英検準2級 仮定法の基本を理解しよう

英検準2級の対策について、シンプルに解説します。

技能別の詳しい対策については、記事の途中でリンクを貼りますので参考にしてください。

正直なところ私にとって「英検準2級」は、どう位置づけしたらよいか悩みどころでございます。

つまり、、

英検3級:「中学英語という基礎ができたか、確認するための試験」

英検2級:「本格的にアウトプットの訓練に取り組む前の、英語全般的の基礎ができたか、確認するための試験」

私はこう位置づけしますが、準2級に関してはどう定義したらよいか迷うところ。

英語学習者なら2級は必ず合格するべきですが、準2級はそこまでパスする必要はないというのが、私の考えです。

ですが準2受験者も多数おりますので、今回は準2級の対策を説明していこうと思います。

各技能別の詳しい解説のリンクを貼っておきますのでご参考にどうぞ。

英検準2級 リーディング対策 ー 単語力をつけること、基本的な「仮定法」を理解できるようになるのがメイン ー

英検準2級 リスニング対策 ー ベースは中学英語 ー

英検準2級 ライティング対策

英検準2級 二次試験対策 ー中学英語をどこまでスムーズに言えるかー

では、本題にいきます。

準2級概要

英検協会の公式ホームページによると、準2級は

『高校中級程度』

のレベルと定義されています。

高校1, 2年生で習う語彙や文法が含まれています(高校英語で習う英文法は、中学英文法の延長です)

また英検公式ホームページには、準2級は

『日常生活に必要な英語を理解し、また使用することができる』『使える英語で世界へ』『日常生活の話題』

と謳われています。

準2級の試験内容をみると、長文は学術的なものもありますが、ネタ・単語は日常生活に使えそうなものばかり。

英検準2級は、TOEIC L&R でいえば

TOEIC L&R 400~550点

そして

準2級の単語レベルは「3000~4000語」

また準2級の問題は、英検の中でセンター試験に最も近いレベルなので、高校1, 2年生のうちから、センター試験を意識して準2級に挑むのもよさそうです。

皆さんが英検準2級に合格されたら、そこで終わっていただきたくないです。

英検準2級の資格をもっていても、社会からの評価は決して高くなく、あまり活用できない!

準2級は「3級の延長上」にあり、また「2級へのチケット」

2級に合格すれば、社会的評価が上がり有用性が出てきますので、準2級に合格された方は、2級を目指しましょう。

英検準2級を受けていただきたい方

英検2級を最終目標にしてる方

「英検に関しては2級に合格できればいい」という方には、まず準2級受験をおすすめします。

3級はもっているけど2級は難しいという場合が多いので、3級から2級への架け橋として「準2級」を活用するということ。

また3級はもっていないけれど、中学英語はひと通りわかるし、高校英語もある程度大丈夫な方は、3級ではなくいきなり準2級を受験してもかまいません

英検の最終目標が2級であれば、準2級を通じて2級に向けた勉強のモチベーションを保てれば、準2級を受ける意義があります

逆に準1級や1級を目標にしている方は、準2級を飛ばして2級にトライするべき。

準1級と1級を目標にしている人は、英語自体が趣味という人が多いので、もともとモチベーションが高いはず。

自分から進んで英語学習を開発したりもするでしょうし、それぐらいのことをやっている人にとっては、英検準2級も2級も試験レベルに大きな差は感じないでしょう。

英検準2級の対策

基本的に3級と変わりません。

強いて言えば違いは、英文法が「中学英語+α」になり、「α」は覚える必要があります。

「α」のメインは「仮定法」

高校英語でつまづきやすい文法ですが、基本がわかっていれば大丈夫。

それとレベルが上がるごとに、単語対策がより必要になってきます。

「中学英文法」+「仮定法」+「単語・熟語強化」。

これが英検準2級の基本対策です。

3級より語彙・イディオムを増やす

3級が必要語数2000~3000語くらいであるのに対して、準2級は3000~4000語だと言われております。

3級の約1.5倍ですね。

高校英語は中学英語と違って、新しい文法事項はあまりありませんが、新しい単語やイディオムが多いんです。

簡単な学術的英文に慣れる

準2級から、1次試験の長文で学術的な説明文が出てきます

でも準2級の説明文は、あまり難しくありません。

2級合格を意識して、準2級の段階からアカデミックな英文読解をやっていきましょう。

ライティングに関して

解答語数は50語~60語と、3級の2倍になります。

でも3つほど文章を増やす程度で済むので、そこまで変わりません。

とにかく、「英文を書く」ことが大事

解答する内容自体のレベルというものは、あまり問われません。

「内容」よりも、英文らしく英文を書けるかどうか

「英作の形式」は知っといたほうがいいということですね。

例えば

「あなたは子供がテレビゲームすることは、良いことだと思いますか?自分の答えとその理由を2つ書きなさい」

というお題に対して

「I think A. First ~. Second ~. So A」

のような形式で英作すればOK。

すぐに50語クリアできます。

準2級までのライティングなら、1回日本語で意見をメモして、それを英作するやり方が確実です。

英検準2級おすすめ教材

『英検準2級でる順パス単』 旺文社

準2級は必要語彙数が「3000~4000語」と、3級の約1.5倍になりますので、不安な方は単語帳1冊やることをおすすめします。

高校英語は新しい単語がバンバン出てきますので、準2級から単語強化を意識したほうがいいです。

『英検準2級 過去6回 全問題集』 旺文社

とにかく過去問に触れて、試験の形式になれたり、「時間配分」を決めてください

時間配分はとても重要です。時間内に全体的に解答できるかの確認ができます。

今回のまとめ

以上「準2級」について、解説してきました。

今回のポイントをまとめていきます。

①基本的対策は、英検3級とあまり変わらない。

②高校英語の「仮定法」を理解する。

③必要語彙数は「3000語~4000語」。

④簡単な学術的英文に慣れる。

⑤ライティングは、「英作文の形式」が大事で、文の内容は二の次。

準2級は、3級の延長上だと私は捉えております。

準2級に合格したら、そこで終わるのはもったいないので、2級を目指しましょう。

社会的評価が変わります!

今回の記事は以上といたします。

― To the Finest Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。