シチュエーション別必要語彙数

自分の語彙力がどれくらいあるか知りたくありませんか?

推定語彙数を計ることができるサイトがあり、今回の記事の最後のほうで紹介しようと思います。

私も一時サイトを使って語彙数を計っていましたが、推定語彙数は「7000~9000語」が平均で、英検1級をねらっている身にとっては、まだまだ足りません(英検1級は12000語以上です)。あと単語帳2冊制覇しなければなりません。

定期的に「語彙数診断」をすることをおすすめします。

語彙数が伸びれば、モチベーションアップにつながりますし。

最近本格的にパターン別の必要語彙数を調査いたしました。

情報の細かい内容・数字は、全てのサイトで一致することはありませんが、大体は似たものなので、私的にその平均値をとって、みなさんに参考にしていただければと存じます。

シチュエーション別必要語彙数

英検

これまでの記事でも紹介してきましたが、改めて。

・英検3級 → 「2000~3000語」

・英検準2級 → 「3000~4000語」

・英検2級 → 「4000~5000語」(初学者が目標にしていただきたいレベル)

・英検準1級 → 「7000~8000語」(ここから一気に増えます)

・英検1級 → 「12000語以上」(準1級の1.5倍です)

TOEIC

TOEIC L&R のレベル別語彙数は、具体的にふれたことなかったのでぜひ。

・TOEIC 500点 → 「4000語」(英検準2級に相当)

・TOEIC 600点 → 「5000語」(英検2級に相当)

・TOEIC 700点 → 「6000~7000語」(英検2級~準1級に相当)

・TOEIC 800点 → 「7000~8000語」(英検準1級に相当)

ただしTOEICに関しては、あくまでご参考なまでにしてください。

というのは例えばの話ですが、推定語彙数が「5000語」程度でも、「800点」とれる可能性があるからです。

TOEICは[「7000~8000語といった上級の単語」が、あまり出てきません

「800点」取れる人は「7000~8000語」の語彙数がある傾向がありますよ、ということです。

通訳者おおよその平均

通訳に必要な語彙力は10,000語から15,000語といわれています

『日本会議通訳者協会』 ホームページから引用
https://www.japan-interpreters.org/news/yoko-kikuchi7/#:~:text=%EF%BC%881%EF%BC%89%20%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%80%81%E9%80%9A%E8%A8%B3%E3%81%AB,%EF%BC%88%E7%AC%AC3%E5%9B%9E%E5%8F%82%E7%85%A7%EF%BC%89%E3%80%82

ということで通訳者に必要な語彙数は『10000~15000語』だそうです。

英検1級レベルということです。さすがの語彙力。

ただ通訳者の中でも、よっぽどのスペシャリストでない限り、英検準1級以上(7000語)の単語は、会話で瞬時にアウトプットできないと私は思います。

たまにみかける通訳者の英語を聞いてると、簡単な単語を使っています。

英字新聞を読むには?

英字新聞を読んでみたいという方が、たくさんさんいらっしゃるかと思うので、英字新聞を読むのに必要な語彙数を調べてみました。

これは特にサイトによって、まちまちな数字でよりピンポイントな数字では表せませんが、だいたい「5000語~10000語」です。

「5000語」と「10000語」じゃぁ全然違うじゃんと思った方も多いかもしれません(笑)

新聞によっても内容の専門性が違うでしょうし、一概には必要語彙数を断定できないからかもしれません。

でも少なくても言えることは、英検2級合格できるくらいの英語力がないと、英字新聞に向き合うのは困難だということ、そして英検1級並みの語彙力があればスラスラ読めるのではないか?ということです。

私の知り合いで英検1級もってる人がいて、その人曰く「英検1級あれば英字新聞は楽に読めるけど、業界的な内容だと理解できるできないがある」という話です。

たしかに日本の新聞でも同じことが言えます。

では中学・高校で習う語彙数は?

ここはみなさんに、できれば知っといていただきたいです。

教科書の単語のみを全部覚えた場合、語彙力はどれほどなのでしょうか?

現行の『学習指導要領』によれば、、

・中学英語 → 『1200語』

・高校英語 → 『1800語』

つまり、中学・高校で学ぶ英単語は、合計「3000語」ということになります。

英会話するのに必要な語彙数は?

自分自身を自由に表現するために必要な英語の単語数は、最低2,000~3,000語が必要だとする言語学者が多い。

『THE ENGLISH CLUB』 ホームページから引用
https://english-club.jp/blog/business-vocabulary-size/

『最低2000~3000語』ということで、中学高校で学ぶ合計単語数に相当します。

「高校英語で学ぶ単語なんて日常会話には使わないよ」と、思ったことある方がたくさんいるはずです。

ですが以上からわかる通り、中学英語の単語はもちろんのこと、高校英語の単語も「日常英会話できる初めの段階のレベル」なのです。

高校英語もバカにできません。

おそらく「高校英語=受験英語=実用的ではない」という、世間一般の価値観があるのでしょう。

しかし「受験英語=実用的に使う訓練がされてない」から、「実用的でない」と認識されてしまっているのだと、私は思います。

「受験英語=実用的」です。

単語を「知ってる」のと「使える」は、違う

では中学高校で習う英単語を覚えれば、簡単レベルの英会話ができるようになるのでしょうか?

