TOEIC リーディング スコア別に勉強方法をシンプルに解説します

TOEICリーディング対策を、目標スコア別にシンプルにまとめていきます。

この記事は要約バージョンで、詳しい解説は以下のリンクをご参考にしてください。

TOEIC リーディング対策 ー 200点をとる勉強法とは? ー

TOEIC リーディング対策 ー 300点をとる勉強法とは? ー

TOEIC リーディング対策 ー 400点をとる勉強法とは? ー

(本記事は、以上のリンクを要約したものなので、多少内容が重複。 )

目標スコア別に、英語力の現状をみていき、それを踏まえて対策の基本方針について述べていきます。

最後に、各パートの攻略法をシンプルに解説。

では、本題にいきます。

リーディング 200点目指す方

現在の英語力

基本的な英文法・単語力が根本から不足している。

基本的な英文法・単語から、知識が不足しているので、英文を読むのに困難を極めます。

TOEICの長文を、精読しても意味がつかめないことが多々

なので、TOEICの問題を時間無制限で解こうが、大して点数に差は出ません。

英語の長文を読むことに抵抗があるため、最初から長文読解訓練をしても効果がありません

TOEIC学習初期から、公式・実践問題集には手を出すべからず。

リーディング200点超えるための勉強方法

中学英語から、文法・単語を学習する。

単語学習よりも優先するべきなのは、「中学英文法」です。

それをマスターしてから単語に集中しましょう。

(中学英文法を学習する過程でも、いくらか単語は覚えます。)

とにかく中学英文法を習得しなければ先に進めないので、短期間で覚えましょう。

集中的にやれば、1カ月~2カ月でいける!

中学英文法をマスターしたら、次はTOEIC初級の単語帳を1冊、TOEIC中級レベルの単語帳を1冊やってください。

単語帳を、計2冊。

リーディングで200点超えるためには、語彙レベルを3000語~4000語まで行きたいところです。

「中学英文法を覚えた、単語も覚えた」

ここまで来たら、TOEICの「パート5」に特化した参考書を徹底的にやります

ここでは、英語を短文レベルで理解することに慣れること。

パート5の対策で、TOEICに出てくる英文法を徹底的に学習!

パート5の対策をすれば、必然的に「パート6、7」の長文が読めるようになります

パート別 攻略法

「パート5」でスコアを稼ぐ。

<パート5> 目標正答率 7割

Part5の理想は、1問30秒で解く

正答率が5割を切ると、目標の200点は厳しくなります。

200点を超えるか否かは、パート5にかかってます

<パート6> 目標正答率 7割

ここも少し目標が高めに感じますが、パート5で7割の正答率の実力があれば、パート6も7割りいけます。

文章が長くなく、パート7のような長文は読まされないので、そこまで負担に感じない!

Part6の理想の解答時間は、各題3分で、4題あるので合計12分間

<パート7> 目標正答率 5割

パート7といっても、「小問(設問が2~3個)」、「中問(設問が4個)」、「大問(設問が5語)」の3つがありますが、全体で5割正答すれば十分200点圏内です。

長文が長くなるほど答えを探すのに時間がかかるので、大問が一番難易度があがります。

なので、大問は捨てる覚悟で「小問」「中問」の正答率を上げるのが賢明です。

TOEICリーディング 300点目指す方

現在の英語力

基本的な英文法・単語を習得しつつあるが、まだその学習が必要。

現在TOEICリーディングのスコアを、200点~300点の方を想定します。

300点目指す方は、現在だいたいリーディングの平均点前後です。

英語を勉強してこなければ、リーディングの平均点までいきません。

勉強してきた証。

平均点を超えて、300点を超えるためには、あと少し!!

