『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』 ライティングのトレーニングにもなる

 こんにちは、孤独なライターです。

 今回は、『話すための瞬間英作文』シリーズの、『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』という参考書を紹介します。前回は同じシリーズで、本書よりレベルが易しい『(おかわり)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を紹介しました。

どちらも中学英語がベースになりますが、難易度は異なります。今回ピックアップする本書は、英作する英文が長くなって、複雑な英文を使ってトレーニングするから、負荷がアップ!

 今回の記事を特に見ていただきたいのは、中学英語はわかるけどアウトプットに励んだことのない、英語アウトプット初心者です。ちなみに、『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』と『おかわり スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』は、同等のものと考えて記事を書いていきます。

今回のポイント

中学英文法をマスターしてるのであれば、初期のスピーキングトレーニングに本書が活用できる。

 その場合、本書よりレベルが易しい『(おかわり)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』は省いてもOKです。

今回の記事でわかること

①『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』の内容。

文法・文型関係なく、次々異なる文法を使って瞬間英作するのが本書の特徴です。

②『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』をやるべき人。

初期のスピーキングトレーニング、ライティングにも使えます。

③『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』の効果的なやり方。

英文暗唱になってはいけません。英作の思考が停止してしまいます。

では、本題に入ります。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』の特徴

この参考書の形式

ポイント

・左ページ → 「日本語」 右ページ → 「英語」

・日本語を見る → その日本語を瞬時に英語にする

 以下の写真を見てください。

このように左側に日本語の短文があって、右側にその英文があります。トレーニングの流れは、日本語をみたらすぐに英語に変換するという、いたってシンプルなものです。

 本書は3つのセクションに分かれています。1つ目は、『文型シャッフルトレーニング』で、中学英文法を使いますが、次々と異なる文法・文型を使って瞬間英作していきます。ここが『(おかわり)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』と大きく異なるポイントです。例として画像をお見せします。

2つ目は、『文型コンビネーショントレーニング』中学1・2年レベル。1つ目と違い、1つの英文の中に複数の文法・文型を用いて瞬間英作するものです。1文の長さが少し長くなります。

3つ目は、『文型コンビネーショントレーニング』中学1・2・3年+αレベル。おそらくここでの「α」は、「過去完了」という文法をさします。もし「過去完了」が分からなければ勉強しといてください(基本原理はむずかしくありません)。そして2つ目よりさらに1文の英文の量が増えます。3つ目の最後のほうはこんな感じです。

 ちなみに、音声CDが2枚付いてきます。音声の流れは、「日本語」→「ポーズ(休止)」→「英語」。ポーズのところで瞬間英作という流れです。

基本的に中学英文法を使って日常会話レベルの短文を瞬間英作する

ポイント

中学レベルの英文を反射的に言えるように、英語脳の回路をつくるため。

 本書の英文は『(おかわり)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』と同じく、基本的に中学英文法でつくられてます。ただし本書はそれとは違って、高校英語で習う「過去完了」を使った文法も出てきます。とはいっても、文法レベルの差はさほどありません

 また瞬間英作する文の内容は、日々口にしてもいいようなものばかり、日常会話です。しかし、これが最初は簡単に瞬間英作できないもの!では、あなたはすぐに以下の簡単な日本語をすぐに英語で言えますか?本書を引用します。

①学生の時、私はすべての科目の中で数学が一番好きだった。

②君はあの先生に叱られたことがある?

③昨日僕たちが会った女の人は彼の叔母さんです。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』 P6から引用

模範解答はこれです。

①When I was a student, I liked mathematics(the)best of all the subjects.

②Have you ever been scolded by that teacher?

③The woman(whom/that)we saw yesterday is his aunt.

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』 P6から引用

いかがですか?なかなかできないものですよね?私は英検準1級もっていますが、それでも最初はこの3つの文をスムーズに瞬間英作できませんでした。本書で目指せるのは、こういった簡単な英語をすぐに言えるための、「英語脳」をつくることです

次々と文法・文型が異なる英文を瞬間英作する

ポイント

文法・文型といったことを気にせず瞬間英作できる。

 先ほども触れましたが、この点が本書と『(おかわり)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』と決定的に違います。レベルが上がりますが、縛りがありません。上の画像を見てわかる通り、下の『ワンポイントアドバイス』で使う文法・文型のヒントが与えられてますので、わからないときは参考にできます(私は全然参考にしませんでした)。

 本署のタイトルの『シャッフル』からわかる通り、次々に異なる文法・文型の瞬間英作になります。それがどういう感じなのか少しでもわかるように、画像をのせますので比べてみてください。まずは『(おかわり)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』から。

次に『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』。

本書の最初のほうですが、このページだけで中2の英文法の山場「現在完了」が3つも出てきます。

だいたいこんな感じです。『(おかわり)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』との違いがわかれば幸いです。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』をやるべき人

英語スピーキング初心者

ポイント

スピーキング初心者は、まずは「単語」ではなく「文」で言いたいことを伝えるためのスピーキングの基礎を作ることを目指す。

 スピーキング超初心者は、簡単な英語でもなかなかアウトプットできません、もしくは全くできません。上の本書から引用した3つの例文をやってみてそれが分かるでしょう。なので、オンライン英会話といったシーンで、自分が言いたいことを英語で言うのは、かなりハードルが高いトレーニングです。

