高校英文法おすすめ教材 中学英文法をクリアした方へ 

こんにちは、孤独なライターです。

今回のテーマは、高校レベルの英文法に特化した参考書を2つ紹介します。

どちらも有名な英文法の参考書です。

・1つ目は、実際に多くの高校で採用されているもの

・2つ目は、従来の学校で習う英文法とは異なったもの

いずれどちらの参考書も、中学レベルの英語を知っていないとスムーズに理解できないので、中学英語をクリアしてからにしてください。

高校英文法は中学英文法の延長線上です。

今回のポイント

「英検2級」「TOEIC L&R 500~600以上取るためには、高校英文法を習得する必要がある。

高校レベルの英文法を習得すれば、「英文法をマスターした」と言えます

今回の記事でわかること

①高校英文法書 『エバーグリーン』の解説。

読みやすく、わかりやすく、たくさんの学校の授業で使われる理由に納得しました。

②総合英文法書 『一億人の英文法』の解説。

英文法を暗記で習得した人にはおすすめ、目から鱗です。

それではいきます。

『総合英語エバーグリーン』 いいずな書店

高校レベルの英文法の辞典

ポイント

ズバリ「総合英語」的な英文法参考書です。

中学英語を前提として、高校英語をひと通り網羅した参考書です。

本書をおすすめしたい方は、中学英語は大体わかり、英文法のほぼすべてを完成させたい、という方

この本の全てが基礎ということではありませんが、中学英文法の知識が深まることも期待できます

本書は英文法に関しては、万能と言っていいでしょう。

高校でよく使わている参考書で、私も高校の時学校から配られました。

解説が単純すぎず難しすぎない

ポイント

可愛いイラストがあって親近感がもてる。

高校英語なので堅そうなイメージがありますが、解説の仕方が堅苦しい感じはありません。

私にとって印象的だったのは、日本人には理解が難しい「完了形」や「時制」についての本質を、イラストを使って分かり易く説明しているなーということでした。

1点気になったのは、イラストをたくさん使って学習していきたい「前置詞」の本質については、解説が足りないのではないかということです(多少イラストはあります)。

なので前置詞は奥が深いです。

他の参考書で学習しましょう。

『一億人の英文法』 東進ブックス 

イラストを使って英文法を覚えるのが本書の基本方針

ポイント

学校の英語の授業では知ることができない内容が、とにかく盛りだくさん

中学英語、高校英語という区切り関係ない、いわゆる総合英語参考書です。

英文法の語学書では絶大な人気を誇る参考書。

学校で習った英文法の知識を、さらに深めることが期待できます。

イラストのおかげで、個人的には特に「前置詞」「助動詞」「時制」の本質的説明が面白かったです。

英語初級者が本書をいきなり使うのはおすすめできない

ポイント

「副次的な英文法書」として使うのがよい

中学英文法をマスターして、文法の知識をもっと深めたい方におすすめです。

ひと通り文法知識を身つけた方にとっては、本書を楽しんで読むことができるでしょう

暗記で覚えてきた文法の本質を知ることができるのがこの参考書の醍醐味

そういう意味で、「副次的」な英文法書と表現しました。

なので、中学英文法をまだ習得してない方にはおすすめしません。

中学英文法をまだ勉強してない方には、別記事で紹介している『塾よりわかる中学英語』や『総合英語エバーグリーン』といった、学校で使うような参考書をやるべき。

本書は、一般的な学校英語教育とは違うアプローチで英文法を解説しております。

イメージで覚えようということで、学校英語のような機械的に文法を習得していくプロセスは踏みません。

初級者は基本的なアプローチでいくべきです(まずはある程度暗記で文法を覚えるべき)

まとめ

高校英文法おすすめの教材を紹介してきました。

「英検2級」「TOEIC L&R 600」を超えるためには、どうしても高校英語の知識が必要です。

高校英語は中学英語の延長上にあります。

なので、中学英語の理解無くして高校英語の理解なしです。

「英語をスピーキングできるようになりたい、文法はそんな知らなくてもいい」、という方はたくさんいらっしゃることでしょう。

しかし文法を知らなければ、英文をつくることができません。

英文をつくれないと英語を話すことができません。

英文法は、英語の基本。

「英検2級」「TOEIC L&R 600」を超えたら、だいたい英語の基本は身についたと言えます。

英会話できるようになりたいという方のためにも、高校英文法の教材を紹介しました。

では、今回の記事のまとめです。

まとめ1

英検2級、TOEIC600 以上を目指すなら、高校英文法は必須。

高校英文法を勉強するのは、中学英文法をクリアしてから。

高校の英文法をほぼマスターしたら、文法学習は終わりです。

まとめ2

『エバーグリーン』は、高校英文法の「辞典」として使える。

イラストも使ってて、とにかく癖がなくて読みやすい。

高校英文法を新しく学ぶために使うのがよいです。

まとめ3

『一億人の英文法』は、中学英語や高校英語といった区切りがない、総合英語の参考書。

学校では習わないような内容。

英文法を新しく覚えるより、覚えてきた英文法の知識を深めるために使用するのが良いです。

「副次的」英文法辞典と言えます。

今回の記事は以上です。

ー To the Finest Hour ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。