TOEIC リーディング対策 ー 200点をとる勉強法とは? ー

TOEIC 300~400

TOEIC L&R リーディンで、200点以上とるための記事を書いていきます。

まず第一に200点超えない理由は、英語の基礎を全然わかっていないからなんです。

中学英語も理解できない状況です。

でも勉強すれば、すぐに200点、300点はいきますので、安心して勉強してください。

何でもそうですが、初級レベルのことは、やった分だけすぐに結果が出やすいものです。

レベルが上がれば上がるほど、力の上昇率は鈍るもの。

では、TOEICリーディングで、200点以上とる対策を紹介していきます。

TOEICリーディング 200点以下の人の英語力

基本的な英文法・単語をわかっていない

リーディングで200点以下の大きな原因は、これに尽きます

TOEICリーディングのPart5は、「文法」と「単語」の問題です。

おそらくTOEICリーディングで200点以下の方の、Part5の正答率は30パーセント前後。

ですが、Part5で正答率が50%を下回るようでは、Part6もPart7も解けません。

なぜかというと話は単純。

文法と単語がわからなければ、英文は読めないから。

「Part6とPart7は英文を読んで解答する」ものです。

Part5の「文法」「単語」問題が解けないようだと、おのずとPart6もPart7も解けません

しかしPart5は、文法単語の学習をやればやった分だけ結果が出やすい!

ここが一番点数が上げやすいところ!

リーディングを時間無制限で解いても、200点いかない

基本的な文法と単語が全然固まってないので、英文が読めません。

なので、精読しようが英文を読むことが出来ないので、公式問題集といったものを時間無制限に解いても、200点いきません。

こうだと、時間制限設けて解答しても、時間無制限で解答しても点数は正答率は変わりません

この点に関して、リーディングの点数が伸びれば伸びるほど状況が変わってきます。

英文が読めれば読めるほど、時間無制限で解くと正答率が高くなってきます

TOEIC公式問題集といった問題集で勉強しても、意味がない英語力

以上からわかる通り、TOEICリーディングで200点超えるためには、「文法」と「単語」を学習して「英文を読める」ようになることです。

なので、公式問題集のよう試験本番に似せた問題集をやっても意味はありません。

分からない問題の解答を見ても理解できないから

リーディングが200点以下だと、こういう英語力です。

まずは英文を読めるための「文法」を学習できる教材から始めましょう。

TOEICリーディング 200点取るための対策

中学英文法をマスターする

まずは中学英文法をマスター。

英語の基礎学習は、英文法から始まります

中学英文法は、あらゆる英語の基礎!

リーディングたけでなく、リスニング・ライティング・スピーキングの基本です。

英文法は覚えることが限られているので、短期間で一気に覚えてしまいましょう

中学英文法のおすすめの教材に関しては、以下のリンクを参考にしてください。

中学英文法 おすすめ教材 ー 辞書的参考書を使いながら、学校で使うような問題集を解いていく ー

もちろんTOEICは中学英文法だけでは構成されていません。

しかしリーディングで200点を目標にする方には、文法に関しては中学英文法だけでOK。

単語帳を2、3冊マスターする

TOEIC L&Rは、難しい単語が出てきません。

英単語8000語も知ってれば、リーディングで450点超えるのが十分可能です。

なので、200点超えるための必要語彙数はそこまで多くない。

5000語もあれば十分なので、5000語を目標にしてください

単語帳でいうと2・3冊。

おすすめは、中学英語を網羅した単語帳1冊と、TOEICに特化した初級レベルの単語帳を1・2冊です。

中学英語のおすすめの単語帳に関しては、以下のリンクをご参考に。

『速読英単語 中学版』

TOEICリーディングの「Part5」に特化する

何度も繰り返しますが、リーディングで200点を超えるための対策の基本は、基本的な「英文法」と「単語」をマスターすることです。

TOEIC L&R の Part5 は、「文法」と「単語」問題。

なので、文法と単語の力がついてきているか示すのは、Part5の正答率です。

Part5に特化した問題集をやって、正解できる問題が増えれば、それだけ文法と単語力が習得できてきたということ

そして、Part5の正答率を高めていくことで、長文が読めるようになってきます。

つまり、Part6、Part7の正答率も自然と上がっていきます

各Partの正答率の目安

Part5

正答率「7割」を目標に。

速く解く必要はありません。

文法と単語を強化して、Part5の正答率を上げることが肝心です。

Part5の正答率が5割を切ると、リーディング200点は厳しいです。

その英語力だと、Part6、part7の長文が読めません。

Part5の理想は、1問30秒で解く

Part6

正答率「7割」を目標に。

Part6の長文はレベルが高くありません。

(ですが、英検などにはないTOEIC特有の英文なので、慣れるまでは読みにくい。)

各題文量が多くないので、なんとか正答率は「7割」と高めにもっていきたいところ。

Part7で、ドンと正答率が必ず下がるからです。

Part6の理想の解答時間は、各題3分で、4題あるので合計12分間

Part7

正答率「5割」を目標に。

小問の正答率は、「7割」を目標に

「小問」とは、1題2~3問で構成された問題を指します。

各題英文が短いので、正解の該当箇所を見つけるのがイージー

なので、「小問」の正答率の目標は高めにしてください。

問の正答率は、「5割」を目標に。

「中問」とは、1題4問で構成された問題を指します。

こうなると英文の量が増えるので、無理して全部解こうとしないこと!

各題、最初の1、2問は解きやすいので、解きやすい問題をといて、3、4問目は捨てるのが得策です。

大問の正答率は、「2割~3割」を目標に。

「大問」とは、1題5問で構成された問題を指します。

4択のマークシート問題で、正答率「2割~3割を目標に」というものおかしい話ですが、Part7の「大問」以外で、「7割」「5割」といった目標をクリアしてれば、「大問」を捨てても200点は達成できます。

大問は捨てる覚悟で、適当にマークを塗りつぶしましょう。

ただよく言われるのが、ランダムにマークするよりも、全部同じものをマークしたほうが当たる可能性があるのだとか。。(全部「B」にマークするとか)

少し欲を言えば、「大問」の各題で、1問目は実際に解いて正解することです。

「中問」と同様、最初の問題は解きやすいからです。

まとめ

TOEICリーディングで200点以下の英語力とは、そもそも中学レベルの英語が理解できていない。

対策の基本は、中学英文法をマスターして、5000語の語彙力をつけること。

TOEIC L&R 「Part5」に特化した教材をやる。

ー To the Finest Hour ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました