は「目的語」「影響を受ける側」です。

つまり「the  song」と「sing」は『受動関係』です。

「受動関係」であれば「過去分詞」を使う。

以上から準動詞のもとになる「動詞」と修飾される「名詞」の関係によって、「現在分詞」か「過去分詞」が決まります

では、具体的に現在分詞と過去分詞を解説していきます。

現在分詞

形容詞的な用法

限定用法

・「The  singing  girl  is  my  girlfriend.」
歌っている女の子は、おれの彼女だよ。」

「girl」「sing」は「能動関係」です。

だから「現在分詞」を使います。

・「The  boy  standing  over  there  is  三郎.」
あそこに立っている少年は、三郎です。」

基本的に限定用法は「前から」名詞を修飾ですが、分詞が「句(2語以上のSVがない語のまとまり)」の場合は、「後ろから」名詞を修飾します。

叙述用法

・「He  was  standing  over  there.
「彼はあそこに立っていた。」

この現在分詞を使った叙述用法は、中学校で習ういわゆる「進行形」のことなんです。

この例文は「過去進行形」を使ってます。

副詞的な用法

動詞を修飾

・「He  came  in  smiling.」
「彼は笑顔で入ってきた。」

「smile」と「he」は「能動関係」なので「現在分詞」(~しながら)を使います。

分詞「smiling」が動詞「came」を修飾してます。

文全体を修飾 → 「分詞構文」と呼ばれる

現在分詞を使った「分詞構文」です。

「分詞構文」の役割は、「副詞句」として文全体に情報を与えて文全体を修飾すること。

分詞のもともとの「動詞」と修飾する文の「主語」が、「能動関係」ならば「現在分詞」を使って「分詞構文」をつくります。

・「Frankly  speaking,  I  think  he  is  being  idiot.」
「はっきり言って、彼はバカなことをしている。」

「I」と「speak」は「能動関係」なので、「現在分詞」を使います。

過去分詞

形容詞的な用法

限定用法

・「The  stolen  bicycle  was  found.」
盗まれた自転車がみつかった。」

「stolen」は動詞「steal」の過去分詞です。

「bicycle」と「steal」は「受動関係」です。

だから「過去分詞」となります。

・「This  is  the  present  given  by  him.」
「これは彼からもらったプレゼントです。」

「the  present」と「give」は「受動関係」なので「過去分詞」を使います。

叙述用法

・「He  is  loved  by  her.
「彼は彼女から愛されている。」
・「I  was  surprised  at  the  news.」
そのニュースを知ってビックリした。」

これらの過去分詞を使った叙述用法は、中学英語で習ういわゆる「受身の文」です。

そうです「受動態」というやつです。

副詞的な用法

動詞を修飾

・「He  made  a  speech  surrounded  by  many  audiences.」
「彼は、たくさんの聴衆に囲まれながら演説をした。」

「he」と「surround」は「受動関係」なので「過去分詞」を使います。

「surrounded  by  many  audiences」が副詞句として、動詞「made」を修飾します。

文全体を修飾 → 「分詞構文」と呼ばれる

「分詞構文」は苦手な高校生も多いですが、大丈夫です。

分詞の元となる「動詞」と「修飾される対象」が受動関係」なのか「能動関係」なのかをわかればいいだけですから。

つまり分詞のもともとの「動詞」と修飾する文の「主語」が、「受動関係」なのか「能動関係」なのかを判断するだけです。

・「Judged  from  common  sense,  his  behavior  is  a  little  rude.」
常識的にみると、彼の態度は少し無礼だ。」

「his  behavior」と「judge」は「受動関係」なので、「過去分詞」にします。

過去分詞句「Judged  from  common  sense」という「副詞句」が、「his  behavior  is  a  little  rude」という「文全体」を修飾してます。

まとめ

以上準動詞の「分詞」をみてきましたが、いかがでしたか?

現在分詞と過去分詞の使い分け方のポイントを把握できましたか?

「進行形」は現在分詞が使われていて、「受身表現」は過去分詞 が使われた準動詞の1つであるということに、「へぇーーなるほど」と思われた方がいれば嬉しいです。

では今回の記事のまとめに移ります。

動詞を基にして成り立った分詞句は、名詞句にはなれない。これは「動名詞」と決定的に異なる
②分詞句は、形容詞句・副詞句として働く。これは「不定詞」と共通する。
③分詞の基本イメージは、「実際の状態や行為」「現実感」。ここが不定詞と決定的に異なる。
④分詞は2種類。「現在分詞」と「過去分詞」。
⑤この2つの使い分け方は、「分詞によって修飾されるターゲット」が、「分詞をつくる基の動詞」と、どういう関係かで決まる。
⑥「どういう関係か」とは、「修飾されるターゲット」が「~している・する」といった動詞と『能動関係』なのか、「~される」といった動詞と『受動関係』なのか、ということ。
『能動関係』ならば「現在分詞」を、『受動関係』ならば「過去分詞』を使う
⑧分詞句が形容詞句であれば、「限定用法」と「叙述用法」がある。現在分詞の叙述用法は「進行形」のことで、過去分詞の叙述用法は「受け身表現」のこと。
⑨高校で習う「分詞構文」とは、副詞句として文全体を修飾するもの。日常会話ではあまり使われない。

「準動詞(3) 分詞」の解説は以上!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた!

― To  the  Finest  Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。