英文法を学び始めるにあたり、重要なこと ー 英語は「主語」と「動詞」が文の幹になる ー

英文法の鉄則

英語と日本語の根本的な違いを知るところから、英語学習は始まります。

英語と日本語の「文法」と「発音」は、そもそもの根本が違うので、まずはそういったことを知ることが必要です。

ベースを知ることによって、今後の学習速度が加速します。

今回の内容は、英語の4技能「話す」「聞く」「読む」「書く」、この全てに共通する内容ですので、しっかりと理解して今後の英語学習につなげていきましょう。

英語では、文の重要な情報が文頭にくる

英語において、重要な情報とは何か?

「主語+動詞」

日本語では、「動詞」が文末に来ることが多いですよね?

日本語:「昨日僕は家で、夜20:00頃友達と夕食を食べた。」

それに対して、英語では「主語+動詞」が文頭に来ます。

英語:「I had dinner with my friends at my house at eight last night.」

ここではまず、英語では「主語」「動詞」が文頭に来るということを覚えておいてください。

「主語」や「動詞」は何なのかに関しては、以下で説明します。

②「疑問詞」を使った疑問文では、「聞きたいこと」。

これについてはここでは詳しく説明しません。

「What」「How」「Where」といった、「疑問詞」を使った疑問文を思い出してみてください。

「What」「How」「When」が文頭に来ますよね?

疑問文疑問詞については、このリンクをご参照ください)

「主語 + 動詞 」 は文の大事な要素

なぜ「主語 + 動詞」が文の大事な要素なのか?

英語では、基本的にどの英文でも「主語」が出てくる。

日本語:何について言っているのかわかる時は「主語」を出さない

英語:何について言っているのかわかってても、「主語」を出す。

例えば、

日本語:「簡単だね。」

英語:「It is easy.」

日本語:「腹減ったなぁ。」

英語:「I‘m hungry.」

もちろん、英語でも主語を省略することはあります。

日常会話では、何のことを言っているのかわかれば主語を省略しますが、それ以外では省略されることはないと、考えてください。

英語の試験のスピーキング、ライティングでは、何のことを言っているのかわかる場合でも、必ず主語を出してください。

「動詞」が、どういう文になるのかを決定する。

これは、英語の「文型」の話に関わります。

英語の文型は、5種類あります。

「第1文型」「第2文型」「第3文型」「第4文型」「第5文型」ですね。

全ての英文」は必ずこのどれかが使わている

そして

「どれを使うか」は、「動詞」が決定する。

これについての詳細は、動詞が英文の「レイアウト(配置図)」を決める、を参考にしてみてください。

以上から「主語+動詞」が、英文の重要な要素だということがわかります。

英語では「主語+動詞+その他」が基本の形

「主語」の直後に「動詞」が配置されます。

「疑問文」や「倒置構文」といった例外はありますが、それを理解するのは基本の形を覚えてからです。

また「その他」がどれくらい長いかによって、1文の長さが決まります

「主語」について


「主語」とは、「述語(動詞)」に対するその動作主。

例えば、、

「彼は英語を勉強する。」

「勉強する」という動作の主は「彼」です。

「彼」が主語になります。

「主語」は「動詞」と同じく文の中で最も重要な役割をもちますが、日本語において主語は省略されることがよくあります

なぜかというと、言わなくても文脈上明確だからです。

皆さんの日常を振り返ると、それがおわかり頂けます。

しかし、英語ではそうもいきません。

英語では主語をちゃんと明示します。

英語でも日常会話といったくだけた場面では、主語が省略されることはありますが、特に「書き言葉(ライティング)」では、日本語と比べると省略されることが少ないのが英語です。

「動詞」について

「動詞」とは、「動作 存在/状態 を表す詞」。

英語の動詞は「動作を表す動詞」と「存在や状態を表す動詞」の2種類があるということ。

「動作」を表す動詞について 「~する」を意味する「一般動詞」


これが文法用語でいう、いわゆる「一般動詞」

例えば、「走る」「書く」「寝る」といった、「~する」にあたるもの。

ただし例外的に「一般動詞」の中でも、以下でふれる「存在」「状態」を表すものもあります

そういった一般動詞は「第2文型」というものをとりますが、ここで「例外」まで詳しく説明することはできないので、以下のリンクをご参照ください。

動詞が英文の「設計図」を決める

「存在」「状態」を表す動詞について  基本的には「be動詞」

これがいわゆる「be動詞」

・「be動詞」は1つしかない。「be」だけ。

・「be動詞」以外は全て「一般動詞」。

だから「動詞」の中でも、「be動詞」は特殊な動詞と言えます。

・「be動詞」は主語によって、全く違う形になる。「is」、「are」、「am」など

実際に例文で「be動詞」をみていきます。

日本語:「彼は若い(状態)です。」

英語:「He is young.」

日本語:「彼らはここにいるよ。」

英語:「They are here.」

ただし、「be動詞」自体に意味は大してありません!

「ここでのbe動詞の意味は?」と訊かれても、答えられません。

基本的には、「存在」「状態」を表す動詞といったら「be動詞」ですが、先ほども説明した通り「一般動詞」の中でも、「存在」「状態」を表すものもあります。

まとめ

①英語では、「主語+動詞」=文の重要要素 が文頭に来る。

②日本語ではよく「主語」が省略されるが、英語では基本的に「主語」を言う。特にライティングでは、「主語」を省略せずに書く。

③全ての英文は、「第1文型」~「第5文型」のどれかで構成される。

④どの文型になるかは、「動詞」が決定する。

⑤「主語」とは、「動詞」に対するその動作主。

⑥「動詞」とは、「動作」(=「一般動詞」)や「存在/状態」(=「be動詞」)を表す品詞。

⑦「be動詞」以外は、全て「一般動詞」。

以上です。

ー To the Finest Hour ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました