英検3級 リスニング対策

英検3級 リスニング対策の基本姿勢 「精聴」に尽きる

英検3級のリスニング問題は、問題1つに対する英文はとても短いです。

よって「答え」は、その短い英文の中にあるわけですね。

だから、文章は短いけど聴き取らなきゃ答えはわからないということです。

長文リスニングのように、「全体の流れをつかむ」とかではありません。

大事なことは、1文1文を正確に聴き取るということ。

1つの問題で長くても3文くらいで、そして1文自体が短いので、1つ1つ聴き取れなければ答えがわかりません

ただ問題内容は、日常英会話にかなり則しているので、単語とか内容のレベルは「易」です。

つまり英検3級のリスニング問題というのは、「短く・易しいレベルの内容を、正確に聴き取る」ことができるかどうか、ということ。

以上から、「精読に尽きる」ということです。

英検3級リスニング対策 おすすめ教材

『英語耳』 松澤喜好 著 アスキー・メディアワークス

この参考書は、発音記号に特化したものです。

つまり単語1語の発音の仕方を、徹底的にトレーニングします。

そうすることで、単語帳の単語の「発音記号」をみた時、自分で単語の発音を学べるようになります。

単語帳をやるときは、単語の意味と同時に正しい発音も覚えたほうが、間違いなく効率的。

英検3級のリスニングは、音声のスピードが遅いです。

かつ「リエゾン(単語と単語をつなげて発音)」「脱落(話しやすいように省略)」といった、いかにもネイティブ的な英語の発音ではあまりスピーキングされません

わかりやすく発音された英語音声です。

だから「1語1語を聴き取れるか」が肝心になります。

そして、「発音記号」を知った上で単語の意味・発音を覚えるスタイルは、英検2級・TOEICのリスニングトレーニングに必ず役に立ちますので、その学習スタイルを確立しましょう。

この教材に関しては、初級者おすすめ 発音教材、を参考にしてください。

『英検3級 文で覚える単熟語』 旺文社

上記の参考書は、「単語1語の発音」に特化したものです。

そして英検3級であっても、「文を使ったリスニングトレーニング」も必要です。

文単位の英語を聞くことに慣れなければいけません。

この参考書は、長文を使って「文脈で単語・熟語を覚える」単語帳

このシリーズの出版社は、英検対策教材として非常に有名で、このシリーズ全てに言えることかわかりませんが、英検の過去問の長文を抜粋しております。

なので、実際の英検の問題に近い長文で対策できるということです。

そして、「日常会話」をネタにした長文がたくさんありますので、3級のリスニング対策として活用できます。

英検3級のリスニングレベルとマッチした英文レベルです。

3級リスニング対策は、ディクテーションから始める

英検3級のリスニング対策の基本姿勢は、「精聴」です。

聴いた英語を書き取る「ディクテーション」は、最も「精聴」するトレーニングです。

ディクテーションは前に進まず、地味なトレーニングなので、やめたくなるかもしれませんが、英検3級リスニングは「短文の易しい英語を、正確に聴き取れるか」を試しています。

英文が易しいものであっても、短文だからこそ「正確性」が必要です。

ディクテーションをやれば、聴き取れない英語がはっきりします。

答えを確認した後、そこを中心に聴き返してください

そして口を使って何回も発音してください。

1つの長文をディクテーションしたら、「音読」「シャドーイング」もやりましょう

ディクテーションに関しては、「ディクテーション」おすすめ参考書、を参考にしてください。

過去問で試験対策

>

最初に過去問をやってみて、自分がどれだけ正解できるのか現状を把握するのも、過去問活用法の1つです。

しかし私としては、過去問を解いて何度も復習するのは、いったん別な教材をみっちりやってからにしてます。

試験直前に過去問をやりこみます。

最初にやったとしても、また試験直前に取り組むじゃないですか?

その時に答えが分かっているというのが、どうも納得しないんです。

ということは置いといて、、過去問を必ず解きましょう

なぜ間違えたのか、聴き取れなかったのか、過去問をやる時は特に原因を追究してください。

聴き取れない原因は4つあります。

リスニングで聴き取れない原因

原因①:知らない単語・熟語が出てきた。

原因②:意味は知ってる単語・熟語だが、正しい発音を知らなかった。

原因③:文法的、構文的にわからないことがあった。

原因④:意味も発音も知ってる単語で書かれた1文だったが、聴き取れなかった。

その対処法

①の対処法:知らなかったためで、勉強不足が原因。

②の対処法:正しい発音を知らなかったためで、単語学習の際に、発音を蔑ろにしていたのが原因。

③の対処法:知らなかったためで、勉強不足が原因。

(単語の意味を調べてもわからない場合、文法的・構文的にわかっていない可能性があります。)

④の対処法:英語をリスニングするトレーニング量がそもそも足りない。

(これはよくあることで、この場合繰り返し聴けばわかってくるものです。しかし、本番は1・2回で聴き取れなければいけません。「英語を聞く」ことに慣れていない証拠です。)

英検3級のリスニング問題で、特に考えられる原因は、①と④です。

つまり、「単語を知らなかった」「リスニングし慣れていない」、この2つの場合が多いです。

なぜ③が少ないかと言うと、そもそも3級のリスニング内容は、文法的にシンプルだからです。

そして構文という構文が出てきませんので。

あと発音に関しては、英検3級レベルの単語は、なんとなく正しい発音がわかるものです。

(英単語のレベルが高くなるほど、発音チェックしながらの単語習得が必要です。単なるローマ字読みでは誤った発音になります。)

このように過去問では特に、正解できなかった問題の原因を突き詰めてください。

そして原因が分かったら、「もう次は絶対間違わない」という気持ちで、しっかり復習してください。

まとめ

①英検3級のリスニングトレーニングの基本は、「精聴」。

②英検3級のリスニング内容は、「易しい」+「短い1文」+「3文前後(1つの問題で)」。

③それゆえ、問題の答えが短い英文中にあるから、1文をちゃんと聴き取れなければならない。

④精聴トレーニングの「ディクテーション」で。1文1文正確に英語を聴き取る。

⑤その後「音読」と「シャドーイング」で、「ディクテーション」した英文を完璧にする。

⑥過去問を必ず解いて、正解できなかった原因を明らかにする。

以上です。

― To the Finest Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。