「シャドーイング」おすすめ教材

こんにちは、孤独なライターです。

今までの私のブログで、たびたび「シャドーイング」というトレーニングについてお話してきましたが、今回は改めまして「シャドーイング」についてピックアップして詳しく解説していこうと思います。

そしてその後に、「シャドーイング専門」で私が取り組んだ教材を紹介いたします。

紹介する教材は、1冊のみです。

シャドーイングを本格的に取り組むには、まずはそのやり方とシャドーイングする目的を知らなければなりません。

もちろん目的は「英語力を増すこと」ですが、他のトレーニングとどう違うのかということです。

それを記事でご覧いただければと存じます。

最初に申しあげると、他のトレーニングに比べて、シャドーイングはとても負荷がかかります。

だからこそ、できるようになると飛躍的な英語力アップが期待できます。

では本題にまいります。

シャドーイングとは?

「シャドーイング」とは、「テキストを見ずに、英語音声をすぐ後から追って、音声をそのまま発音する」トレーニングです。

つまり音声を「リスニング」してすぐに「スピーキング」するという、「聞く」と「話す」を同時に行う訓練です。

もともとは同時通訳者が行う訓練だそうです。

想像してください、、ハードルが高いトレーニングです。

やってみればわかりますが、英語中級者の方でも、中1レベルのまとまった英文のナチュラルスピードの音声を、いきなりシャドーイングするのは、まず無理です。

(もちろん何回も同じ英文を繰り返せば、シャドーイングはできるようになりますが、望ましいのは初めての英文をシャドーイングできることです)

ということで高度なトレーニングなので、初心者のかたは最初からシャドーイングを無理してやらなくてもいいです。

それよりも、シャドーイングできるための踏み台になる「リピーティング」「オーバーラッピング」「音読」をメインにしましょう。

シャドーイングに使うテキストは、文章レベルが自分のレベルより低いものにしてください。

シャドーイングするべき人

一定の英語力がある人で、「話す」と「聞く」能力(要は英会話)を、徹底的に鍛えたい人

一定の英語力とは、英語初級者以外ということです。

英検ですと最低でも準2級は合格できる、TOEICですと最低でも500点とれる英語力です。

そのレベルに達しないよというかたは、シャドーイングは控えて「音読」や「リピーティング・オーバーラッピング」絞ってください。シャドーイングやらなくても、先のレベルまで到達できます。

シャドーイングは、なんとか音声についていくことができれば、自然とリスニング力があがり、同時にスピーキングも行うので、話す力もついてきます。

「知っている英語」をリスニングして、それを口からアウトプットする機会を与えてくれるトレーニングですから。

シャドーイングの効果

リスニング力が高まる

リピーティングとオーバーラッピングと違って、シャドーイングはテキスト見ないでリスニングするので、リスニングに対する集中度が高まります。

モチベーションアップにつながる

リピーティングやオーバーラッピングはテキスト見てのスピーキングのなるので、「達成感」に関しては、シャドーイングのほうが格段に上です。

シャドーイングできた時の達成感が高いので、もっともっとできるようになろうとモチベーションが上がります。

これは間違いありません。

英語でアウトプットできる量が増える

これまで読解重視の英語を学校で学んだ我々は、「知ってる英語」が大なり小なりあります。

それをアウトプットできないがゆえに、「英語が苦手な日本人」と我々自身思ってしまいます。

シャドーイングは、まさに「知ってる英語」をアウトプットできるようになるチャンスです。

負荷がとても高いトレーニングですから。

独りでやる英語学習の中で、最もなアウトプットトレーニングだと私は思います。

シャドーイングのやり方

まずはシャドーイングするテキストの内容を完璧にする

上級者でもない限りは、まずはシャドーイングするテキストの英文を完璧にしましょう。

未知の単語を覚える、文章の意味を理解するなど。

英検準1級やTOEIC800以上のレベルもない方が、いきなり未知の英文をシャドーイングするのはさすがに厳しいです。

内容を完璧にしてからのほうが、英語力アップにつながります。

実際にシャドーイングする

音声のように、リズムに乗ることを心がけてください。

ですので間違ったからといって、いちいち止まらないこと!

