文法

文法

助動詞(1)ー話者の主観・心理を反映 助動詞の原イメージを大切にするー

今回は、「助動詞」第1弾!まずは、助動詞の「役割」や「使い方」をみていきます。「動詞」を「助ける」のが「助動詞」ですが、「助動詞」あるなしで、意味は変わってきます。そして何といっても「助動詞」はそれぞれの「原イメージ」を把握することが大事!
文法

時表現(3)完了形 ー「ある時点の事」が「ある時点」まで「迫ってくる」ー

英語の「時表現」の3つ目、「完了形」について!苦手意識をもってる方も多いのでは?そんな方のために「完了形の基本イメージ」を解説します。今回の記事のポイントは、完了形の基本を理解して「過去形と現在完了形の違いをわかるかどうか」です。
文法

時表現(2)進行形 ー本質は「動作の途中」で、まだ終わっていないが近い未来に終わるー

英語の「時表現」に関する内容第2弾!「進行形」に関して。よく知られているのは「現在進行形」という言葉。しかし「現在」以外にも「進行形」がつくものはまだあります。例えば「未来完了進行形」。でも「進行形」がつくもの全てには、「進行形の本質」が含まれています。
文法

時表現(1)基本時制 ー現在形(過去・未来を含めた現在との一体感)と過去形(今と切り離された距離感)ー

英語には日本語にはない「時の表現」の仕方があります。英語の「時制」というやつです。大きく言って「英語の時制」は3つ!「基本時制」「進行形」「完了形」です。今回の記事では、その中でも分かりやすい「基本時制」について!「現在形」「過去形」についてです。
文法

疑問詞 ー疑問文として使われる場合は、文頭に配置するー

「疑問詞」に関して、疑問文をつくる使い方なら何も難しくありません!一般的に難しいと思われてるのは、「疑問詞」が「関係詞」として使われる場合です。とにかく英語は大事なこと(知りたいこと)が文頭に来ますので、疑問文の場合は「疑問詞」が文頭にきます!
文法

「疑問文」の原理と種類 ー「倒置」という現象を起こして、「気持ちの動き」を表すー

こんにちは、孤独なライターと申します。 今回のテーマは、「英語の疑問文」について! 疑問文というとみなさんよく連想されるのが、「Are  you.......?」とか「Do  you.......?」とか「Can  you..........
文法

最上表現 「どんな観点」で「どの範囲で」一番なのかを明確に

今回の記事は、英語の「最上表現」についての基本的解説です。つまり「最上級」の基本的使い方を学びます。中学レベルで最上表現の「基本」、高校でその「応用」。しかし「応用」といっても日常会話レベル!まずはこの記事で最上表現の「基礎」を知ってください。
文法

比較表現 「何と何」を「何の観点」で比べるのかを明確にする

英語の「比較級」について解説します。中学で習う「比較文」自体は難しくないんですが、その基本ルールを知らなければ、高校レベルの「比較文」を理解しにくくなります。基本ルールは少しだけ!今回の記事では、最初に「比較文」の原理を簡単に紹介します。
文法

英語の否定文  どこに否定語を置くかで否定する内容が決まる

今回は英語の否定文についてみていきます。ポイントは、否定語を置く位置で否定するものが変わってくること。それと肯定文形式で否定を表すことが、英語にはあるということです。
文法

「句と節」 英文法を学習するにあたり、絶対理解するべき用語

英文法学習者のみなさん、「句」と「節」の意味をちゃんと理解していますか?もしまだ理解していないなら、今すぐ学習するべきです!文法の参考書では、よく「句」とか「節」という用語があります。覚えることは少ししかありません。今回の私の記事だけで十分です。
タイトルとURLをコピーしました