時表現(1)基本時制 ー現在形(過去・未来を含めた現在との一体感)と過去形(今と切り離された距離感)ー

今回の記事では、英語の「時表現」の1つ、「基本時制」についてやります。

「時表現」は、大きく分けて「基本時制」「進行形」「完了形」の3つ!

この記事では「基本時制」ということで、基本的な「時の表現」の仕方についての内容になります。

「いつの内容のこと」を言うのか、ということについて。

「現在のこと」なのか?「過去のこと」なのか?「未来のこと」なのか?といったこと。

基本時制で出てくるのは、「過去形」と「現在形」という用語です。

基本時制に「未来形」を入れるのがわりと一般的なんですが、入れない英語教育者もいて、じつは私も入れない派です。

私は「未来形の本質」が、過去形と現在形とは違うと考えておりますので、私は未来形は基本時制にいれてません。

「時の表現」に関して、日本語と英語は全く違うので、戸惑う方も多くいる分野です。

では、今回の記事の流れについてです。

①そもそも「時制とはなんぞや?」

②「基本時制」に分類される「過去形」と「現在形」について

解説と同時に例文も挙げていきますので、参考にしてください。

時制を理解するのは、正直なところそこまでイージーではないので、焦らず1コ1コの本質の理解を、スローペースで着実に進んでいきましょう。

まずは3つの中で一番イージーな「基本時制」のイメージをつかみましょう。

ではいきます。

時制について

日本語にはない英語特有のひとつに、「時制」表現があります。

「過去のことか」「現在のことか」「未来のことか」といったこと。

日本語と英語では、「時表現」の感覚が全く違います。

「現在形」を使えばいいのか「現在進行形」なのか、また「過去形」を使えばいいのか「現在完了形」なのか。

英語の「時制」を大きく分けると、以下になります。

①「基本時制」 → 案外わからない人が多い
②「進行形」→本質が知られていない
③「完了形」 →根本からわからない人が多い

それぞれの基本を理解するのは難しくないんですが、その3つが絡み合う英文だと、やや複雑になります。

(例えば「過去完了進行形」とか)

中学レベルだと「時表現」の山は「現在完了形」くらい。

英検2級レベルの英語力を目指している方は、高校英語は必須ですので、「時制」は全般的に理解できなければなりません

それでは、今回の記事では、「基本時制」の「現在形」と「過去形」をみていきます。

基本時制は難しくありません。

基本時制(1)過去形

「過去形」が一番わかりやすいと思うので、最初に説明します。

「過去形」の本質イメージは、「今と切り離された距離感」

「今」と「距離感」をもたせることで、「すでに起こったこと」=「過去のこと」を表現できるんです。

その過去形の本質から「丁寧/婉曲表現」もできる

ちなみに「過去に1回だけ起こったこと」も「過去の習慣」も、「過去形」を使います

とにかく「過去形」 →  『距離感』です

では、、

何を過去形に変えるかというと、「動詞」や「助動詞」

これはほとんどの人がおわかりだと思います。

助動詞の過去形は覚える数が少ないので問題ありませんが、動詞で不規則変化するものは、たくさんあるので少し厄介です。

しかも不規則変化する動詞に限って、日常よく使う基本動詞なのです。

具体的にどの動詞が不規則変化するのかは、ここでは触れないのであいまいな方は何かで確認してください。

では「過去形」を使った例文をみていきます。

 ・「I  played  baseball  yesterday.」
「昨日テニスやったよ。」
・「I  was  naughty  boy  when  I  was a  child.」
「子供のころ、わんぱく少年だったよ。」
・「I  went  to  Kyoto  last  year.」
「去年京都行ったよ。」
・「I  could  handle  it  once.」
「かつてはそれを扱えたんだけどね。」

さらに過去形の本質イメージの「距離感」を使って、「婉曲/丁寧表現」もできます

この場合、よく「助動詞の過去形」が使われます

・「I  would  like  you  to  do  it.」
「あなたにそれをやって頂きたいのですが…….?」
・「Could it  be  possible  for  you  to  give  it  to  me ?」
「それを私に頂けることは可能でございますでしょうか……?」
 
 

基本時制(2)現在形

「現在形」の本質イメージは、、

「過去・未来を含めた現在との一体感」

「現在」がつくからって、何も「いま」だけのことばかりではありません。

それが「現在形」です。でもいまいち、それだけじゃわかりませんよね。

ということで論より証拠、例文をみていきます。

現在の習慣を表す

・「I  go  to  school  by  bus.」
「バスで通学してるよ。」

過去もバスで学校行ったし、この先もバスで学校にいくであろうという、現在も含め長い期間続いている習慣について述べるときには、「現在形」が使われます。

・「I  study  English  after  dinner.」
「普段夕食食べたら、英語を勉強します。」

これも「習慣」を表します。

現在の状態を表す

これが現在形の最も簡単な使い方です。

・「I  am  a  teacher.」
「わたくし教師をしております。」

「過去も未来も含めた現在のこと」について述べています。

・「I  speak  two  languages.」
「わたし、2カ国語話します。」

これも過去も未来も含めた現在のことですよね。

「昨日は英語話せたけど、明日は話せない」といったことはあり得ませんよね。

一般的な事実・真理を表す

・「The  sun  goes  up  from  the  east.」
「太陽は東から昇る。」
 ・「Carbon  dioxide  is  composed  of  oxygen  and  carbon.」
「二酸化炭素は、酸素と炭素から成る。」

この2つの内容は、大昔から現在そして未来も変わらない「永遠不変の真理」ですよね。

こういったことは時制は現在形です。

思考・宣言する時

・「I  think that  your  dream  will  come  true.」
「君の夢、実現すると思うよ。」
 ・「I  promise to  finish  the  work  tomorrow.」
「明日その仕事終わらせることを誓うよ。」

こういったことも現在形です。

まとめ

「過去形」「現在形」といった「基本時制」をみてきましたが、いかがでしたか?

中学校では、過去形より現在形を先に習うので、現在形のほうが単純な使い方になりそうですが、案外「現在形は過去形よりややこしい英文法」です。

では、今回のポイントを整理します。

①「時制」とは、時の表現に関する全てのこと
②時制は大きく分けて3種類。「基本時制」「進行形」「完了形」。その3つの基本イメージを使い分けられるかがポイント
③基本時制は2種類。「過去形」と「現在形」
④過去形の基本イメージは、「現在と切り離された距離感」。そこから、過去の事実をいったり、遠回しに言う「婉曲表現」ができる
⑤現在形の基本イメージは、「過去・未来・を含めた現在のこと」。そこから「現在の習慣」のこと、「現在の職業といった身分のこと」「一般的な事実のこと」を表現できる

動詞が過去形でも「現在」のことを言ったり、動詞が現在形でも「過去」のことを言ったり「現在」のことを含んでいたりと、基本時制も一筋縄ではいきませんね。

英語中級者でも、基本時制をマスター人はごく少数者でしょう。

今後、「時制」を意識して英語を精読してみてください。

「基本時制」については以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

― To  the  Finest  Hour ―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

孤独なライター
こんにちは!孤独なライターと申します。 海外に行けば英語が話せるようになると思っていましたが、ワーキングホリデーを経て、「英語は日本でものにできる」というのが、私の英語学習のモットーです。 英検準1級 TOEIC L&R 880 VERSANT 46 保持しております。