発音が少し違ったとか細かいことまでは気にせず、とりあえずペース良くポンポンと進むことを意識してください。それを何回も繰り返すのです。

録音して自分の発音を確認

自分のスピーキングを、客観的に聴いてみましょう。

弱点がわかるので、特に意識しなければならない部分が判明します。

『3カ月で英語耳を作るシャドーイング』

本書概要

「発音」カテゴリーで紹介した著者のまた別な教材で、今回は「シャドーイング」に特化した教材を紹介します。

とにかく本書の著者の教材は見やすく、説明がわかりやすく私は気に入っております。

実際にトレーニングするのは、全8章あるうち第2章と第4章です。

第2章では、シャドーイングに取り組む際の、著者曰くの『7つのステップ』のやり方の解説が書かれています。

第4章では、7つのステップを使って長文を実際にシャドーイングまでしていきます。

長文は全部で「12題」あり、ビジネスシーンの内容です。

本書はシャドーイングの教材だけに留まらず、英語学習自体に関していろんなことに言及しております。

例えば、TOEICのレベル別対策なんかも。

「600点未満の人」「600~800点の人」「800~900点の人」「900点以上の人」

レベル別にTOEICの対策を解説しております。

他には英語を聴き取るための「発音」について、「単語の覚え方」など、シャドーイングのことだけで終わらない内容が盛りだくさんです。

音声はダウンロードで、MP3ファイル形式となっております。

パソコンでダウンロードできるだけでなく、スマートフォンに直接ダウンロードすることもできます。

本書をおすすめする人

中学3年間の英文法を網羅した人で、これからシャドーイングを始めるという方

この教材に使われてる英文は、中学3年間の英文法を知っていることが前提になります。

「完了形」や「関係詞」がフツーに出てきます。

本書をやるか検討している方は、まずは中学英文法をひと通りわかっているか確認するべきでしょう。

そしてそれから英語力を劇的に伸ばしたい方、シャドーイングをやるべきで、そのアプローチの仕方を本書はわかりやすく説明しております。

短期間でTOEICリスニングパートを100点以上アップさせようという方

リスニングの特効薬は「シャドーイング」(中級者以上)で、わりと短期間でTOEICリスニングパートは大きく点数を伸ばせるというのが著者の見解です。

「1日30分」シャドーイングを「3カ月」続ければ、リスニングパートを100点アップできるとおっしゃってます。「100点から200点」「200点から300点「300点から400点」というように。さすがに「400点から満点」とは言えません(笑)

本書はレベル別に、TOEICリスニング問題を100点アップさせる勉強メソッドを述べています。

3か月という短い期間での達成を目標にしているので、そう気を負うことなく取り組めるのではないかと思います。

テキストの進め方

トレーニングを実際にするのは、第2章と第4章です。

第2章:タニケイ式シャドーイング7つのステップを、1つ1つ具体的に説明

STEP1:テキストを見ないでリスニング

「1回で聞き取るぞ」と集中し、文章全体の内容をつかむよう努めます。

STEP2:ディクテーションする

文章の内容ではなく、単語・音に焦点をあてます。聞き取れない箇所はその原因を明確にしましょう。

STEP3:『黙読理解』する → 精読

英文の完全理解です。単語・文法・文意を全てわかるようにします。

STEP4:音読する

『速音読』『中速読』『普通音読』するとのことです。

最初に速く、最後に普通の速さで、合計3回音読する、というのが著者のアドバイスです。

ちなみに私はこのアドバイスには従いませんでした(笑)

STEP5:リピーティングする

テキストを見ながら、音声の特徴をつかんで、音声をまねます。

STEP6:オーバーラッピングする

テキストをみながら音声の後を追って発音します。苦手なところを発見し、繰り返してそれを克服です。

STEP7:シャドーイングする

テキストをみないで音声に意識を集中させ、音声の後を追って発音します。気持ちに余裕を持たせられればよいとのことです。

第4章:タニケイ式シャドーイングの実践

12回分の題材があり、1回分に1週間かければ、3カ月でひと通り終わる計算です。

学習記録を書き込むための表が、各回についております。

第2章でやったタニケイ式7つのステップをふんで、最終段階でシャドーイングします。

学習記録を使って、7つのステップ通りにやったか自己管理しましょう。

その他の章:勉強の仕方・TOEICの対策、など著者からのアドバイス

第5章ではTOEICの得点の上げ方について、第7章では単語の効果的な覚え方について解説しております。

その他の章でも、英語学習についていろいろ紹介してます。

著者の英語学習観

「文法」は英語学習の土台

英文法はどんな英語学習をする上でも、土台となります。

ある程度文法を知らなければ、どんなトレーニングをしても意味がありません。

まだ文法が全然未熟だというかたは、最低でも中学3年間の英文法は体に叩き込んでください。

「トレーニング」で文法を自分のものに

文法は覚えてしまったらそれで終わりではありません。

覚えた文法を実践で使えるようにするためには、一人でできるトレーニングをして、体に染み込ませなければなりません。

毎日一人でできるトレーニング、「ディクテーション」「シャドーイング」「音読」などをやりましょう。

コミュニケーションでトレーニングした英語を使ってみる

誰かと英語を話す機会があったら、トレーニングで身につけた英語を使ってみましょう。

自分の弱点が分かり、以後の学習に生かしましょう。

話せない自分が悔しくて、モチベーションが上がります。

逆にトレーニングしたことが外国人に伝わったときは嬉しくなり、これもまたモチベーションアップ!

著者によれば、映画でも『生きた英語』を学べるとのことです。

単語に関して

単語は、初心者でも上級者でもどの段階であっても、学び続けなければなりません。

英語を使って働く方は特にそうで、自分が関わっている分野に応じることができるように、語彙を増やさなければなりませんね。

エピローグ

今回は1冊しか教材を紹介しませんでしたが、私が「シャドーイング専門」の教材をやったのは、今回紹介したもののみです。

「ディクテーション専門」のおすすめ教材を紹介した記事でも、ディクテーション専門の教材は1冊のみで十分みたいなことを申し上げましたが、同じくシャドーイング専門の教材も1冊で十分というのが、私の考えです。

大事なのは、「ディクテーション」「シャドーイング」というのがどういうトレーニングなのか、そのやり方を知ることです。

やり方を覚えて、別な教材の英文に取り組むときにそれを生かせればいいのですから。

私の見解で1つの長文題材で必ず取り組むことは、「ディクテーション」「英文理解」「シャドーイング」「音読」です。

その中でも「シャドーイング」はラストステージで、シャドーイングできるようになるまでは、「リピーティング」「オーバーラッピング」を取り入れます。

ですので、最初からシャドーイングできるようであれば、リピーティングとオーバーラッピングは省いてもいいと思います。

初めてシャドーイングして、最初からシャドーイングできる英文の量が増えれば、英語力が身についてきているという証です。

ぜひシャドーイングできるようになって、総合的に英語力を向上させましょう。

― To the Finest Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です