英検準2級 ライティング対策 リーディング対策をしっかりやってから

こんにちは、孤独なライターです。

今回の内容は、「英検準2級ライティング対策」について。

タイトルにある通り、ライティング試験の対策を始めるにあたって確認したいことは、準2級のリーディングの学習をちゃんとやったかどうか。

インプット(リーディング)なくして、アウトプット(ライティング)なしです。

今回のポイント

準2級リーディングに対応できる英語力を身につけてから、ライティングの英文構成テンプレートを作る。

英文法といった英文の基本を疎かにしないこと。

文法の知識がなければ正しい英文を書けません。

この記事でわかること

①英検準2級ライティング対策の考え方。

英検3級と基本的に変わらず、リーディング力重視です。

②英検準2級ライティング、おすすめ教材。

中学英語をすぐにアウトプットするトレーニング教材を紹介します。

③英検準2級ライティングの試験内容と解答例。

自分オリジナルの英文構成テンプレートを作りましょう。

では、本題にいきます。

英検準2級 ライティング対策の基本 リーディング対策の延長上

英検3級のライティング対策の基本と変わらない。

ポイント

インプットしてないことは、アウトプットできない。

「リーディング対策の延長線上」とはどういうことか説明します。

ライティングというのは「アウトプット」ですね?

「アウトプット」というのは、自分の中にあるもの(知っていること=インプットしたこと)を外に出すこと

だからアウトプットするためには、まずはインプットを優先しなければなりません。

第2言語学習者の私たちにとって、インプットとはリーディングの学習になります。

そういう意味で、「ライティング対策は、リーディング対策の延長上」ということです。

ライティング対策として、新しく覚えることは少ない

ポイント

英検準2級であれば、ライティング対策にそこまで時間を費やす必要はない。

ライティング対策で、新しく覚えることは「書き方」です。

つまり文章を構成する「形式」。

これはリーディングでは学ばない事なので、対策する必要があります。

かといって時間はかかりません。

自分で書き方を決めればいいだけ

しかも英検準2級は、ライティングの内容に高いレベルを求めてきません。

書き方の例を以下で紹介しますので、参考にしてください。

英検準2級ライティング おすすめ教材 

実は、私がおすすめしている英検3級ライティング教材と全く一緒です。

私が思うに、準2級ライティングはちゃんと質問内容に沿って正しい中学英語で解答できれば、合格点は余裕です。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』ベレ出版

ポイント

「中学英文法を使って英作する」トレーニング教材。

「中学英文法を使った英語」を「口で英作する」トレーニング教材なんですが、ということは「手で(書いて)英作」すればライティングトレーニングになります。

英検準2級のライティングで、実際にこの教材の英文レベルのことを書けば、かなりの点数をねらえます。

そして英検2級までのライティング対策は、この教材は有効。

この教材の英文をスラスラ書けるなら、2級までなら合格圏内。

(ただし、単語とか文章の書き方といったことは勉強が必要です)

ライティング試験では、まずはある程度英作できなければ話になりませ

文法も単語もある程度知らなければ、英文を書けません

『速読英単語 中学版』Z会

ポイント

瞬間英作トレーニングに使える材料が、たくさんある。

このシリーズは単語帳ではあるんですが、英語の長文がたくさんあって、ちゃんとその日本語訳も載ってあります。

つまり、その日本語と英語があるので英作トレーニングできるということ。

「口を使って英作すればスピーキングトレーニング」になりますし、「手を使って英作すればライティングの練習」になります。

そして長文だけではありません。

単語帳の見出し語を使った短い例文とその意味ものってるので、これでも英作トレーニングできます

例文の数は豊富です。

書き方(英作形式)を決めて、それに習って書いてみる

英検準2級ライティングの内容とは?

ポイント

英作内容は、日常会話レベルについての自分の意見。

・英作することは、自分の意見(答え)とその理由を2つ。

3級のライティングと大した内容の差はありません。

例えば

・寝る前にテレビを観ることはいいことだと思いますか?

・毎日運動をするべきだと思いますか?

・子供にゲームをさせるのは良いと思いますか?

こういった質問に答えていく感じです。

準2級の解答語数は、「50語~60語」

3級の解答語数は、「25語~35語」。

解答語数自体は約2倍になりますが、3級よりも2、3文書き増やすイメージなので、3級ライティングと大して変わりません

英文の形式を決めておく(自分のテンプレートをつくる)

ポイント

あらかじめ、各センテンスの出だしのフレーズを決めておくこと。

これは英検のどの級でも通用します。

では、先ほどの質問内容の具体例で答えていきます。

「Do you think it is good for children to play a video game? 」

「子供にゲームをさせるのは良いと思いますか?」

第1文:質問に対する自分の意見。

I don’t think it’s good for children to do so.」(10語)

第2文:その理由①。

First, if they play video games, they won’t do their homework very much because video games are very enjoyable.」(19語)

第3文:その理由②。

For the Second reason, if they play video games too much, their eyes will become bad.」(16語)

第4文(あってもなくてもよい):第1文の内容の繰り返し。

They are the reasons why I don’t think video games are good for children.」(14語)

理由を2つ書いて、まだ語数が足りてなければ、「第1文の内容の繰り返し」を付け加えてください。

以上の質問を59語でライティングしました。

出だしのフレーズを決めておくことで、英作しやすくなります。

フレーズのパターンはたくさんあるので、自分で決めましょう。

そして自分オリジナルのテンプレートを作って、それにならってライティングの練習をしましょう

英検準2級ライティング対策 まとめ

英検準2級のライティング対策の解説をしてきました。

3級のライティング対策と変わらないというのが私の考えです。

英作する内容は、日常における自分のことについてなので、書きたい内容はすぐに思いつくはずです。

では、今回のまとめに入ります。

まとめ1

英検準2級のライティング対策の基本は、3級とほぼ同じ。つまり、受験級のリーディング問題をクリアできる力をつけてから。

中学英語レベルの英文でライティングしてOKです。

準2級のリーディング問題に対応できる英語力がつけば、中学英語は確実にクリアしたことになります。

まとめ2

英作する英文の構成は、①質問に対する自分の意見、②その意見の理由を2つ。

準2級ライティング試験の内容は、日常についての事で自分の意見を述べます。

社会性のあることは質問になりません。

まとめ3

英文の構成を自分であらかじめ決めておく。自分のライティングのテンプレートを作っておく。

そのテンプレートにならって、お題を決めて実際に英作してみましょう。

今回の記事は以上です。

ー To the Finest Hour ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。