TOEIC リーディング対策 ー 400点をとる勉強法とは? ー

TOEIC 600~800

TOEICリーディングで、400点を超えるための対策を解説していきます。

この記事は、現在TOEICリーディングで300点~400点をとってる方に向けたものです。

まずは、300点~400点の英語力の現状について述べていきます。

結論から言うと、そのレベルの方はまだ、英語の基礎力は身についてますがTOEICの問題に慣れていません。

そして速読になれていません

リーディングで400点以上超えるためには、文章を正確にかつ速く理解できる力が試されます。

その能力を養うのは、一朝一夕ではできません。

ある程度の時間を設けて、英語を速く理解できるトレーニングを続けること!

では、本題にいきます。

リーディング300点~400点の英語力の現状は?

基本的な英文法、語彙は習得している

リーディングが300点を超えてくれば、だいたいTOEICに必要な英文法はマスターしたと言えます。

この段階の方は、文法の学習は終わりにして、語彙力強化

より400点以上といった高得点をとるためには、英文をスラスラ読める必要があります。

そのためには、未知の単語をなるべくなくすこと!

時間無制限で解けば、「確実に」400点以上はとれる

現在リーディングで300点~400点ある方は、時間無制限で精読すれば400点は超えます。

なぜかというと、、

このレベルの方が本番で400点超えられない理由は、時間が足りなくて解ける問題も解けないから。

なので、時間無制限で解けば正答率がドォーーンとアップ。

以上の点は、リーディングの現状が「200点以下」「200点~300点」の方と異なります。

つまり英語力がつけばつくほど、ゆっくり解けばわかる問題が増えていきます。

速読に慣れていない

以上からわかる通り、400点超えるためには「制限時間内で正答率を高めること」。

そのためには、、

英文を理解するスピードを速めること。つまり速読。

英文を理解できても、早く読めないから時間内に解けないだけの話です。

ただし速読は、トレーニングすればすぐにできるものではありません。

TOEICリーディングで、400点以上取るための対策の仕方

各パートで時間配分を設定する

リーディングで400点オーバーをとるためには、時間内に全てを解答できることが望ましいです。

もちろん全部解答できなくても400点を超えることができます。

私はリーディングで「425点」「430点」取ったとき、大問の最後の1題をまるまる残しました。

時間内に解答するためには、自分のペース配分を決めることが重要です。

つまり「各Partに何分使うのか」をあらかじめ決めておく

・Part5は1問何分で解くのか?

・Part6は1題あたり何分で解くのか?

・Part7の「小問」「中問」「大問」は、それぞれ1題に何分使うのか?

こういったことを決めて、実践問題集を解く際に、決めた時間以内に解答するトレーニングが絶対必要です。

これをやれば、時間内に全てを解答できる読解ペースがわかってきます

速読に慣れる

設けた制限時間以内に解答するためには、それなりに英文を速く読まなければなりません。

TOEICのリーディングは、解答時間に対する問題数がかなり多い。

全ての問題を解くためには、150w/p(1分間に150語読む速さ)の速さが必要だと言われています。

やってみればわかりますが、けっこうな速さ。

何回も同じ英文を読んでる時間なんかありません

1回で理解するくらい英文に慣れなければいけません。

速読トレーニングとして有効なのが、「スラッシュリーディング」というもの。

簡単に説明すると、「1語ずつではなく、数語まとめて読む」トレーニングです。

速読トレーニングの、教材は以下のリンクを参考にしてください。

「速読」おすすめ参考書

分からないことがあったら、その場でメモする

400点を目指す方にとって、TOEICの英文は難しくありません。

文章の意味は99%わかるでしょう。

ということは、もしわからない文法、単語があったらその場でメモするなどして覚えてください。

400点以上を目指す方にとって、「文法がわからない」「単語がわからない」という事態は避けたいところ

各Partの正答率の目安

Part 5 

正答率は「9割」を目標に。

400以上を目指している方は、英文法をマスターしていて、語彙力も十分な力があります。

なので、それにも関わらず知識不足で正解できない問題があったら、必ずその場で覚えてください。

Part5でスコアを下げるのは、あってはなりません

Part5の理想の解答時間は、1問20秒です。

なのでPart5全体(全部で30問)では、10分です。

モタモタしてられません(笑)。

Part 6

正答率は「9割」を目標に。

Part6のポイントは、いかに速く「文と文の関係を意識しながら読解できるか」

Part6の理想の解答時間は、1題2分

つまりPart6全体(全部で4題)では、8分です。

なかなかのスピードです。

Part 7

正答率は「8割」を目標に。

小問の正答率は、「9割」を目標に。

「小問」とは、1題2~3問で構成された問題を指します。

各題英文が短いので、正解の該当箇所を見つけるのがイージー

なので、「小問」の正答率の目標は高めにしてください。

「小問」の理想の解答時間は、、

・2問の問題なら、1:30。

・3問の問題なら、2:30。

問の正答率は、「8割」を目標に。

「中問」とは、1題4問で構成された問題を指します。

400点を超える実力があれば、4問全て正解したいところですが、多少ミスが想定されるので、「8割」を目標にしましょう。

「中問」の理想の解答時間は、各題「3分」です。

大問の正答率は、「7割」を目標に。

「大問」とは、1題5問で構成された問題を指します。

「大問」の各題で、最初の1問~3問は100%正解したいところ。

最初の問題は解きやすいから、落とすわけにはいきません。

Part7の「大問」以外で、先の「9割」「8割」といった目標をクリアしてれば、「大問」の各題で1、2問間違えても400点は達成できます。

リーディングの目標が400以上となると、20問も30問も時間足りないから適当にマーク塗りつぶすといったことをしていては達成できません。

ほとんどの問題を、制限時間内に自力で解けるぐらいの速読力が必要です。

まとめ

パートの具体的な時間配分を決める。

速読トレーニングをして、各パート決めた時間以内で解けるようにする。

Part7の「大問」は1、2問間違えても、それ以外の問題で9割の正答率であれば、400点は超える。

ー To the Finest Hour ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました