「発音の学習」と「孤独なライター」

f:id:solitarywriter:20200430174425j:plain

私は、英語自体に興味を持ち始めたのが、高校2年生の時でしたが

英語は英語でも、「文法」に焦点を当てて学習するばかりでした。

いまは、文法と同じくらい「発音」も重要だと認識しております。

今回の記事では、なぜ「発音が大事なのか」

という認識に至った経緯を振り返ってみます。





高校時代



私が高校3年生の年まで、センター試験の英語に「リスニング問題」はありませんでした。

だから高校の英語の授業でリスニングをやった記憶があまりないのです。

学校の先生から「こうすればリスニング力が向上する」といった指導が特にあるわけでもなく、リスニングを鍛える訓練はほぼ皆無でした。

センター英語の、「アクセント問題」は勘で答えてました。

わたしは2年間浪人しましたが、それまでやっていなかったリスニングがセンター試験に導入されるようになり、やはりリスニング問題でつまずく羽目になりました。

といってもリスニング対策を真剣にやらず、わたしが好きな英文法ばっかりやっていました。

英文の単語1つ1つ品詞分解することに夢中になってました(笑)

はい、ということで大学入学するまでは、「発音学習」は皆無でした。

恥ずかしいですが、なにもやった記憶がございません。

「音読」すらしませんでした。



大学生からワーホリ前まで



大学生になってからは、ぽつぽつ音読するようになりましたが、それでも自信をもって「発音練習してます」と言えるほどでもありませんでした。

確かに、きれいにネイティブっぽく英語を話せたらかっこいいなという憧れはありました。

ワーホリを使って1年間海外に住みたいと思うようになったのは、大学生になってからで、現地に一定期間住めば自然と発音がきれいになれると思っていたので、ワーホリ前から本格的に「発音」に取り組むことはしなかったのです。

文法ができれば、現地で自然と英語の全てにおいて力が向上すると認識してました

しかし、これは大きな間違いでした。



ワーホリ中



ワーホリを経験したことで、私の英語学習の見方が変わりました。

一番大きく変わったことは、「英語は日本で十分にモノにできる」ということです。

それまでの私の考えは、「英語は海外に行かなければ身につかない」ということでしたから。

では具体的に英語学習の見解で変わったことといえば、「発音を鍛えることは、文法と同じくらい重要なこと」だということです。

ワーホリ中に働いてた「フレンチ系のレストラン」の仲間(白人)に

「alchole(アルコール)」「healthy(健康な)」が発音が悪かったせいか、簡単な英単語なのに通用しなかったショッキングな思い出があります。

英語っぽく発音してもダメでした(笑)

あとは「Saturday(土曜日)」の発音を、職場の白人の仲間たちに徹底矯正されたこともありました。簡単なようで難しいもんです。

スムーズにコミュニケーションとるためには、発音がちゃんとしていないといけないんだと、本当に実感しました

当り前なことなんですが、経験を通して実感することができました



ワーホリ後(現在)



ということでワーホリを終えてからは、発音を意識したトレーニングをしております。

「音読」「シャド―イング」がメインです。

発音を鍛えるのは、スピーキング力をあげるためでもありますが、リスニング力も向上すると言われています。

TOEICを最後に受けてからこの記事を書くまで、約1年経過していますが、TOEICを受けた時と今を比べて、公式問題集のリスニング問題をより聞き取れるようになってきたのを実感しております

次のTOEIC L&Rのリスニングパートの目標は、over450点です。

発音の分野でも強化的に取り組んでるのは、英語の「母音・子音」、英語の「リズム」「連結」です。

日本語にはない英語特有のことからやってます。

この3点は以後の記事で説明する予定でございます。

「『発音学習』と『孤独ならライター』」は以上です!

ではまた(^^♪

― To  the  Finest  Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です