TOEIC600~800点

こんにちは、孤独なライターです。

TOEICの新しい記事は、当面の間で今回が最後です(記事修正はもちろんします)。

TOEIC600~800点となると、英語中級者です。

英検ですと2級に相当するレベル!

文法の勉強はもう少しで終わらせてもいいころ。

英語学習も波に乗り始めているのではないですか?

勉強だけでなく何でもそうですが、分かり始めてくるとどんどん楽しくなってくるものです。

こうなってくれば、もうコッチのもの。

「TOEIC over 800」は目前です!!

800点以上の秘訣は、「たくさんの英語にふれること」「リーディングの時間配分」です。

あと少しです、がんばっていきましょう(^^♪

それではいきます。

TOEIC600~800点の英語力とは

英語の基礎力はついているが、まとまった英文に慣れていない

いかにたくさんの英語にふれていくかにかかっています。

「情報処理スピード」を速めていけるかが課題です。

しかし発音に英語の発音の特徴に関しては、まだまだ慣れる必要があるため、これまで通り毎日少しずつでも継続する必要があります。

そしてそろそろリーディングでは、特に戦略を考えるべきです。

例えば「時間配分」です。これはめちゃ重要。

詳しくはリーディング対策で言及します。

600~800点の人であっても、「返り読み」をすることがまだあると思うので、引き続き返り読みしない癖をみにつけることも大事です。これも長文英語に慣れなければできません。

いずれ一番目標にしていただきたいことは、多量の英語に慣れて、情報処理スピードをあげるということです。

演習をやりまくって、処理速度をあげ、850点くらいを目標にしましょう!

リスニング対策

リスニングの目標は、450点としましょう。

「ディクテーション」

600~800点の方は、音声の大きな流れはつかめるが、細部となるとつまずくことがあります。

細部まで聞き取れてるか確認する方法は、「ディクテーション」しかありません。

公式問題集やそれに準じた問題集の音声をリスニングしてください。

聞き取れない場所が明確になりますので、何が分からなかったのか原因を追究することができます。

音声全てをディクテーションする必要はありません

曖昧な部分だけをディクテーションしましょう。

というのはこの段階レベルでは、ディクテーションよりも「シャドーイング」に時間を費やしていただきたいからです。

「シャドーイング」

ディクテーションが終ったら、必ず「シャドーイング」。

「まとまった英語のリズム」になれるためです。

50回100回同じ音声を繰り返しシャドーイングするよりは、「シャドーイングできるようになるまで+10~20回繰り返し」が、私的には望ましいと考えます。

その代わりいろんな問題をシャドーイングしてください。

50回100回もやってると暗唱してしまって、その結果「口だけが働き、脳に刺激がいかなくなる」感じがするからです(私の体験から)。

「脳を使ってるなぁ」って実感があると、ちょっとした頭の疲労感がありませんか?

そんなシャドーイングが好ましいです。暗唱して口だけを使ったシャドーイングは意味がありません。

「part1」「part2」

ほぼ満点を目指してください。

このパートは短文なので、情報処理のスピードというよりは、単語力・文法力のほうが試されます。

ということは、勉強したぶんだけ点数を稼ぎやすいということです。

600点以上取れる能力があって、このパートで点数を落とすのはもったいないことです。

「part3」「part4」

とにかく、音声の冒頭は何が何でもつかんでください

少なくてもその気持ちは持ってください。

音声の出だしでしくじると、設問3つ全部正解できない可能性が高まります。

リスニング目標の450点を取るためには、それは絶対あってはならないことです。

それ解答に悩んで時間を浪費せず、「設問の先読み」をしましょう。

そうすることで解答スピードが速まります

高得点は集中力が必要です。

普段から定期的に、本番の時間(45分間)で公式問題集のリスニングをひと通り解いて、長時間のリスニングに慣れてください。

リーディング対策

リーディングの目標は、420点以上です。

単語数は7000語くらいつけましょう。

TOEIC長文に慣れて、速く英文を情報処理できるようにする

「しっかり読めているな」という感覚があって、かつ完答できれば、自ずと目標点の420点は超えます

完答できるかが問題なので、とにかくたくさんの英語を読んで、まとまった英語に慣れてください。

公式問題集だけでなく、洋書・マガジンなどで多読するのもよいでしょう。しかしあくまでスムーズに理解して読めるレベルのものです

情報処理スピードをアップされられるか、これがTOEIC高得点のカギです。

時間配分を細かく設定する

まずは大きく時間配分を決めます。

例えば私の場合ですが、、

・「part5」→「10分間」(1問20秒)

「part6」→「10分間」(1題2分30秒)

・「part7」→「55分間」

まずはこんな感じで大きく決めましょう。

「part5」「part6」は高速で終わらせて、いかに「part7」に時間を割けるかが重要です。

因みに「part5」で、正解率9割いかないのであれば、文法・単語力がまだ少し足りません。

問題集をやりまくって、早く弱点を見つけて補強しましょう。

次は「part7」をどう時間配分するのかです。

「part7」には、1題の英文の量が3パターンあると私はみています。

そして時間配分は以下の通りです。

①part7 「序盤」 → 短め (1題1分)

②part7 「中盤」 → 中間 (1題2分)

③part7 「終盤」 → 長め (1題5分)

以上の通りに解ければ、完答できます。

時間配分を明確に決めておけば、本番中自分が今どれほど余裕があるか、遅れているかを把握できるのです。

決めたら、実際に時間を計って公式問題集を解いてみましょう。

いきなり75分間一気に解くんではなく、「1題~数題」時間を計ってやってみましょう

集中力を養うために、定期的に75分間使って全部解く訓練もしてください。

まとめ

TOEIC600~800点の方に向けて、今回の記事をまとめていきます。

①英語の基礎力は身についているが、まとまった英文に慣れていない

大量の英語を聞いて・読んで、「情報処理スピードを上げられるか」どうか

③リスニング:音声の聞き取れない部分は「ディクテーション」で訓練。その原因を追究する。

④リスニング:音声の内容を完璧にしたら、必ず「シャドーイング」。まとまった英語の音・リズムに慣れるため。

⑤リスニング:「part1」「part2」は、ほぼ満点をとる。「part3」「part4」は、始まりの内容は、何が何でも聞き取る。

⑥リーディング:公式問題集だけでなく、洋書・マガジンで多読して英語長文に慣れる

⑦リーディング:完答するために「時間配分」を細かく決める。

以上となります。

800点を超えれば、あとは大量の英語になれていくだけです。

900点も目前になります。

TOEICに関係した記事は、今回が最後です。

最後までありがとうございます。

それではまた。

― To the Finest Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です