発音練習におすすめな洋楽

みなさんこんにちは、孤独なライターです(^^♪

今回の記事は、発音トレーニングに使う洋楽でおすすめなものを紹介していきたいと思います。

その前に、発音を洋楽で鍛えることについて触れていくことにします。


私が高校の頃英語が得意な人がいて、どうやって英語勉強しているのか訊いたら、好きな洋楽の歌詞を調べてる、という答えが返ってきた記憶があります。


洋楽を使った英語発音・リスニングトレーニングは、意味があるだのないだのと賛否両論ありますが、勉強している感がなく楽しくできる英語のトレーニングだということは間違いありません。

洋楽好きにはたまらない英語学習メソットであり、洋楽に興味ない人はこれを機に興味をもったり、雑学を増やすチャンスだと思ってトライするのもありです。

この英語習得メソットは、好きな音楽を楽しみながら、リスニングや発音トレーニングができることになんといっても魅力があります。

ただし、洋楽を使って発音練習する段階は、あくまでいくらか英語学習が進んでいる場合が好ましいというのが私の考えです。

初級者は、まずは自分のレベルにあった参考書の音声からやるべきです。

洋楽を楽しめるのは、歌詞といった曲の内容をある程度理解できることが必要でしょう。

曲を使って発音トレーニングする際、楽しめなければ意味がありません。


では、洋楽で英語を学習することについて軽く触れていき、そのあとあすすめの洋楽を紹介していきます。



発音学習に使う選曲のポイント



初級者の方はまずはテンポが速くない、かつ発音がはっきりしている曲を選ぶとよいでしょう。

「フォークソング」や「バラード」なんかが良いです。

「ラップ」といったテンポが速い曲は、発音の練習にはなりにくいのであまりおすすめできません。

それにスラングといった少し調子にのった歌詞がありますので、そういう英語は覚える必要はありません。



洋楽を発音練習に使うメリット



知らない単語を覚えやすい


洋楽の歌詞をみると、専門用語といった難しい歌詞はあまりありません。

(まぁ邦楽でもそうですが、「売れるため・聴者に伝えたい」であるが故に、難解なワードを歌詞に入れたりしないですよね)

でも案外簡単なスペルの単語の意味がわからなかったりします。

洋楽を英語トレーニングにするとき、「単語帳」を勉強するより未知の単語を記憶しやすいので、確実に語彙数を増やすことができます。


日常会話的な表現を知ることができる


洋楽の歌詞には、日本の学校の英語教育では教わらない英語表現がたくさんあります。

例えば、「somethin’」「ain’t」「gotta」「wanna」などは現地人にとって当り前な表現ですが、日本の英語教育ではあまり教わらない表現です。

つまり洋楽は、「口語体」を知るのに適した学習方法です。



発音練習におすすめな洋楽



カーペンターズ


アメリカの兄妹デュオの超有名グループ、「カーペンターズ」

ボーカルの「カレン」は発音がとてもきれいで聴きやすいとして、発音トレーニングによくカーペンターズが紹介されます。

私自身カーペンターズの5曲ぐらい練習しました。

歌詞を暗記するくらい。

今のところ、カーペンターズは一番皆さんにトライして頂きたい。

おすすめなのは、『Top  of  the  World』『Close  to  You』『Rainy  days  and 

Mondays』です。


ビートルズ


ロック ミュージックをはじめ、いろんな音楽に多大な影響を与えた、20世紀を代表するロックバンド、「ビートルズ」。

ビートルズも発音トレーニングに効果的だという評判があります。

わたし的には、ビートルズのなかでも「バラード」なんかはいいと思います。

『Yesterday』『Let  it  be』がそうです。

超有名ラインナップですが……..練習しないとカラオケでは歌えません。

バラードではありませんが、私は『Eight  days  a  week』が好きです。


アデル


今や英国が誇るべき有名女性シンガーソングライター、「Adele」

「ソウル」や「ジャズ」をメインに歌う、ちょいハスキーな声の持ち主です。

ライブではなんとまぁーしゃべるしゃべる(笑)しかも楽しそうに。

聴いてる人をハッピーにしてくれます。

トークがいかにも英国って感じ!

英国人なのでイギリス英語の発音です。

アメリカ英語のようにはっきりと発音しません。

おすすめ曲は、代表曲で申し訳ないのですが『Someone  Like  You』『Hometown  Glory』です。


ハイスクール・ミュージカル シリーズ


ミュージカル映画で2006年から人気を誇った、3部作の映画です。

割とアップテンポの曲が多く、それらの曲を使ってトレーニングするのは大変なので、スローテンポの曲から始めましょう。

『Start  of  Something  New』はおすすめです。

男女デュエットソングなので、男女で一緒に歌えるとすごい楽しいです(わたしは)

他には『We  All  in  This  Together』(アップテンポですが)


ダニエル・パウター


カナダ出身の男性ミュージシャン、「Daniel  Powter」

ピアノの弾き語りが彼のスタイルで、ピアノマンと呼ばれるくらいです。

2005年に『Bad  Day』がヒットしました。

私もこの曲をトレーニングに使いました。

歌詞も自然と暗記!

他には『Next  Plane  Home』が、トレーニングにおすすめです。





最後に



以上、洋楽を使った発音学習についてみてきました。

洋楽を使って学習することは、もちろん語学習得のためにもなりますが、遊びでカラオケに行ったときなんかでも、成果を出せることにつながります。

披露する楽しみができます。

独りカラオケであっても、きれいにスムーズに英語の歌を歌えると、快感極まりないです。

ぜひこの機会にカラオケをも意識して、洋楽を使って発音トレーニングに精を出してみてはいかがでしょうか?

ただし繰り返しますが、これはあくまで英語をある程度勉強した学習者に向いたものです。

初級者は、付属の音声を参使って参考書でコツコツです。

音楽と言えば私は和洋問わずですが、ここ10年くらいは楽がメインで、最近は邦楽に偏りつつあります。

いずれまたおすすめの学習用洋楽を探して、新しい記事で紹介してまいりますので、それまでしばらくお待ちくださいませ。

みなさんも好きになる洋楽開拓して、英語の発音トレーニングに取り組んでください。

そして歌詞も暗記するぐらい繰り返して、気に入ったフレーズを自分のものにするなどして、自分で開拓した曲をとことん大切にしてください。


今回の記事は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

それではまた(^^♪

 ― To  the  Finest  Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です