英検準1級 リーディング対策 英文法をほぼマスターしていることが大前提

こんにちは。

英検準1級のリーディング対策を解説していきます。

準1級のリーディング問題では、「英文法をどれだけ知ってるか」を試していません。

「英文法をほぼ理解している」ことを前提として、「どれだけ語彙を知っていて」、「どれだけアカデミックな英文をスムーズに読めるか」を試す問題です。

2級よりレベルがグンと上がります。

ではいきます。

英検2級のリーディングと何が異なるのか?

英検準1級リーディングに求められる語彙数

必要語彙数  7000語~8000語

英検2級の必要語彙数が「5000語~6000語」なので、その「1.5倍」の単語を新しく覚えなければなりません。

英検2級の語彙数(5000語~6000語)+2000語~3000語

新しい単語帳を2冊マスターすることになります。

英検準1級ともなると、「大学入試の単語帳」では、「超難関大学合格」専門のものになります。

そういった単語帳はあまりありませんが、『速読英単語 上級編』は英検準1級の語彙レベルに近い、大学入試の単語帳です。

必ずやるべき単語帳は、『パス単 準1級』です。

英検準1級・1級を受験する人はほとんど『パス単』シリーズを持っています。

長文の内容が、「より」アカデミックになる

英検準1級の英文は、2級に比べて、「より」アカデミックな英文になります。

そして英文の量も増えます。

英文のレベルも上がって、かつ文量も増えるということ。

アカデミックな英文に慣れるしかありません

「より」長い長文をスピーディーに読解できる力が求められる

今言ったことに重なりますが、英検2級よりレベルが高い長文を、「より」スピーディーに読んでいかなければいけません。

読むスピードを上げるのは、すぐにできない!

日々日々英語を多読すること!

2級までは、どれだけ英文法を学んだか

英検準1級以上に求められることは、どれだけ英語に馴染んでいるか

つまり、「どれだけ単語・イディオムを覚えて」「どれだけたくさんの英語にふれてきたか」です!

英検準1級リーディング対策の基本

英検準1級をカバーできる単語帳を使って、語彙・イディオムを強化する

英検準1級からは、語彙力の勝負といっても過言ではありません。

文法力が問われるのは、英検2級まで。

準1級からは、語彙・イディオム(句動詞)に徹底してください。

論理的に長文を読む習慣を身につける

アカデミックな要素が強い英文ほど、「長文全体における1つの段落の意味」があります。

なので、1つの段落を読み終えたら、「全文に対してこの段落はこういう役割だな」とか、考えながら読んで下さい

返り読みしないで、頭から英文を理解することを心がける(速読トレーニング)

英検2級より1つの長文の文量が増えますので、1回で英文を理解する「速読の力」が必要になります。

日本語を介さないで英文を読む

「英語を語順通り理解していく」ということです。

つまり、「英語の速読」に慣れるということ。

英検は級が上がるごとに解答時間が長くなりますが、その分英文の量が増えますので、結局は解答時間が長くなった分だけ、英語を読む時間がふえるということですね。

長時間英語を読まなければならないから、その分「英語を読む耐性」が必要になってきます。

「英語を速読」することに慣れましょう。

英検準1級 おすすめ教材

『でる順 パス単 英検準1級』旺文社

英検に特化した単語帳シリーズなので、おすすめしないわけにはいけません。

英検準1級の単語帳となると、難関大学合格者でも、全く見たことないっていう単語がバンバン出てきます

80%全くわからない単語があるなら、一気に全部覚えようとしないで、「でる度A」を繰り返しやってマスターして、そしたら「でる度B」を繰り返しやってマスターする、というように分けてやってください

そのほうが負担が軽いので、継続します。

継続しなかったら意味がありません。

とにかく英検受験者は、『パス単』シリーズをやるべき。

『英検準1級 文で覚える単熟語』旺文社

この教材も『パス単』シリーズと同じく、「旺文社」から出ています。

単語帳として販売されていますが、長文読解のトレーニングとしても使えます。

コンセプトは「文脈で単語を覚える」。

しかも英検の過去問を抜粋したものもあるので、過去問にふれることもできる

ちなみに『英検2級 文で覚える単熟語』の一部(最後のほう)は、2級のリスニングトレーニングに使えます。

『速読英単語 上級編』Z会

『速読英単語 上級編』は、形式が『文で覚える』シリーズと似ています。

より英検の試験に近い『文で覚える』を優先してやるべき

もっとリーディングに慣れたいという方には、『速読英単語 上級編』がおすすめです。

しかし試験のような設問はありません。

問題を解きながら、リーディング力をつけたいのなら、別な教材をやってください

英検準1級リーディングの時間配分

リーディング問題+ライティング問題を含んだ「筆記試験」の解答時間は「90分間」です。

ライティング問題に30分使うとして

リーディング問題に60分使うとする。

それをもとに時間配分をします。

参考にしてください。

大問1 15分間

語彙問題です。

全部で25問

四択問題。

ということは、、

1問あたり36秒。

単語問題で、分からないものは分からないので、そういった問題は勘に頼るしかありません。

「どっちだっけ?」といった場合は、悩んで時間を使いがちになるので注意しないといけない。

準1級から語彙問題はドーンとレベルが上がります。

高校で習わないような単語が、どんどん選択肢に出てきますので、絶対に単語をガツガツ覚える必要があります

しかもイディオム問題は、準1級の単語帳にのってないようなものも出てきます。

「句動詞」の問題がまさにそう。

分からなければ、単語の基本イメージで考えるしかありません。

大問2 10分間

文脈問題です。

カッコ内に最も適切な「単語」や「フレーズ」を、4択の中から選ぶ問題

大問2は、2つの長文問題で構成されています。

なので、、

1つの長文を、5分で解く。

ちょっとこれは、理想的かもしれません。

割ときついかもしれません。

ですが他の大問のことも考慮に入れて、私は「大問2」を「10分間」とします。

英検準1級ともなりますと、どの大問も時間に余裕をもてません。

大問3 35分間

読解問題です。

最も長文の内容に当てはまる選択肢を選ぶ問題。

英検2級の読解問題よりも、アカデミックになり英文量も増える!

大問3は、3つの長文問題から構成されています。

全て「説明文」の問題

「1つ目」は、6分~7分で解く。

「2つ目」は、12分~13分で解く。

「3つ目」は、15分~16分で解く。

2つ目と3つ目は、ドーンと長文が長くなります。

英文のレベルも2級より上がり長くなるので、決して解答時間に余裕がありません。

「時間を計って」過去問を解いて、目安時間内に解ける時間感覚を覚えていきましょう

英検準1級 リーディング対策 まとめ

必要語彙数:「英検2級レベル」+「2000語~3000語」=「7000語~8000語」

英検2級より、長文の内容がアカデミックになり、かつ英文量が増える。

対策の基本①:単語とイディオムの徹底強化。

対策の基本②:論理的かつスピーディな読解力をつける。なるべく返り読みをしない。

過去問を使って、問題の時間配分を決めて、時間内に解く感覚を覚える。

ー To the Finest Hour ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。