『速読英単語』シリーズのやり方を解説 「インプット」だけでなく「アウトプット」にも使える!

『速読英単語』の学習の進め方について説明していきます。

私のブログの「英語学習の概観」という記事で、「長文を使った」英語学習の進め方についての内容と重複しますが、強調したい内容でありますので、速読シリーズの記事で改めて紹介します。

速読シリーズの『中学版』から『上級編』『英熟語』まで、以下に説明する「STEP1」~「STEP4」のトレーニングを極めれば、英語上級者になれるのは確実です

ではいきます。

『速読英単語』シリーズ 学習の流れ

STEP1 初めてふれる英文の内容を把握するよう努める(試験を解く意識)。

STEP2 内容の徹底理解(インプット)。

STEP3 英語回路をつくるトレーニング(インプット)

STEP4  反射的に英語を口にする(アウトプット)。

以下で詳しく説明します。

STEP1 初めてふれる英文の内容を把握するよう努める(試験を解く意識)

黙聴(リスニング)

①本番の試験に臨むつもりで、長文音声をリスニングする(精聴はしない)。

②細部まで理解できない場合は、大まかな流れだけでもつかむ努力をする。

黙聴をするのは3~5回にする。やりすぎない。

黙読(リーディング)

①本番のリーディング試験に臨むつもりで、リーディングする(精読はしない)。

②細部まで内容をつかめない場合は、大まかな流れだけでもつかむ努力をする。

黙読をするのは3~5回にする。やりすぎない。

STEP2 内容の徹底理解(インプット学習)

「精聴」と「精読」

ディクテーション(精聴)

①ディクテーションは1回のみ。

ディクテーションはリスニングのトレーニングですが、スラスラ進まないトレーニングなので非効率的です。

本格的にリスニング力を鍛えるのは、STEP 3の「シャドーイング」。

ディクテーションの目的は、「聴き取れないところを見つけて聴き取れるようにして、シャドーイングにつなげるため」です。

②10回繰り返しても聞き取れないところは、あきらめる。

そもそも、知らない文法の英文や単語は聞き取れません。

私の経験上、5回繰り返して聴き取れない場合は、永遠に聴き取れません。

何がわからなくて聞き取れないのか明らかにする。

「知らない文法」だから?

「知らない単語」だから?

「知ってる単語だけど発音がわからなかった」のか?

「リエゾン・脱落で聞き取れなかった」のか?

こういったことを、必ずはっきりさせてください。

<中学英語で習うような基本語が聞き取りにくい。>

例えば

・「can」「would」といった助動詞。

・「at」「of」といった前置詞。

・「a」「the」といった冠詞。

・「he」「her」といった指示代名詞。

こういった単語を聴き取ることができるようになれば、リスニング力が伸びたということ。

ディクテーションすると、黙聴で内容が理解できても、案外聞き取れていない部分が多いと気づきます。

リーディング(精読)

①ディクテーションで、知らなかった文法・単語を覚える。

ひとつ残らず知らない単語・文法はつぶしていきましょう。

②英文の内容を全部理解する。

文章の大まかな流れだけでなく、1文1文しっかり理解しましょう。

例えば

・文の「主語」は何なのか、「動詞」は何なのか

・この「副詞」は何を修飾してるのか

・この「関係詞節」は、何を修飾しているのか?

・「この文はこの段落でどういう役割があるか」「このパラグラフはどんな役割があるか」(アカデミックな英文を読解するとき)

こういった感じで、長文1題の全ての「文法」「単語」「意味」をパーフェクトにしてください

SETP 2 のリーディングの時点で、長文中わからないことはないようにする。

曖昧にしたままで、次の長文に進まないでください。

STEP3 英語回路をつくるトレーニング(インプット学習)

「STEP 2」でやったことを徹底強化する。

シャドーイング

①いきなりシャドーイングが無理な場合は、「オバーラッピング」から始める。

シャドーイングは決して簡単ではありません

最初からできなくて当り前。

できなければ「オーバーラッピング」から始めてください

あくまで「オーバーラッピング」をする目的は、「シャドーイング」できるようになるため。

・「シャドーイング」とは?

英語音声のすぐ後を追って、音声通りの英語を口にする。テキストは見ない

・「オーバーラッピング」とは?

英語音声のすぐ後を追って、音声通りの英語を口にする。テキストを見ながらやる。

3回「間違わずスムーズなシャドーイング」を達成したら、次の長文に移る。

3回スムーズにシャドーイングできれば、その長文の内容は定着したと言えます。

そしたら次の長文に移ってください。

「たった3回?」と思いますが、そこまでいくのに何度も繰り返さなければなりません。

もう一度言いますが、シャドーイングは簡単ではありません。

ちなみにシャドーイングは、「アウトプット」のトレーニングと思われがちですが、私は「インプット」の学習と考えています。

シャドーイングは「リスニング」には最強のトレーニングです。

ですが、外から入ってきた情報(聴いた内容)を、口で繰り返すトレーニングなので、完全なアウトプットトレーニングとは言えません。

STEP4 英文をアウトプットする。

インプット学習の段階ではやる必要はありません

アウトプットのトレーニングでは、ぜひやってください。

長文の日本語をみて「瞬間英作」。

①日本語訳をみたらとにかく「即」英文を口にする。

間違いを恐れず「瞬発力」を意識してください。

②必ず原文通りに英作する必要はない。

原文と同じ意味であれば、別の単語で英作しても気にしないことです。

③ライティングのトレーニングにもなることを覚えておく。

「瞬間英作」できるようになれば、その内容も自然とライティングできるようになります。

その逆はありません。

つまり先に「ライティング」できたからと言って、「スピーキング」できるとは限りません。

長文音声を「リピーティング」(英文をみない)

①音声を1文リスニングしたら、いったん音声をとめる。

どこまでリスニングするのか、明確にルールを決めたほうが良いでしょう。

私の場合は、短くても長くても1文と決めています。

②リスニングした1文を、英文をみないでスピーキング(リピーティング)する。

これは「シャドーイング」より負荷が高いトレーニング

なぜなら、文章をリスニングして「短期的に英文を覚えておく」必要があるから。

記憶して、暗記した英文をスピーキングするのです。

英文を構成するトレーニングということ。

なので

「リピーティング」で鍛えられるのは、「リスニング」「スピーキング(英文構成)」「記憶力」。

まとめ

 速読英単語シリーズ  各長文の学習基本スタイル 

STEP1 英文試験感覚でふれる(インプット学習)。

「黙聴」と「黙読」。

STEP2 内容の徹底理解(インプット学習)。

「ディクテーション(精聴)」と「精読」。

STEP3 英語回路をつくるトレーニング(インプット学習)。

「シャドーイング(オーバーラッピング)」。

STEP4  反射的に英語を口にする(アウトプット学習)。

「瞬間英作」と「リピーティング(英文をみない)」

以上が長文題材をつかった、英語学習の流れです。

英検2級のレベルに達してないなら、まだインプット学習が足りないので、アウトプット学習ではなくインプット学習(STEP 1~3)に専念してください。

ぜひ実践してみてください。

今回の記事は以上です。

― To the Finest Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。