英検準1級 リスニング対策 ー 難易度がグンとアップ 対策を徹底する ー

英検

こんにちは。

英語を話せるようになりたいのであれば、英語のインプット学習を先にするべきであって、まずは英検2級の英語力をつけるべきだというのが、私の考えです。

なので、英検準1級以上を目指すことを強くおすすめするわけではありません。

ですが2級に合格すれば、準1級合格も目指したくなる方もおられると思います。

そんな方のために、英検準1級合格者がアドバイスいたします。

今回は、準1級のリスニング対策について!

英検2級のリスニングと何が違うのか?

試験のレベルがグンと上がります。

準1級のリスニング問題は、「Part1(日常会話)」「Part2(説明文)」「Part3(日常シーン)」から成ります

大学入試中級レベルの英文のリスニングになる(Part2)

これが当てはまるのは、「会話問題」ではなく「説明文」の問題

大学入試センター試験(共通一次)の、長文読解の英文レベルより高度な英文をリスニングしなければならない問題もざらにあります

テーマも、「歴史」「現代社会」「テクノロジー」とかなり幅広くなります。

リスニング問題なので、リーディングではできるような「何回か英文を読む」ことができません。

ましてや、英文は一度しか流れません

「説明文」のリスニングの割合がドンと増える

「Part2」は「説明文」のリスニング問題です。

準1級のリスニング問題で、一番難易度が高い!

2級のリスニング問題とは比べものにならないくらい、説明文が増えます。

英文量も長くなります。

リスニングする英文の量が2倍くらいになり、後半(Part3)は問題の形式が変わる

これは試験全体的な傾向です。

「Part1」は「日常会話」ですが、2級の日常会話問題と比べて英文量が2倍近くにも。

そして「Part3」の問題形式は、2級にはない形式です。

「Part3」の問題形式は、、

①音声が流れる前に、「Situation」と「Question」読む。

②音声を聴く。

③設問に答える(1題につき設問1つ)。

「空港アナウンス」「ビジネス」といった、「日常シーン」的な内容です。

「日常会話」よりもかしこまった英語のリスニングです。

英検準1級リスニング 対策の基本

英検2級までの単語・イディオムはマスターする(Part1~Part3)

2級のリーディングに出てくるような単語・イディオムが普通に出てきます

それどころか2級の単語帳にのってない単語なんか(専門用語)も。

そんなレベルなので、2級レベルの語彙力は必須です。

アカデミックな英文のリスニングに慣れる(Part2)

「Part2」は、2級の長文読解の英語をリスニングする感覚です。

英検2級リーディングレベルの説明文を使って、リスニングトレーニングしてください

TOEICのリスニング問題集を使う(Part1とPart3)

準1級リスニングの「Part1」と「Part3」は、TOEICリスニングの「Part3」と「Part4」と性質が似ています

文法も単語もレベルが同じくらい。

そしてどちらも「日常会話」「日常シーン」をもとにした問題です。

ですが、音声のスピードはTOEICのほうが速い!

なので準1級のリスニング「Part1」「Part3」の高地トレーニングになります。

英検準1級リスニング おすすめ教材

『速読英単語 必修編』Z会

準1級の「Part2」対策としてのもの。

この教材の英文が完全に「Part2」と性質的に一致してるわけではありませんが、近いものがあります

文法的にはこの教材のほうがやや難しいですが、語彙的には準1級の「Part2」のほうが難しい。

長文の量が豊富なので、たくさんリスニングトーニングできるので、ピックアップしました。

『公式TOEIC Listening&Reading トレーニング リスニング編』国際ビジネスコミュニケーション協会

準1級リスニングの「Part1」「Part3」の対策として

先ほども言った通り、準1級の「Part1」「Part3」と、TOEICの「Part3」「Part4」は性質が似ています

TOEICのリスニング問題集もたくさんありますが、ここは無難に「公式問題集」をピックアップします。

ちなみに私は、TOEICリスニングで一気に「110点」アップしたとき、この教材も使いました。

『英検分野別ターゲット 英検準1級リスニング問題』旺文社

過去問以外で、英検に特化した問題集をやるのならこのシリーズが無難

教材の作りもシンプルです。

英検のリスニング問題は、準1級からレベルがドンと上がる

問題をざっとみればわかりますが、リスニング問題は英検準1級からドンと難易度がまします。

「会話問題」と「日常シーン」のリスニングも難易度があがりますが、それ以上に「説明文」のリスニングが明らかに難しい。

英検1級合格者ならそうでもないんでしょうが、これから準1級に挑戦する人にとっては驚きを隠せません。

なので、2級までのように「特に対策をしなかったけど合格できた」ということがいよいよ通用しなくなります

「リーディング」でも「リスニング」でも「ライティング」でも何でも、準1級、1級合格のカギは「いかにたくさんの語彙を覚えて」「どれほど多くの英語にふれてきて英語になれるか」です。

英検準1級ともなれば、しっかりと勉強する必要があります。

英検準1級リスニング対策 まとめ

英検2級までの語彙・イディオムを完璧にする。

「説明文(Part2)」がドンと難易度が高くなるから、アカデミックな英文のリスニングに慣れる。

準1級リスニングの「Part1」「Part3」の対策には、TOEICのリスニング問題集が使える。

ー To the Finest Hour ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました