熟語学習について

熟語というと、「なんか難しそうだな」とか思いませんか?

英単語のように熟語を習得するのも暗記要素がありますが、「100パーセント暗記」というわけではありません。

熟語もまたイメージを使って、意味を覚えやすくすることができます。

巷のブックストアーには単語帳だけでなく熟語集もありますが、みなさんはどのように熟語集に取り組みますか?

私的に、単語帳と熟語集は基本的なアプローチの仕方は同じですが、少し違いをつけるべきだと考えております。

それが今回の記事のメインではありませんが、そのことにも触れていきつつ熟語学習について解説していきますのでよろしくお願いします。

熟語学習のポイント

丸暗記100パーセントという考えを捨てる

ある程度熟語というものは、背景があってできたものも多いので、その内容を知りさえすれば、意味を1回で記憶できるイディオムもあります。

もちろん背景もなにもないような暗記に頼らなければいけないものもありますが、「必ずしも暗記ではない」ということを知っていただきたいのです。

では暗記以外になにがあるのか?、、が次の項目です。

イメージを使う

基本動詞・前置詞などと同じですが、熟語学習も丸暗記だけでは太刀打ちません。

熟語だってその数と言ったら半端ないのもなので、丸暗記のアプローチなら途中で挫折するでしょう。

そこでイディオムの学習も大事になってくるのが、「イメージを使うこと」です。

イディオムは、基本イメージをもつ「基本動詞」「前置詞」で成り立ってるものが多いので、イディオム内の語句のそれぞれの基本イメージを合わせて、総合的に意味をふくらませていくのです。

熟語を書くより、発音したほうが効率的

熟語というのは、複数の単語から成り立って意味を形成するものです。

つまり「句」というものですね。英語で言うと「phrase」。

そして英語の熟語は、わりと日常的に使われる易しいレベルの単語から形成されています。

熟語というのは簡単な単語で形成されるものがほとんどなので、未知の単語を学ぶように「スペルを覚える」といったことはありません

英検準1級が求める「7000~8000語」レベルの単語を使った熟語なんて、まず遭遇しません。

単語を1つ習得するより、熟語を1つ習得するほうが簡単だと言えます。

繰り返しますが、熟語習得には「スペルを覚える」といったことがありませんから。

だから意味を覚えるため(=インプット)には、「書く」ことはあまり必要ありません。

かといって「見る」だけではいけません。

それだけでも記憶の定着につながりますが、「書く」以外に記憶に残りやすいと言われているのが「口を使うこと」です。

つまり「発音」しながら熟語の意味を確認するというのが、ベストなやりかたです。

「書く」作業は時間がかかりますので、効率的ではありません。

「書く」のが向いてるのが「単語」の学習で、「発音する」のが向いてるのが「熟語」の学習です

スキマ時間を有効に使う

熟語の学習は、ノートを使ったりしなくてもできるものです。

熟語帳とペンを1、2色つかう程度なので、どこでもできます。

バス・電車の待ち時間といったちょっとした時間を、有効に使いましょう。

起きな後、寝る前の10分間でもいいでしょう。

では「1日に10分間で1カ月」のスキマ学習をすると、どのくらいになるのかというと、、

「10分/日」 × 「30日」 = 「300分(5時間)」

なんと「1日10分のスキマ学習」で「1カ月で5時間の勉強量」にもなります!!

スキマ学習もバカにできません。

単語・熟語を大量に詰め込まなければならないのなら、もっと勉強しなければなりませんが、普段の単語・熟語学習でしたら十分な学習時間でしょう。

参考教材の選び方

自分のレベルにあったもの

これは大事です。

むしろ日常会話のための熟語学習をしたいのなら、易しいレベルの熟語集をやるべきです。

難易度が低いほうが、日常で当たり前に使う熟語がたくさんのってるからです。

だから中学レベルから熟語を固めていったほうが、現実的でしょう。

買った教材を何回も繰り返す

買った熟語集を愛読しましょう。何回も繰り返しましょう。

もっている熟語集を中途半端にして、無暗にいろんな教材に手を出さないことです。

「98パーセント」覚えたなら、次の教材に移ってもいいと思います。

「繰り返し」というのは、最初は進捗具合が遅いでしょうが、中盤からどんどん速さが増してきます。「我慢が必要なのは最初だけ」です。

熟語集のやりかた

まずは未知の熟語にチェックをいれる

ほとんどの熟語がわからない場合はチェックをつける必要はありませんが、50~70パーセントの割合以下でしたら、未知の熟語にチェックを入れておきましょう。

チェックした未知の熟語を中心に、何回も繰り返していくのです。

知ってる熟語を繰り返していては、意味がありません(ただしアウトプットの訓練でしたら、知ってる熟語も繰り返す必要はあります)。

チェックした熟語を繰り返しみる(赤シートを使う)

単語帳・熟語集のほとんどは、「赤シート」が添付されています。

この「赤シート」を使って未知の熟語の意味を「隠しては答えを確認」する作業をテンポよくこなしていきます。

何回も繰り返していれば未知の熟語が減っていき、よりペースが加速していきます。

赤シートは単語・熟語といった語彙の学習を、非常に効率的にできるものです。

熟語を使って、短文ストーリを書いてみる

熟語を「書く」アプローチです。

これは記憶定着だけでなく、アウトプットの練習にもなります。

アウトプットの訓練には、ぜひ取り入れていただきたいメソッドです。

習得するターゲットの複数の熟語を材料にして、ショートストーリを英作する作業ということ。

インプットの学習の段階だけど、余裕があればトライしてみましょう。

まとめ

①熟語学習は暗記に頼らない。イメージを使う(熟語内の単語の意味をからめ合わせる)。

②熟語集をやるとき、「書く」よりも「発音する」ほうが効率的

③自分のレベルにあった教材を何度も繰り返す(98パーセント覚えるまで)

④まずは、熟語集の未知の熟語にチェックをいれる。

⑤熟語集付属の「赤シート」を使って、チェックした熟語を中心に何度も学習する。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

それではまた。

― To the Finest Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です