ならないですよね?そう簡単にはいきません。

それだけで英会話できるようになるのであれば、「日本人は英語が苦手だ」という常識はないはずです。

それに、中・高で出てくる英単語が、実際の会話で使われるとき、学校では習わない意味で使われることなんて、しょっちゅうあることなんです。

私には現地在住のカナダ人の友人がいて、彼のFacebookの投稿を時々みるのですが、中学英語の単語で書いてあるのにも関わらず、理解できないことが多々あります。

学校では習わない、現地ならではの使い方があるのだと思い知らされました。

でも英語学習のベースは、あくまで中学・高校英語です。

ベースを知らなければ応用できませんのでね。

いずれ中高で習う3000語が、日常会話に必須だということ。

でもただ覚えただけでも、いざ会話で使おうとしても出てこない、思い出せない。

         なぜか?

単語を「覚えた」と「使える」は、「別物」だからです。

単語をただ「知っている」からといって、それを「アウトプットできる」にはつながりません。

英会話学習において、「インプット」したものを「アウトプット」できる深い学習が必要になるのです。

「Passive Vocabulary」から「Active Vocabulary」へ

・「Passive Vocabulary」 → 「読んだり聞いたりすればわかる」「インプット」状態の語彙

・「Active Vocabulary」 → 「自分から話したり文章で書いたりできる」「アウトプット」可能な語彙

英会話上達のための単語学習とは、「Active Vocabulary」を増やすための深い単語学習と言えます。

つまり中学・高校の英単語を学習するにあたって、ただ単語の意味を覚えるだけでなく、工夫したやり方によっては、英会話習得にもつながるということです。

そのアプローチの仕方を2つ紹介していきます。

状況を想像・吟味して音読をする

つまり、ターゲットの単語が含まれている英文を読むときに、その内容を頭の中で「可視化」するのです。「Let’s visualize !!」

内容を想像して、いかに自分事として英文を音読するかです。

題材は、一人称で展開されたストーリーがいいです(より自分事として感じやすいため)。

単語というのは、根強く頭に残るとアウトプットしやすい状態になります。

暗記するよりも、吟味したほうが根強く残るのは当然のことです。

ターゲットの単語をたくさん使って、短いストーリーを英作する

単語の意味を記憶するのは、「その1語だけ」よりも「文」を使ったほうが残りやすいです。

そうです、「文脈の中」で覚えるということ。

その文脈を自分で作ってみるんです(大いにライティングの練習になる)

そして文章の内容を想像して、ターゲットの単語の意味を頭の中で可視化させるのです。

同時にターゲットの単語の、「別の意味」「類義語」「反意語」「派生語」も書いてみましょう

そういった関連語も使うと、関連語自体・ターゲッドの単語自体の意味も根強く残ります

最後に、英作した文章はキープしといてあとで見直してください。

(さすがに1回やっただけで、100パーセント記憶には留めれないので)

自分の「推定語彙数」を計るには?

『weblio 語彙力診断』

あまり他の診断方法がわかりませんが(ネットで3つ4つぐらい試したことがあります)、これが最も気軽にできるんじゃないかと思います。

『weblio 語彙力診断』の特徴は、、

無料でできる(回数制限アリ)(有料だと何回でもできる)。

ジャンル別に診断できる(総合英単語・英検・TOEIC L&R・大学入試・TOEFL R テスト)。

レベル別・級別に診断できる

④25問、1問10秒で答え、その場で結果がでる

⑤スマホなどで、どこでもできるので暇つぶし・スキマ学習になる

もちろんその時のテスト内容により、結果(推定語彙数)が変わってきますが、平均値は大体つかめます。それこそが推定語彙数です。

私の例で言えば、Maximumで「17000~18000語」、Minimumで「4000~5000語」という大きな開きですが、だいたいは「6000~9000語」なので、このあたりが私の語彙力と言えます。

ぜひみなさんも試してみてください。

まとめ

ポイントを箇条書きにしてまとめます。

①英字新聞を読むには、最低英検2級に合格できる英語力が必要。

②現行の学習指導要領のもとで、中学では「1200語」、高校では「1800語」、合計「3000語」の語彙を学校で学ぶ。

単語を「知っている」のと「使える」のは違う。英会話では、単語を「使えなければ」ならない。

④「知っている」単語を「使える」単語にもっていく、深い学習が必要。

⑤深い学習(1):内容を吟味した音読をする。想像してターゲットの単語の意味を頭のなかで「可視化」させる

⑥深い学習(2):ターゲットの単語を使って、短いストーリーを英作してみる。その際、単語の「別の意味」「類義語」「派生語」「反意語」といった「関連語」も書く

⑦推定語彙数を計るには、『weblio 語彙力診断』がおすすめ。無料でできる。

ぜひ『weblio 語彙力診断』をスキマ学習にご活用ください。

結果がすぐ出て面白いので、いったんやると止まりませんから!

今回の記事は以上です。

最後までお読みくださりありがとうございます。

それではまた(^^♪

― To the Finest Hour ―

コメント

  1. […] シチュエーション別必要語彙数 […]

タイトルとURLをコピーしました