 スピーキング初心者は、まずは参考書を使って、与えられた内容を簡単な英語の「文」に変換するトレーニングから始めるべきです。『話すための瞬間英作文』シリーズは、まさにそのためにあるシリーズ。『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文トレーニング』は、シリーズ中レベルが易しいものではありませんが、中学英文法をマスターした方なら誰でもできます。やり慣れるまでけっこうしんどいですが、反復回数を重ねるほどペースは速まりますので、最初だけ我慢してやりましょう。

英検などのライティング対策をしたい人

ポイント

本書でのアウトプットトレーニングは、英検準1級~3級のライティング対策につながる。

 『話すための瞬間英作文』シリーズ全体に言えることですが、スピーキングだけでなくライティングにも使えます。というのは、大抵スピーキングできる内容はライティングもできるから。逆に、ライティングできる内容はスピーキングもできるとは限りません。

 『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文トレーニング』は、なんと英検準1級までのライティング対策に使えるというのが私の考えです。私は英検準1級に受かった後に本書をやりましたが、最初の3回くらいまではスムーズにアウトプットできませんでした。中学英語を題材にしたものですが、英検準1級保持者にも最初は負担を感じさせるくらい。シリーズ中難易度が易しい『(おかわり)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を30回以上やり、それだけでも英文を口にできるようになった感がありました。ですが本書をやったことで、さらに英文を書くことに抵抗がなくなりました。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』の効果的な使い方

最初はセクション毎に集中して繰り返しやる

ポイント

最初から一気に全部やろうとしないこと。

 このシリーズ全部に共通することです。語学は継続が命です。いかにモチベーションを保ち続けることができるか。新しい参考書を始めたのはいいものの、なかなか進まず、はかどっている実感がないと面白みがなくてモチベーションが下がります。そうならないためには、最初から一気に全部やろうとしないこと!途中でいったんストップしてまた繰り返すやり方が効果的。そのほうが、覚えやすいです。成長した実感をたくさん感るほうが、モチベーションアップにつながります。一気に全部やってからだと、2回目3回目やるときに、ほとんど全部忘れてます。私は、最初の「文型シャッフルトレーニング」を9割くらい瞬間英作できるまで反復してから、次の「文型コンビネーショントレーニングの中1・2レベル」に進みました。

答えに自信のないものだけ解答を見る

ポイント

明らかに覚えた英文は、繰り返し瞬間英作する時、いちいち答えを確認しない。

この参考書は、大量の短文を何回も繰り返し英作するトレーニングです。大事なのは、いかに効率的にやるか。何回か繰り返すだけで、自然に口から出てくる英文もけっこうあります。そういった英文はトレーニングからはずしてもいいですし、やるとしても答えをいちいち確認するのはやめましょう。時間の無駄です。解答に自信のないものだけ、答えをチェック!

日本語を見ながら瞬間英作しない

ポイント

日本語の文章の内容を頭の中で思い浮かべながら、瞬間英作する。

 理想の瞬間英作トレーニングは、日本語を介さないことです。なるべく頭の中に英作する内容をイメージしながらトレーニング!日本語を見ながらやると、英文暗記になってしまうからです。「日本語では”彼”と書いてあるから”he”を使わなきゃ正解じゃない」とか、そんなことは極論どうでもいいんです。本書では、「あなた」「彼」「彼女」「彼ら」といった代名詞が嫌なくらいたくさんあります。正直ややこしい。瞬間英作するさいに、代名詞とか細かい単語を例文通りにしなかったといって気にしないこと!大切なのは、例文と全く同じ英文をアウトプットすることではなく、瞬時に中学英文法を使って英文をアウトプットしてみることですので。

まとめ

 『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』を紹介してきました。記事の内容が、『(おかわり)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』と被るところもありましたが、これはどちらも中学英語がベースで、トレーニングのやり方も同じだからです。ご了承ください。ただし、1文の英文の量は両者で異なるので、英文の複雑度が異なり、難易度も変わってきます。今回ピックアップした本書のほうが、圧倒的に気持ち的負荷が高いと感じました。進捗スピードがガクンと落ちるからです。

 では、今回のまとめに入ります。

まとめ1

『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』の最大のポイントは、次々と文法・文型が異なる中学英語を瞬間英作すること。

 一部「過去完了」という高校で習う文法が出てきますが、ほとんどは中学英文法で成り立った英文のトレーニングです。

まとめ2

『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』をやるべき人は、英語のアウトプットに慣れていない人。

 スピーキング・ライティング初級者が、「単語」ではなく「文」で言いたいことを伝えるためのトレーニングになります。

まとめ3

『(おかわり)スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』の効率的なやり方は、わからなければすぐ答えを見る、わかる問題は答えをいちいちみない。

 テンポよくいきましょう。なるべく、日本語を見ながら英作するのではなく、頭の中で内容をイメージしながらやるのもポイントです。

今回の記事は以上です

ー To the Finest Hour ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。