英文法の鉄則

文法

動詞が英文の「レイアウト(配置図)」を決める(2) ー  文型にはそれぞれ大まかな意味がある ー

「文法やっても英語をしゃべれない」という一般論をお持ちの方。「文型をバカにしないでください」。「全ての英文はたった5つだけの文型のどれかで成り立っている」んです。英語の「文型」の理解がどれほど大事なことか?それぞれの文型には、それぞれの本質的意味があります。
英文法の鉄則

英文法を学び始めるにあたり、重要なこと ー 英語は「主語」と「動詞」が文の幹になる ー

今回の内容は、英語の基本中の基本です。英語を0から学ぶ方は必見!英語では、文の大事な要素(言いたいこと・訊きたいこと)が文頭に来ます。「文」において「誰が何をする」というのは一番重要な情報で、日本語と違い、英語ではそういった言葉が文頭に来ます。
文法

「句と節」 英文法を学習するにあたり、絶対理解するべき用語

英文法学習者のみなさん、「句」と「節」の意味をちゃんと理解していますか?もしまだ理解していないなら、今すぐ学習するべきです!文法の参考書では、よく「句」とか「節」という用語があります。覚えることは少ししかありません。今回の私の記事だけで十分です。
文法

「修飾」について  言葉を飾って内容に具体性をもたせる現象

英文法を解説するときによく聞く「修飾」という言葉。みなさん理解してますか?端的に言うと、「ある言葉に対して補足的に内容を付け加えること」です。そうすることで、内容に具体性がでます。今回は英語の修飾の現象を、パターン別にみていきます。
文法

動詞が英文の「レイアウト(配置図)」を決める(1)

今回の記事では、いかに英語の「文型」が大切なのかという内容。動詞によって英文の型・意味がなんとなく決まってくるのですが、それはどういうことなのか?英語の「文型」を理解するための「予備知識」について解説していきます。続きの記事もご覧ください。
文法

品詞を覚える  英文法習得に不可欠

英語学習を始めるにあたって、まずは覚えていただきたい英語の「品詞」について解説していきます。とりあえず英語の品詞は10個とし、各品詞の大原則についての説明になります。各品詞の具体的な内容は別記事で紹介しており、リンクを貼っておりますので参考にどうぞ。
文法

英語と日本語の文法的な大きな違い  ― 英語は語順が全て ー

今回の内容は、「日本語と違って、英語は単語の語順にルールがあるということ」。これについてまずは日本語と英語を簡単に比較していきます。超当り前過ぎる内容ですが、意外にも「英語は語順にルールがある」ということを認識している方が少ないのでは?
タイトルとURLをコピーしました