『速読英単語』シリーズ 「リーディング」「リスニング」「スピーキング」「ライティング」全てのトレーニングがこれでできる!

今回は、大学受験生の間で不動人気を誇る単語帳シリーズを特集します。

『速読英単語』シリーズです。

英語の基礎学習で使う教材で、単語帳で最もおすすめするシリーズ。

当シリーズは「単語帳」ではありますが、単語を覚えるだけに留まってはもったいないもの!

「ボロボロになるまで使い古す」「これにかけるんだ」と、集中的にやるのは気持ちがいいものです。

まずは当シリーズの簡単な情報を述べていきます。

『速読シリーズ』概要

発行元について

「Z会」です。

受験教材をたくさん出版したり、教育事業で名が知られています。

単語帳の種類

『速読英単語 中学版』→中学レベル

『速読英単語 入門編』→高校初級レベル

『速読英単語 必修編』→高校中級レベル

『速読英単語 上級編』→高校上級レベル

『速読英熟語』→高校中級レベル

音声CDについて

『中学版』は無料ダウンロード。

『入門編』『必修編』『上級編』『英熟語』はCDで「別売り」

速読シリーズの特徴

「長文」で単語を覚える

長文をたくさん載せた単語帳は、意外にも少ないです。

有名な単語帳シリーズでも、「1文」「1フレーズ」の中に見出し語を組み込むくらいです。

文脈の中で意味を覚えるのであれば、「1文」ではなく「長文」のほうが効果的です。

本シリーズは、開いて「左」に英語の長文「右」にその日本語訳が載ってます。

「派生語」・「類義語」・「反意語」がたくさんある

当シリーズは見出し語は多くないものの、「関連語」がたくさん

「派生語」「類義語」「反意語」があれば、単語と単語を関連づけて学ぶことができるから、記憶しやすいメリットが期待できます。

『中学版』『入門編』は、長文題材が日常会話レベル

 

『中学版』『入門編』は、日常会話レベルの長文題材がたくさんあります。

ただし日常会話といっても、「俗語」「俗的表現」は載っていません

「日常会話レベル」ということです。

速読シリーズをおすすめする理由

長文が豊富で、長文の音声があるからいろいろなトレーニングができる

速読英単語シリーズをおすすめする一番の理由はこれ

「リスニング」「リーディング」「スピ―キング」「ライティング」全てのトレーニングがまとめてできるんです。

①全長文の音声があるから、「リスニング訓練」ができる

音声のスピードは「編」によって異なります。

また「見出し語の音声」の有無も、「編」によって異なります。

②長文が豊富だから、「リーディング訓練」ができる。

長文の長さは、レベルが高い「編」ほど長くなります。

③長文の全訳がついているから、「1人スピーキング訓練」ができる。

日本語を見てすぐに口で英作する「瞬間英作」がたくさんできます。

④長文の全訳がついているから、「ライティング訓練」ができる。

日本語訳を見て英作文し、英文を見て答え合わせがすぐにできます。

「シャドーイング」「音読」「瞬間英作」がたくさんできる

①「瞬間英作」はアウトプットの訓練で一人でもできる。

長文がたくさんあるので、一人でもアウトプットの訓練がたくさんできます。

②長文が豊富であるがゆえに、まとまった量の英文を「シャドーイング」「音読」できる。

最初からシャドーイングは厳しいという方が多いと思うので、「リピーティング」「オーバーラッピング」から始めましょう。

各編のレベル(掲載語数は関連語含める)

『中学版』

高校受験、英検3級レベル

掲載語数 約2300語

・中学英語をやり直したい人、日常英語を徹底的に身につけたい人

『入門編』

高校英語初級、英検準2級レベル

掲載語数 約1000語 (見出し語700語)

・日常英語を徹底的に身につけたい人

『必修編』

高校英語中級、英検2級レベル

掲載語数:約3100語 (見出し語1900語)

・大学受験全般、英検2級目指す人

『上級編』

高校英語上級、英検準1級レベル

掲載語数:約2200語 (見出し語900語)

・難関大受験者 アカデミックな英文に慣れたい人

『英熟語』

初級~中級の英文レベル

掲載熟語数:熟語(855個)+構文(224個) 合計1079個

・大学受験者 英検準2級~準1級

まとめ

『速読英単語』シリーズを紹介してきました。

結論:推薦する一番の理由は、長文が豊富だということ。

それにより

「リスニング」「リーディング」「スピーキング」「ライティング」全てのトレーニングができる。

全シリーズを「シャドーイング」「瞬間英作」までスラスラできるようになれば、英検準1級は合格できます。

英語上級者の域でしょう。

私にとって『速読英単語』シリーズは、英語学習の宝物。

みなさんも、なにか1つ英語学習の愛読書として、深く付き合ってみてはいかがでしょうか?

速読シリーズの「学習の仕方」については、以下のリンクを参考にしてください。

速読シリーズのやり方

今回は以上です。

― To the Finest Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。