英検準2級 リスニング対策 ベースは中学英語 

英検準2級 リスニング対策の基本姿勢 「中学レベルの英語を簡単にリスニングできるようにする」

中学英語がほぼ完璧であることが前提。

英検準2級のリスニングは、中学レベルの英文法がほぼ100%理解できているか!

中学英語の山場と言われる英文法が普通に出てきます。

(不定詞、完了形、関係詞、分詞など)

3級のリスニング問題では出ないような中学英文法が、準2級では問われるということです。

会話問題でも、「完了形」や「関係詞」を使った英文が普通に出てきます

ということで、、準2級のリスニングに求められるのは、

「中学英語」を「簡単に(スムーズに)」聞き取れること

「簡単に(スムーズに)」とは何でかというと、、

3級と比べてリスニングする文量が増えるから

まとまった英文をリスニングするためには、スムーズさが求められます。

「なんとなく中学英語をリスニングできる程度」だと、準2級のリスニングは厳しいです。

英検準2級リスニング問題では、高校で習う英文法も出ますが、難しい文法でもなく少し出てくる程度なので、心配することはありません

3級と準2級のリスニングの文法的な違いについては、以下で解説していきます。

とにかく準2級のリスニング対策で肝心なことは、、「中学英語を完璧にすること」!

(中学3年生で英検準2級に合格するのは珍しいことではありません。)

英検3級リスニングと準2級リスニングの違いは?

問題形式の違いは?

基本的な問題形式は3級と変わりませんが、注意したいのは以下の2点。

①1回しか音声が流れない。

これは英検3級リスニングとの決定的な違い。

準2級からは、リスニングの音声は「1回のみ」です。

3級は「2回」流れます。

リスニング音声が「1回のみ」と「2回」ではえらい違い!

なので、聞き逃したら二度とその部分を聞けません(笑)

もちろん全てを聞き取らなければ、正解できないわけではありません。

ですが、準2級のリスニングの英文量は消して長いとは言えないので、聞き逃したら正解できない確率が高くなります。

②1つの問題でリスニングする文量が増える。

級が上がれば英文量が増えるのは当たり前なことです。

なんとなくで申し訳ないのですが、準2級リスニングの英文数は3級リスニングの「1.5倍くらい」に増えます

ただし3級のリスニング自体英文数が少ないので、そこまででもありません。

文法的な違いは?

①中学英語の山場と言われる文法が普通に出てくる。

中学英語の山場「不定詞」「完了形」「関係詞」「分詞」を使った文章が普通に問題に出てきます。

これらの英文法は、3級リスニング問題にはあまり使われません。

準2級のリスニングではバンバン出てきますので、中学英語は網羅するべき

②高校で習う英文法が、サラッと出てくる。「丁寧表現」「否定疑問文」など。

・「丁寧表現」とは?

・「Would you show me your passport?」

・「Could you tell me the way to the station?」

こういった、何かを誰かに依頼する時に使われる表現です。

助動詞の過去形を使います。

助動詞が過去形だからと言って、過去の事についての文だと判断しないでください。

「丁寧表現」は高校英語ですが、準2級に出ます。

でも基本的なレベルですので、心配することはありません。

・「否定疑問文」とは?

・「Don’t you know the truth?」→「君は真実を知らないの?」

・「Can’t you swim?」→「君泳げないの?」

こういった疑問文が「否定疑問文」です。

文法的には何も難しくありませんが、その「答え方」が日本人にとって紛らわしい

上の質問に対する答え方は、

・「いいえ(知ってます)」→「Yes, I do」

はい(知りません)」→「No, I don’t」

・「いいえ(泳げます)」→「Yes, I do」

はい(泳げません)」→「No, I don’t」

つまり英語では、「否定疑問文」であろうと「普通の疑問文」であろうと、答え方は同じだということ

紛らわしいですよね。

英検準2級から、リスニングでも否定疑問文が出てきますので、この知識は知っといてください。

英検準2級リスニング対策 おすすめ教材

『英検準2級 文で覚える単熟語』旺文社

/div>

なんといってもこれに掲載された長文は、英検の過去問を抜粋したものを載せています(全部ではありません)

あいにく準2級のリスニング対策に使えそうなのは、長文全てではありません。

リスニング対策向けのパートがあるので、そこを使います

正直準2級のリスニングをガッツリ対策したいという方にとっては、この教材だけでは足りないかもしれません。

『英検準2級 過去6回 全問題集』旺文社

過去問は最高の参考書

全6回分の過去問なので、英検準2級のリスニングレベルを存分に知ることができます。

英検準2級リスニング対策 まとめ

①中学英語をほぼ100%完璧にする。

②英検準2級から音声は1回のみ!

英検準2級のリスニング量は、3級の大体「1.5倍」。

④「不定詞」「完了形」「関係詞」「分詞」といった、中学英語の山場と言われる文法がバンバン出てくる。

⑤「丁寧表現」や「否定疑問文」が出てくる。

ー To the Finest Hour ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。