理解が足りない文法を補完して、単語をもう少し覚える必要があります

時間無制限で問題を解くとすると、良くて350点になる英語力だと、私はみます。

リーディング300点超えるための勉強方法

パート5で正答率が8~9割とれるくらいの、文法・語彙力をつけ、徐々に長文が読めるようにする。

300点を超えるためには、パート7である程度の正答率を稼げるようにならなければなりません。

そのためには文法・語彙力をさらにつけて、長文に強くなる必要が出てきます。

パート5の正答率が8~9割とれるぐらいの英語力がつけば、長文が理解できるようになり、パート7の正答率も上がってきます

パート6なんかは、正答率8割いけます

なので、まずはパート5を徹底強化してください。

パート別 攻略法

「パート5」「パート6」「パート7の小問・中問」でスコアを稼ぐ。

<パート5> 目標正答率 8割

パート5を制すれば、パート6、7の目標達成がみえてきます

とにかくパート5の対策(文法・単語の勉強)に集中してください。

<パート6> 目標正答率 8割

Part6の英文は難しくありません。

(ですが、英検にはないTOEIC特有の英文なので、慣れる必要あり。)

なんとか正答率は「8割」にもっていきたいところ。

Part7で正答率が間違いなく下がるからです。

<パート7> 目標正答率 6割

パート7でも、「小問」「中問」「大問」の3つがありますが、長文の量が少ないほうが、答えの該当箇所を見つけやすいので、「小問」「中問」で正答率を稼ぎたいところ。

無理して焦って「大問」を解こうとしないこと

ケアレスミスで「小問」「中問」を落としてはもったいない

正答率を稼げるところで、稼ぐこと。

無理に全ての「大問」まで解こうとしないことです。

各「大問」の4、5問目は捨てても問題ありません

TOEICリーディング 400点目指す方

現在の英語力

基本的な英語の文法・単語は習得している。速読に慣れていない。

TOEIC L&R で600点~800点をとってる方は、基本的な英文法・単語は習得済みです。

リーディングの試験を時間無制限でやれば、400点を超える実力はあります。

足りないスキルは、「速読力」。

実力を時間内に生かし切れていない、大量の英文を素早く処理できないからこそ、400点が壁になっています

リーディング400点超えるための勉強方法

時間配分を設定して、その時間以内にリーディングする速読力をつける

とにかく「速読力」をつけることです。

400点を超すともなれば、パート7も「大問」も捨てることができないので、ほとんど自力で解答しなければいけません。

そうなると、けっこうな速さで解答することになります。

どれくらい速ければ全部解答できるのかを知る必要がありますね?

それを知るためには、あらかじめ詳細に時間配分を決めましょう

私の例では、、

・パート5 → 10分

・パート6 → 8分

・パート7 → 57分

各パート制限時間を決めて、制限時間内に各パート解けるように、各パートで訓練していきます。

そうすれば、本番中解答している自分のペースが順調かどうかわかります。

パート別 攻略法

全パートに集中。時間配分以内に「パート5」~「パート7の中問」まで解けるかで、パート7の大問が決まる。

<パート5> 目標正答率 9割

文法も語彙力もあるので、9割いきたいところ。

1問20秒で解くペース!

そうすれば10分で終わります。

(パート5を10分でできるのは、文法マスターして語彙力もある人です。)

<パート6> 目標正答率 9割

前後の文の関係性を比べながら、素早く解答してください。

1題4問で2分で解いてください

全部で4題なので、パート6は全体で8分です。

<パート7> 目標正答率 8割

落とせる問題数に、そこまで余裕がありません。

できれば全て自力で時間内に解答したいところです。

ですが、Part7の「大問」以外で、先の「9割」「8割」といった目標をクリアしてれば、「大問」の各題で1、2問間違えても400点は達成できます

まとめ

TOEICリーディング 200点を目指す方。とにかく中学英文法をマスターする。その次に単語に集中。そして特化するのは、パート5。

TOEICリーディング 300点を目指す方。もう少し英文法・単語を強化する。なので特化するのは、パート5。いかにして、「パート5」「パート6」「パート7の小問・中問」でスコアをかせぐか。

TOEIC リーディング 400点を目指す方。時間配分を決めて、制限時間内で解くように意識しながら、速読力を鍛える。

ー To the Finest Hour ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。